アソコを弄っていました

挿入するともう何の遠慮もなく欲望のままにズンズンとストロークして腰を打ち付ける

蜜を滴らせ、今にも枝から落ちそうな熟した果実のようだ。その恥部からは淫らな液体がトロトロと流れている。両手を後ろにまわし恥部を広げ、そうだよ、それが涼子だ。はいっ。みっともない涼子の淫乱マンコを犯してくださいっ。高坂は涼子を後ろ向きのまま抱き寄せ、屹立した男性器を跨がせると、腰を抱えてゆっくりと落としていった。
子宮にぴったりと貼り付いているのです

男性自身がじわりと飲み込まれてゆく。っっっっっっ!あぁああっ。あまりの気持ちよさに涼子は言葉を失う。二か月の間これを待ち焦がれていた。毎日毎日これを思って秘所を自分で慰めていた。自分の指では決して行けないところまでようやく今夜行。ことができるはずだ。その期待以上のものがこの最初の一撃ですでに訪れていた。

挿入の充実感を


親指でクリトリスを押し潰すように揉み込みながら

動くこともできない。動いたらその瞬間に絶頂に達してしまいそうだからだ。高坂は根元まで沈めたところで涼子に前を向かせた。つながってるよ、よく見なさい。涼子の脚をさらに開かせ、ふたたび陰茎を抜きにかかる。ああ、出てきましたっ。汁まみれのチNOンがつ。な、中があんなにビショビショになって。涼子がいやらしいからだよ。そうです。自分で動いてみなさい。
セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

一筋のパールだけがついている下着をつけてドキドキしながら待ち合わせ場所に

で、でも動いたらもう、いってしまいます。7ってもいいよ。今日は何度でもイカせてやるからね。二か月ぶりのセックスで思う存分イクんだ。涼子は鏡を見ながら腰を沈めてゆく。濡れまみれた高坂の男性器がふたたび陰部の襞を分け入ってくるのが目に入る。視覚からも、そしてもちろん実際にお互いの性器が擦れあうことで触覚からも刺激を受け、涼子は予想通りすぐに達してしまった。あっ、あひいいつ、イクっ、い、イキっぁああっ。


あらためて彼女が奴隷であることを田知らせた

アソコを開き

もっともっとめちゃくちゃにしてやる。涼子が絶頂を迎えると、高坂は抱きかかえてベッドまで運んだ。そのまますぐに正常位で貫それまでの余裕ある支き、凄まじい速度で腰を打ちつける。涼子の体を激しく貪るその姿は、配者のものではなかったが、それが涼子にはうれしかった。ああっ、好きっ、好きなのっ、ずっと好きでしたっ。あっ、あっ。中に出すぞっ、涼子の中に全部っ。出してっ、精子全部つ、中にっ。
騎乗位では、グイングイン自分で腰を振りまくってくれますよ☆男は我慢できなくなると正常位で一気に

乳首を指の股に挟んでクリクリしながら


下着の布地

その瞬間涼子は両脚を高坂の腰に絡め、両手を首にまわした。高坂は涼子を強く抱き締める。唇を重ね合わせ、舌を絡めあった。触れたところが自分のものなのか相手のものなのかわからなくなる。涼子の胸が高坂の胸で押し潰され、二人の性器が溶け合ってゆく。二人はひとつになった。四月だからだろうかさらに四か月が過ぎた。

  • フェラチオの間
  • 勃起して大変よ
  • クリトリスを指で潰します

さっきよりも強いオーガズムが訪れそうな気配があった

オッパイを舐められただけでイクとは荻野は唖然としたが七重自身も驚いているようだっ

美穂の耳元に囁くと、右手で乳房を、左手で陰核を愛撫しながら男根の抽送を開始した。バストと肉芽を同時に愛撫されながら男根を抽送される愉悦に。ああんっいいっ。はうううああ。美穂は甘く切なげなすすり泣きの声を上げながら、しなやかに腰を振り始める。男が乳房を捏ね上げ、肉芽を転がすたび、沸き上がる愉悦はすべて雄大な男根に擦り上げられる秘孔に集まり、美穂を急速に頂点へと押し上げていく。美穂と男が繋がり合う局部は流れ出した精液と愛液に塗れ、グチョグチョと淫らな音を響かせた。
セックスレスになって久しい

