膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

沢渡美冴緒が破廉恥な牝奴隷だなどと

もちろんクリトリスといぅとてつもなく気持ち良い女性の急所がこの辺りにあるはずだという知識はあったんですけど、男の人のおちんちんと同じで、女の人にも。皮かむ。があるんだって事は、えっちなメールをくれる男性から初めて教えてもらった事でした。その人はあんまり嫌らしい事ばかりメールして来るので、あんまりまともには取り合わず自然と関係が消滅しちゃつたんですけど、実は興味津々だった私はお風呂でドキドキしながら指でその辺りを探り、本当にあった皮をどけてからシャワーを当ててみたんです。その時の衝撃は一生忘れないと思ったほどでした。それまでのクリ弄りは全くの子供だましに過ぎず、シャワーの水流がムキ出しのクリちゃんに当たると強烈な快感が迸って頭の中が真っ白になったんです。
チンポをよく見てあげてよ

その時私は悟りました。主人との淡泊なセックスでもある時物凄く気持ち良くなってしまった事があるのですが、それはどうやら私のクリちゃんが興奮して包皮から少しだけ敏感な露頭をハミ出させていたのを、たまた。ま主人のゴワゴワの陰毛がズリッと当たって擦ってくれたからだったんです。でももうその頃は主人とのセックスは数ヶ月に一度あるかないか、と言うほどに頻度が減ってしまっていました。そんな数少ないセックスの機会に、又あのラッキーな快感が味わえるとはとても思えません。せっかくクリちゃんの本当の気持ち良さを知る事が出来たのに、私をめったに求めてくれない主人が恨めしく、しかたなく1人えっちで寂しさを紛らわすよりありませんでした。

奥さんの浮気アナルえっちで


奥さんの下着が見えた

クリちゃんをムキ出しにして触れるのは本当に強烈過ぎる刺激なので、ほとんどクライマックスに近付いておまんこがグジュグジュにとろけてから最後に直接触るんですが、それによってカラダがはじけアクメに達するのは、もう天にも昇る心地良さでした。ああ、こんな風にえっちなお豆ちゃんをムキムキにして、主人にナメナメしてもらったらどんなに気持ち良いことでしょう。性的に淡泊な彼はアソコを舐めてくれた事はないのですが、舌の繊細な感触は敏感過ぎるクリちゃんにピッタリだろうと想像されるのです。女性のお友達とえっちな話をしても、ほとんどの子がクン!って言うんですか、男の人にアソコを舐めてもらうのが一番気持ち良いと言ってましたから。でも主人はそれどころか、何ヶ月も私に触ってもくれないんです。
ピストンのように動かして口腔辱めるイラマチオを堪能しながら

ペニスを見せ付けられた私は必死で口走ります

こうして私は無意識に欲求不満を昂じさせて、ヒマつぶしで始めた。メールレディー。の、男性とのえっちなメールにどんどんはまってしまい、最も好意を抱いた。タクヤ様。のえっちなご命令を実行して報告する。性奴隷。に自ら身を持ち崩してしまったのでした。メールだけとは言え、タクヤ様。と私は完全に不倫を働いていると思います。もう私のはしたないカラダは彼のえっちなご命令に弄ばれる事を心待ちにしていて、四六時中淫らな行為が頭に浮かんで離れてくれないんです。タクヤ様。


美枝が悩ましい喘ぎ声を洩らしてのけぞる加納が乳房を攻めながら太腿で股間をこすって

いやらしくて素敵な写真を撮ろうね乳首を指で転がしながら

が現実に目の前に現れたなら私はアソコをキュンとさせて彼に夢中で抱きつき、手もなく主人を裏切ってしまう事でしょう。--タクヤ様。アイコは今からご命令どおりオナニーをしまくっちゃいます…ああ、あなた、ごめんなさい私はいよいよ股間のえっちな尖りに手を伸ばしながら、主人に心からわびていました。主人のいないこの時、正体も知らない。タクヤ様。のメールのご命令に従ってオナニーをしてしまうのは完全に主人に対する裏切り行為です。タクヤ様。に抱かれるのと心情的には同じ事ですから。
全身を飲み込むオーガズムの津波だが

クリトリスにたまに手が当たるが


ピストン運動を始めると

それも何度も何度もイッテしまい、狂ったようにオナニーを続けてしまわねばならないのです。こんな事をしてしまったら、もう主人をこれまでと同じように愛する事は出来ないでしょう。貞淑な妻であり良き母であるという仮面をかぶり、偽りの人生を歩んで行く事になるのです。ああーっっっオナニーに慣れてすっかり剥私は全身をズウ後戻りは出来ません。とうとう股間にやった指がパンツ越しに、け易くなり勝手に剥けてしまったクリちゃんに触れると、と突き抜ける快感に絶叫しました。

  • 射精させるなどと言うはずはない
  • ショーツが尻たぶに喰い込みながら引き下ろされ
  • おまえのスケベマンコはおれの占有物だ