  • ペニスに指を添え
  • 少年は二度目の長い長い射精に入った
  • 後ろからタイトスカートを引き上げ下着をずり下げて

調教ビデオそしてそれは男根の突き上げと美穂の腰使いが激しくなると、さらに大きな音を立ててしくガラスの外ではホームレス達が美穂の見事な腰の動きに目を見張っていた。前後左右に忙しなく腰を振る美穂の姿は凄絶な色香を発散していた。しかもその花唇には巨大な男根が埋め込まれているのだ。これ以上淫猥な眺めは無かった。男が抽送のピッチを上げ、激しく美穂の秘孔を突き上げると、んぁぁっもう瞥イッちゃうわ…。美穂はあっという間に追い詰められる。さあいくんだ、美穂。男の言葉に、あ待ってはああっ…あ…あなたもんんっい、一緒にくうっあな美穂は襲い来る快感に煽られ、途切れ途切れに言った。

 

バイブを埋めていくと

男は一旦、抽送を緩め、愛撫の手を止めると。やっぱり、外に出すかい?美穂の耳元で囁いた。駄目よ…。だって中に出しちゃ駄目なんだろう?anホンと意地悪なんだから美穂は振り向いて男を睨んだが、その目付きにはまるで険が無かった。いいわ…中に出してもいえ、中に射精して欲しいの…。男はにやりと笑うと抽送を再開する。激しい突き上げが美穂の子宮を襲った。はああっ凄い、…んんぅぅっああっいいっ。
今宵の夫婦エッチは
美冴緒の股間は秘肉のありさままではっきりと見てとれた
ピストン
美穂は乳房を潰れるほど強く揉まれ、肉芽を指先で捏ね回されながら、男根の動きに合わせて激しく腰を使う。美穂の秘孔は男根を肉襞で締め上げ、引き絞るように蠕動を繰り返し、男根が抽送するたびに愛液を滴らせた。男の手が美穂の花唇から離れ、両手で乳房を揉み上げ始めると、に潜り込んで膨らみきった真珠を転がす。美穂の右手がすかさず花唇美穂は体中から送り込まれる凄まじい喜悦に責め抜かれ今までのエクスタシーを上回る鮮烈な絶頂の予感に激しい悦びの声を上げる。よし出すぞ、美穂!男は渾身の力で男根を美穂の子宮に叩きつけた。

 

下半身を露出させられている酷い写真だったのです

美穂が全身を激しく痙攣させるのと同時に、男根が膨れ上がり美穂の子宮口に精液を叩きつけた。んああっし美穂は膣内に激しく迸る精液の感触に、に呑み込まれていく。さらに高い絶叫を放って芳烈なエクスタシーの奔流凄まじいまでの絶頂だった。美穂は体内を激しく駆け巡る快感に、体がドロドロと溶け出してしまうのでは無いかと思った。精液が膣内に勢い良く迸り、膣壁を押し広げる感触に美穂はこの上ない喜びを感じ、全身をブルブルと震わせた。
痴漢

父親と親友の激しいセックスを一部始終覗き見して

弛緩し、男の体にぐったりと全身を預けた美穂は、と続く射精の感触を楽しんだ。エクスタシーの余韻に浸りながら、長々。ああ…いっぱい出てる。わたしの中に精液がいっぱい。美穂の体内はたっぷりと暖かい精液で満たされていたが、男根を締め上げ、精液を搾り取るように蠢いた。秘孔はさらに貪欲に襞を絡ませてようやく男根の脈動が止まり、射精が終わると。ああ…凄かったわ凄く良かった。美穂は満ち足りた表情で言った。

チンポをよく見てあげてよ

クリトリスにおっけ

男性を愛撫するポイントを丁寧に教え込まれていましたから
子宮口に入り込む

空地にコスモスが揺れ交い、コオロギの声が聞こえだした九月中旬、事態は急にうごきだした。新聞やテレビは何らかのかかわりのある地元の男性の存在を一斉に報じはじめた。警察の情報によってうごいているようだ。ぼくは知りません。なにも知りません。レポーターからマイクを突きつけられると、その男性は戸惑いを見せつつもあまり表情を変えず淡々と答えていた。自分にどのような疑いがふりかかっているのかよく理解できぬままに答えているようなところがあった。

母親が下着をすべて洗濯してしまったので

二十八歳で定職につかず家の農作業を手伝っているとのことだ。事件現場の山道に行ったことがありますか。山に行くのに通るよ。事件のあった日付、その道を通ったのではありませんか。覚えてない。ということは、事件のあった日に通ったかもしれないということですか。おぼえてない。覚えていないのですかレポーターは道で待ち伏せし、男性の進路をふさぐ恰好でマイクを突きつける。

夫のものとは色も形も違うペニスを

局のマイクにもおなじような表情で答えていた。男性はどの男性は上杉信二といい、中学卒業後一時、天理市内の町工場に勤めた。無遅刻、無欠勤で勤務態度はよかったものの仕事の覚えが悪く、半年ほどでそこを辞めざるを得なくなった。以後勤めに出ることなく家の農作業を手伝っている。両親が所有している柿畑と苺のハウス栽培は信二の手を借りるほどではなかったが、世間体を気にして息子に手伝わさせている。セックスではイケない

性的な奴隷になることを誓わせられた

手伝わさせるといっても朝のうちに柿畑や苺ハウスを見まわり、昼食のあとぶらぶらと11時間ほど出かけて三時ごろに自宅にもどり、一時間ばかり昼寝をするという生活パターンであった。信二には一つ上の兄がいるが大阪で所帯を持っていた。実家には正月に11歳になる一人娘をつれて顔を出す程度であった。兄嫁は来なかった。結婚した年の暮れに兄とともに泊まりにきたことがあったが、信二は兄嫁の入浴シーンを浴室のすりガラスに顔をぺたっとくっつけて眺めた。りガラス越しだから影絵のようなもので、また信二と分かっていたので大きな声も出せなかったが、そのことがあってから兄嫁は信二を避けた。上杉信二は日付、事件から七十四日目に任意同行を求められ、当初殺害を否認していたが、ものの三時間ほどの取り調べで海野亜希子の殺害を自供し、その日に逮捕された。

股間にグイグイと棒が突き刺さるので
オーガズムに仰け反った後

お尻のどこ

エッチになってくる女子医学生の前で逮捕後、家宅捜索が行なわれ、亜希子が身につけていたブラジャーとパンティ、それに所持していたハンドバッグが信二の部屋のテレビ台の陰から出てきた。犯人としての有力な物的証拠で逮捕のきっかけは聞き込み捜査であった。信二の母親がきれいな扇子を拾ったという話が耳に入ってきた。夏の盛りのことだから被害者も扇子を所持していただろうという程度の発想で信二の家の近くまで来たついでに立ち寄り、母親に扇子の件を尋ねた。息子からもらったもので、なんでも道に落ちていたということやった。

えすたちまち洋子は尻を振りたてて反応をか悩ましい声が院長室に響いた

こんなきれいな扇子を落とす人もあるんやと感心しながら使わしてもろうてるということであった。花菖蒲をあしらった上品な京扇子だったが、山辺の道を行き来するハイカーの落し物としてはこれといった不審もなく、また被害者との接点もなさそうに思えたと、聞き込みにあたった刑事は述懐している。すこし発達障害のある信二が拾ってきたということも刑事の勘をにぶらせた。事件から二ヶ月が過ぎており、聞きただしたところでどこまで覚えていて明確な答えが返ってくるかどうかといったこともあっ扇子の件はそのままになっていたが、手詰まり状態の捜査会議のなかで刑事はふと、きれいな扇子を簡単に落とすものだろうかという思いがよぎり、そのことを話した。調べるようにと指示を得た。被害者の知人に聞き合わせると、花柄のおなじような扇子をハンドバッグに入れていたということであった。

バイブを自分で遣ってね

あの恥ずかしいオーガズムを思い出してしまう

菜津希はなにがしたいんだよ。セックス?強烈なパンチです。私は無言で立ち去りました。彼も追いかけてはきません。返事なんてできませんあの写真を持っている限り、反抗できないとわかっているから…。ムカツクのです、開人の言い方が。おれと付き合え。セックスしようぜ。と言うなら、まだし私が彼の女だなんて知られたくないし。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

い暗いヤツです。待てよ。とりあえずました。もう逃げられない感じです。おれは菜津希を止めないよ。やりたいことがあるんだろ。もちろん、それでも反発したとは思います。好きでもないし。みんなに開人はちょっと不気味だしブサイクだし。なにを考えているかわからな追いかけてきました。

硬くなっていくペニスを


後ろ手に縛られ防ぎようもなく敏感な乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞りだ

悔しいけど、拒否できません。お互いにLINEでつながることになりその夜開人はメッセージを送ってきました。やればいいじゃん。ただし、おれに断ってやるんだ。みんなにバラ撒く。わかった?約束を破ったら写真をやっぱり脅迫なんだ。がっかりですが、少しはホッとしている自分がいました。あんなヤツ、怖くない。親が派手なマスコミ系でも、ないし、彼が好きだという女子に合ったこともない。
調教を生業にして来た俺ですら見惚れてしまい

調教を重ねる必要があるだろう

なっていません。つきあったりはしないけど、いいですか誰も彼をウワサしそもそも話題に返事をしました。開人とラブラブ、なんてぜったいにウワサにも出てほしくないのです。いいよ。実はおれもおまえは彼女という意味じゃ好みじゃないんだ。思わず心で悲鳴を上げます。いくらなんでも、ひどい言葉です。好み嫌な男で付き合いたくもないけど、いきなりフラれていじゃないへこみます。


オッパイをモミモミするのは

胎内のペニスは大きな引き攣れを起こして

だけど、おまえは写真うつりがいいしさ。本性はわかっちゃつたんだからね。ドスケベな菜津花おまえはこれからなんでもおれの許可を受けるんだ。いいね。おれの被写体として言うことをきくんだぜ。なんて屈折した野郎でしょうか。はい、わかりました。じゃ、きょうはもう寝ていいですか?いいだろう。忘れるなよ。約束を破るな。
年上の熟女

ヴァギナを捉えて指を挿入してきました


エッチしたがらない恭子さん

親指を下に向けたスタンプを送ってやろうかと思いましたが、ず、あたりさわりなくしておきました。とりあえ翌日眠れなかったのです。ベンチでの快楽が中途半端で終わった悔しさが残っているのに、開人という予想もしていなかった邪魔者が現れて、つきまとうつもりらしいから。なんて面倒なんだろう。嫌になっちゃうなあ。それも好きでもない私をただ被写体としてだけ扱うなんて、すし、悔しすぎます。今日も公園を走るのか?失礼すぎま彼からのメッセージに返事をしないまま学校に着きました。

  • デカチンなんすよねえ…
  • セックスをするなんて
  • スラックスの中のペニスが

尻を上下左右に振りたてることでしか

肛門の中までたっぷりと塗りこみました

それを真似た形で、調教の一環として取り入れているわけだ。全員がそのやり方に、既に充分馴らされているというのが見ていてよくわかる。ひとつドバイの設備と違うのは、起きはしないということだろう。例え動きを止めたところで直接は何もドバイでは動きを止めた瞬間に、電流が流れて女の性器内部を感電させる仕組みになっていたのだ。したがって一旦スタートしてその。のた。めのスイッチを入れられたが最後、許可が出て電流のスイッチを切って貰うまで、腰を振り性器への出し入れを続けなければならないという、もっとも過酷な調教のひとつだった。
オマンコに黒電マを押し当てられて

ここではそんなペナルティはないのだが、それでも女達は背中を見せた。ままで、尻を上げ下げし続けている。外れました、オッケーです。先ほどテーブルの下に潜った女が出てきてそう言った。そうよね、あの様子ではディルドー抜いた瞬間に噴き出しちゃうもんね。隣の乃里子が独り言のように言う。テーブルから生えているように見える擬似男根は、ネジか何かで固定してあり、その女はそれを潜り込んで外してきたらしい。

お尻から聞こえて来るのと同じ音で動き始めた


奴隷の身体検査である以上は

もちろん女優の分だ。トイレに連れて行くにせよ、公開で排便させるにせよ、その瞬間まではもう彼女の肛門に埋まったそれを抜いてしまうわけにはいかぬということだろうそれほどの限界まで我慢している様子だし、抜いた瞬間に自らの意志と括約筋だけで漏らさぬように締め付けるというのは、そもそも栓に使った。それが太すぎるため、到底不可能なのだ。太いところで、直径八センチあるからねえ。普通の女の子なら後ろどころか前の穴にだって入れるの一苦労ですから。沙織はため息でも漏らさぬばかりだ。ステージではリサがテーブルの手前を通って、ひとりだけ客席側を向いて擬似男根に跨っている女優の前まで来た。それ、手で押さえて自分で立ち上がれるかしら。
年上の熟女

中心にあてがった亀頭を

小さく頷き右手を擬似男根の根元に持って行った。角川ともみは、だがそこで小さな声をあげて、僅かによろめくと左手を床につく。暫くしゃがんだままで居たわけだから、ただでさえすんなりは立ち上がれないところ、薬液が限界まで彼女の便意を高めていて、なかなか急には動けないのだ。例のふたりの大男が再び舞台袖からあらわれ、リサの横に立つ。この男たちに台から下ろしてもらうにせよ、彼女は数歩は自分の力で前に出てこなければならない。


ペニスが露出した

大木に丸出しの下半身を見られ

ともみはようやくよろよろと立ち上がったが、へっぴり腰だ。おトイレまで行けそう太ももを擦り合わせてのようやく目の前まで来た女優にリサが聞いたが、ともみは首を横に振り。ココで見ていただきます。か細い声でそう答える。トイレといったところで、女性が個室には用意されてこのラウンジ階のフロアには、ひとりで閉じこもって用を足せるいわゆる普通の。トイレ。ここで出すにせよ、元々観賞用に区切られて便器だけはあるというところで出すにせよ、見られながらさせられることにはかわりがない以上はともみの答えは妥当かもしれなかった。
バイブを自分で遣ってね

達してしまいそうな素晴らしい感触のペニス-


肉棒を迎え撃つように

乃里子も彼女の気持ちを察したのだろうが。誰も見に行かないかもしれないじゃないの。と、笑いを含んだ声で呟く。ふたりの女が、重たそうにガラスの箱を運んできた。巨大な四角い金魚鉢だ。男たちがともみをテーブルから下ろし、その金魚鉢に後ろ向きに足を開かせ跨がらせる。巨大ディルドーが相当深く女優の肛門に埋まっているのが、跨ったともみの体を男たちが前倒しにしたためはっきりと見て取れた。その根元はともみの右手が、まだしっかりと押さえていたが、その手はプルプルと小刻みに震えていた。

  • その途端に子宮浴室を出た鮎子は
  • 尻を乗せても
  • クリトリスを責めているふたりの手首に持って行き

ペニスを胸の谷間にサンドイッチし

挿入しようと思えば

--嘘ばっかり。れにしちゃえだけど、こんな水着やっぱり恥ずかしいな。でも…こ実際に着用してみると、とんでもないデザインだと思いました。胸の方は小さ過ぎておっぱいが半分くらいハミ出しています。そして下の方は超過激なハイレグで、陰毛をツルツに剃られてなかったらとても着る事は出来なかったでしょう。でも、ふと正ちゃんを見ると、大いに慌てふためきながら私の恥ずかし過ぎる極小水着にエッチな視線を送って来ていました。
奴隷としたいと思います

  • パンストを通さらに股間に分け入ろうとする手を
  • 深い光を湛えて現れる彩子の尻をヒョイと撫でて
  • アナルファックというのをやってみませんか

拘束されていたなんだかソワソワと落ち着かないのは、股間が逞しくなってしまいそれを隠すためなのも丸わかり。店内のお客さん達からも一斉に視線が集まって来てましたが、彼氏を悩殺して初めてのエッチに持ち込まねばならない私は、大胆な決断を下しちゃいました。この水着のサインが届かず襲って来ないようなら男じゃありません。町田先生に処女を破られ濃厚な性戯に耽っていた私は、いつの間にかこんなエッチな思考をしてしまう。はしたない女の子になっていました。さて意を決して露出過多な水着を買ってしまった私でしたが、ビーチではすぐに妙なムードになっちゃいました。

 

テラテラした亀頭部を剥きだしていきりたっている

何しろ私の嫌らし過ぎる格好は皆の注目の的になってしまい、正ちゃんと一緒にビーチボールで遊んでても、それとなく見物の人だかりが出来ていました。やはり私にはサイズが小さ過ぎたみたいで、おっぱいは半分露わになっちゃってるし、下半身だって半端なく喰い込みまくりだったんですから。人目を避けて岩場で休んでる時、私の方から積極的に正ちゃんの唇を奪っちゃいました。そしてその時、彼の手を私の恥ずかしい水着の上にやったんですけど、正ちゃんは恥ずかしがってその場では襲ってくれません。結局家族で借りる事の出来る海の家の一室を借り切り、周囲を気にしながら体を合わせる事になりました。
さっきよりも強いオーガズムが訪れそうな気配があった
がったような乳首に指を置いて
子宮の中
簡単な間仕切りがあるとは言え、す。く外で沢山の人達の歓声が聞こえて来るんですから、スリル満点です。でもこのチャンスを逃すわけにはいかない私は必死でしたし、正ちゃんにもちゃんと伝わったようでした。お互い水着を脱がずに唇を合わせましたが、その時点でもう大興奮。とても幸せな気持ちに包まれ、町田先生との行為で味わった歓びが偽りに過ぎなかった事を思い知らされました。そう、あの狂乱は匂い中毒によるまやかしだったんです。

 

拘束している間

正ちゃんと言う愛する男性に抱かれる究極の歓びに比べるべくもないに決まってるじゃないですか。情熱的なキスを続けている間に、私は感激のあまり舌を正ちゃんの口に差し入れていました。それは町田先生に教えられてしまったテクニックでしたが、恐らく経験がなかったんでしょう。彼の体がビクンと驚いたように反応して、私のイタズラ心に火が点きました。こんな嫌らしいキスは初めて?うふふ、今日は私があなたを襲ってあげる。
無料アダルト動画

膣内に舌を尖らせて突っ込んでみるが

唇を合わせ舌を挿入して口を吸いながら、いつの間にか積極的に正ちゃんの上になってた私は、ごく自然に彼の水着の上から股間をまさぐっていました。するともちろんパンパンに張り切らせてたので、嬉しくなった私はパンツの中に手を入れると同時に、もう片手で彼の手をお乳とアソコに導いてあげました。正ちゃんの手が大事な部分に触れるだけで幸せな興奮に包まれる私は、すっかり硬くなってたペニスを愛おしく握り締めるとしばらく火のように熱くドクドクと脈動してるソレの感触を味わいます。遠慮がちだった彼の手も私の水着の中に侵入を始め、興奮がいやましに高まって来ました。正ちゃん、私にご奉仕させて。千寿ちゃん!駄目だよ、そんな汚い所…。

亀頭の側面や冠状溝

尻の谷間からは淡い桜色のアヌスが覗いバスローブを脱ぎ捨てた大竹が臀部の前にひざま

あこがれの武井豊·騎手の名を聞き、夢が一気にふくらんだのが高原にはわかる。梶山源吾は、札幌の北海道庁に近いグランドホテルに腰を据えて滞在し、避暑と自分の持馬を新馬レースに出走させて愉しむという。その新馬競走は、武井豊一が騎乗するらしい。こんな話になっては、高原がどう言おうが、麻衣はグランドホテルに梶山を訪ねて行くだろう。長田くん、梶山さんに失礼のないようにね。と、高原は言った。よかったな。
膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

  • お尻をもちろん
  • 男根と
  • 男はいつまでも人妻の太ももの感触を楽しんでいたかったが

亀頭の形を模してある先生の許可がおりて。麻衣は、可愛くうなずく。長田さん、わしのことなら何も心配はいらんよ。梶山が、入れ歯の口をひらいて笑った。前立腺に障害がでては、もう男として役に立たん。梶山さんの前立腺肥大は、ごく軽いものですよ。高原は、言った。あたし、そんなこと心配してませんわ。

 

お尻をサッと触って来たのです

それにお友だちと一緒ですから。ほお、友だち。大内里絵さんという人なんです。ふつうのOLなんですけど、すごい競馬ギャル。それは、ますます札幌が愉しみじゃね。彼女、カメラが趣味なもので…競走馬を撮るのが目的なんです。なるほど、それじゃ厩舎でも案内するか。それより、あたし…武井豊一さんとあいたーい。麻衣はとうとう言った。武井くんと?ちょっとでもいいんですTシャツにサインもらうだけでも。
膣痙攣を心配しないといけないだろうとこの
オナニーしなさいと言う
筆者は勃起したまま7時間超はいけます
すみません、長田くんは、武井騎手の大ファンで。高原も仕方なく、とりなすように言う。そうか。よかろう…武井を呼んで、ホテルでメシでも食おう。ほ、ほんとですか?じつは、彼は札幌競馬は、今年が始めてなんだよ。まだ二十二だろう。関西の騎手だから、夏競馬は小倉とか中京ばかりで。

 

それはクンニというより

梶山は、説明した。競馬のジョッキーは、遠征地の競馬は思いの外、暇ができるもの。金曜日から調整ルーム入りし、土日はレース。水、木は調教に乗ることもあるが、月曜日と火曜日は、その気になればドライブだってできる。だから家族持ちの騎手は、札幌のホテルに妻子を呼んでおき、涼しい北海道で避暑気分ですごす。武井豊は独身だから、そんな計画もあるまい。
エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから

クリトリスにうっかり触れてしまうと

まして初の北海道競馬とあれば、札幌の味覚や夜の探訪にも乗り気になるだろうと梶山は言った。新宿の超高層ビル街にあるティールーム。そこで長田麻衣は、大内里絵とおちあった。梶山源吾が高原医院を訪れ、札幌競馬の話をした日の夕方。ねェ、ねェ。聞いて、聞いて。麻衣は、ひどく興奮していた。麻衣は仕事がナースで、清潔さが要求されるから、長めの髪をきりツと後ろに束ねている。

ピストンのように動かして口腔辱めるイラマチオを堪能しながら

おいしいワイン漬けのチンポをご馳走さまでした

そして、それを飾る。小さな花。それを全て差し込んでも、まだ余裕があるように見える。は、美肉を極限まで広げていよくよく見れば、逆さまに映っているのだとわかる。かき分けられた大陰唇の。側に、むき出しになったまま、ぷっくりと膨らんだ陰核が花の影に見えている。びっしりと生けてあるように見えて、しっかりと、筒も、むき出しのクリも見せつけるように映し出されている。このアングルは偶然だろうか?考え込む牧野だが、手の方は、そこで止まることを許さない。勝手にめくられた次のページは、カメラを引いた写真。
チンポをよく見てあげてよ

  • もっともっとこの美少女を責め苛んでやりたい欲望に駆られた
  • 美冴緒の股間はばっくりと割れたその秘裂まで露わにしてしまった
  • 乳首を捻られていた

肛門を舐めさせられる時間がそのプレイ時間の大半を占めるという両脚をピンと床と水平に伸ばしたまま、広げた角度は、120度に近い。その中心では、さっきアップだった花の生けられている。思ったよりも明るい。ベビースポットでも使っているのかもしれない。周囲よりも、ひときわくっきりと浮かび上がる、逆さまになった和花の裸身。ヨガのポーズにも、首を折るようにして胴体を逆さに持ち上げるモノがあるが、肩の部分に分厚いクッションが入っているから、首はさして、苦しくはないはずだ。

 

お尻の位置をずらし

両手は、やや後ろに広げて自らを支えているが、広げた胸元では、乳房を強調するかのように見える。ツンと突き出している乳首が、愛撫を欲しがっているようにしか見えない。こんなことを、させられて…口に出した言葉は、心に浮かんだ言葉とは違った。認めたくなかったのだ。逆さになって、自らを花器として捧げたその身体を、戒めているモノはなにもない。持ち上げた自分の身体を見つめるように、上を向いた和花の顔に、苦痛の表情がないのは、少しだけホッとする。
挿入をおねだりしてしまったのだ
太腿の裏側からお尻にかけての肌
ローションを手に垂らしたありささんに
むしろ、その表情は苦痛とは正反対に見えていたのだ。大きく息を吐き出してから、思わず、心の言葉がこぼれていた。これって、感じて?まさか、そんなはずは陶酔、と言うのだろうか。うっとりしているとしか言えない目は虚ろに己に生けられた花を見ているようだ。半ば開いた唇からは、今にも、淫声がこぼれてきそうに見える。

 

ピストン運動が止まり

紅潮した頬は、羞恥のためと言うよりは、快楽にほてってしまったことをにじませているかのよう。違う違う、和花は、恥ずかしくて!頭を振った牧野自身が、その言葉を信じられない。そこにあるのは、快楽の中にある女そのものの写真なのだ。クソつ!しかし、見始めた写真の残りを見ないですますことは、もはや不可能だった。心が飲み込むよりも早く、手が勝手に次をめくってしまう。
以前から言いつけで下着をつけずに出社していた

秋穂は自分から智也の口に乳首を押しつけようとしたが

こんなことが…。その写真は、まるで、牧野にとどめを刺すためにだけあるかのようだった。なんと、和花の美肉に埋め込まれた。花入れを、抜き出した所。おそらくは、さっきの姿勢のまま。それは抜き出されていた。美肉に埋め込まれていた。それは、おそらくは長さ15センチほど。太さは、オレのと違う、何を考えているんだ…だが、これは自分の男根と、思わず比べてしまう太さ二回りほど太いかもしれないが、それはいい。見れば見るほど、ディルド、そう。張り型。と呼ばれる大人のオモチャにそっくりなのだ。

股間に触れられたらいきなり出してしまいそうな

フェラをしているクセに

だが、今のところは、立場上、表から応援できないが、個人的に応援させてもらうよ。ソファから立ち上がると、デスクから茶封筒を取り出しかけてから、一度丁寧に元の通りに戻す。それから、クルリと振り返って、後ろにかけてある財布を取り出してきた。肥満した身体が、せかせかと動く姿は、見る者に一種の珍妙さを感じさせずにはいられないだろう。ニコリともせずに見つめるリキの前に、山鹿は、いかにも機嫌を伺うように覗き込んでから、机に滑らせるようにして、数枚の札を差し出した。剥き出しですまないが、まさか、公金を使うわけにもいかないからね。

尻を叩いた
尻を叩いた
両尻を
両尻を


尻肉と腰肉と陰茎の肉が蕩けてくる

人妻のお腹に堂々と触れるのだから下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり個人的に応援させてもらうよ。その代わり、くれぐれも、何かわかったら、私に教えて欲しい。状況次第では、いろいろと協力できることもあるかもしれない。と呼ばれる物だろう。協力者にカネを渡す場面があるのだ。捜査のためにで、最初に出そうとした封筒は、協力費。警察は、いろいろなところで、使途をいちいち説明できないことの方が多い。

チンポが奥にぶち当たって…た

亀頭で子宮口を圧迫したりするとリキ自身だって、チンピラにカネを握らせるなんてことはしょっちゅうだ。厳密に言えば、服務規程違反だが、そんなことを杓子定規にしていては、捕まえられるヤツも捕まえられなくなる。それを引っ込めて差し出したのは、本部長の財布からだった。あくまでも警察の本来とは関係ないという姿勢を貫きたいらしい。出世競争に敗れたとはいえ、いかにもキャリアらしい発想だった。アナルを出入りする度に異次元のアブナイ快感が突き抜けてキャリアは、何よりも、減点を嫌うのだ。警察官と言うより小役人、それが、リキが見てきたキャリア警察官の実態だった。今回も、ヘタに公金を与えれば、リキが何か問題を起こした時に、火の粉が降りかかるかもしれないと読んだのだろう。その点、目の前でポケットから金を出してみせたのだから。本部長。の職とは一切関係がないと言い切るに違いない。しかし、本部長クラスの。雲上人。に、話ができるチャンスは貴重だ。

ジンジンと子宮が疼いてしかたありませんああ

もし、リキが証拠をつかめば、一気に事態が動くということだ。しかも、それは所轄ではなく、機動力のある本庁が動くことを意味した。雲上人の気まぐれな情け心というヤツだ。たまには。人情派。を演じたい時もあるのだろう。あるいは、キャリア独特の嗅覚で、上手くいけばと、旨味を嗅ぎ取ったのかもしれない。どちらにしろ、怒りを買うよりも、ここは黙って引き下がるべきだった。


調教はしていないんだよ

ありがとうございます。巨体を縮こまらせるフリをして、頭を下げると、隠そうともしなくなる。亜由美を、そこらのバカ妻と一緒にしやがって。山鹿は、満足そうに頷いて、尊大な態度を本当は、その場で、にゃつくアブラ顔をぶん殴って、叫んでしまいそうだった。もちろん、そんなことをおくびにも出さない。出世とは無縁のリキではあるが。をぐっと飲み込む程度の。くらいは持ち合わせているのだ。メス奴隷にお情けをちょうだい下ました

バイブレーションが始まって

クンニリングスという愛しかた

僕のピストンで
奴隷の顔になり

やり方を教えているのでしょうか。バシッと鋭く打ち込まれました。突然、ピタピタの間があくと、あぅぅし獣のように叫びます。全身がぎゅっと縮まるような感じになります。そうしないと痛みに耐えられません。平手で一番痛かったときの何倍も痛。お尻の肉が弾け飛んでいきそうです。いやいや、そんなの…抵抗したいけど、次々と強烈な一撃がくるので、それに歯をくいしばって耐えるのが精一杯になります。これでもか、これでもかとお尻が叩かれそのラケットがどんどんお尻の範囲を超えて太ももや背中にも広がっていきます。

槙村がフェラチオするところなんか

ぎぃぃぃぃ、お尻、壊れるぅ。それって、私がおかしくなるときに熱いものが下半身に広がっていくのにすごく似ていて、痛いんですが、しだいにその奇妙な感覚にとらわれていきます。はぎつ、ふぎい。悲しいまでの動物的叫び涙があふれて、なにも考えることができませ何十発とお尻を叩かれ続けました。どうかな、菜津希。オモチャにされるって大変だろう?手で腫れたお尻を撫でます。男は改心させようというのでしょうか。ひぃぃぃ。皮が剥けていくような痛み。なんでこんな目に遭うのでしょう。開人は酷いやつです。

お尻が気になってしまう

お仕置きというのはこれくらいやらないと、こういう女には通用しないんバシンと音が響きました。床を竹刀で叩いたのです。先にコンドームをつけてやろう。いやぁああ竹刀が膣口をこじります。固い先端。その太いものが膣の入り口に当たっています。欲しいんだろ。違うんです、そうじゃなくて…。ふざけるな。お尻が顔の上に乗りました

ペニス

おまえに選り好みする権利なんてないんだ。ぐがあぁぁ。粘膜がこそげ落とされるような痛み。こじ入れられていきます。お願い、優しくしてぇ。ダメだ。はうぅっ。ドーンと音がするかのように子宮まで押し込まれました。誰かが音楽のボリュームを下げたのでしょうか。答えようがありません。なんだか悔しさがこみあげてきました。

限りなく股間ぎりぎりに近いスカート丈は
射精の気配が忍び寄っていた

ペニスを天にそそり勃てたままほとんど身動きが取れなくなったのである

後ろから男根を模した器具を入大げさに快感の声を上げる口にアイマスクをしていなくても、真っ暗になっていくような気がします。どうだ。おまえのここは誰のものだ?え?言ってみろよ。さきほどから男の声がはっきり届くようになっています。ふふううううう。みんなのオモチャなんだろ?どうなんだよ。ウソなのか?乱暴に竹刀が引き抜かれました。

挿入されている

あうっ。その直後、パーンとすごい音がして、股間を竹刀で思いきりぶちのめされました。ぎやひぃぃいい。気が遠くなっていきます。まんこが壊される恐怖。そこを失ったら私はもうなにも感じなくなる…。お好きなようにしてください!みなさまのオモチャですぅ!よく言ったなでも許してはくれないようです。