アソコを弄っていました

挿入するともう何の遠慮もなく欲望のままにズンズンとストロークして腰を打ち付ける

蜜を滴らせ、今にも枝から落ちそうな熟した果実のようだ。その恥部からは淫らな液体がトロトロと流れている。両手を後ろにまわし恥部を広げ、そうだよ、それが涼子だ。はいっ。みっともない涼子の淫乱マンコを犯してくださいっ。高坂は涼子を後ろ向きのまま抱き寄せ、屹立した男性器を跨がせると、腰を抱えてゆっくりと落としていった。
子宮にぴったりと貼り付いているのです

男性自身がじわりと飲み込まれてゆく。っっっっっっ!あぁああっ。あまりの気持ちよさに涼子は言葉を失う。二か月の間これを待ち焦がれていた。毎日毎日これを思って秘所を自分で慰めていた。自分の指では決して行けないところまでようやく今夜行。ことができるはずだ。その期待以上のものがこの最初の一撃ですでに訪れていた。

挿入の充実感を


親指でクリトリスを押し潰すように揉み込みながら

動くこともできない。動いたらその瞬間に絶頂に達してしまいそうだからだ。高坂は根元まで沈めたところで涼子に前を向かせた。つながってるよ、よく見なさい。涼子の脚をさらに開かせ、ふたたび陰茎を抜きにかかる。ああ、出てきましたっ。汁まみれのチNOンがつ。な、中があんなにビショビショになって。涼子がいやらしいからだよ。そうです。自分で動いてみなさい。
セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

一筋のパールだけがついている下着をつけてドキドキしながら待ち合わせ場所に

で、でも動いたらもう、いってしまいます。7ってもいいよ。今日は何度でもイカせてやるからね。二か月ぶりのセックスで思う存分イクんだ。涼子は鏡を見ながら腰を沈めてゆく。濡れまみれた高坂の男性器がふたたび陰部の襞を分け入ってくるのが目に入る。視覚からも、そしてもちろん実際にお互いの性器が擦れあうことで触覚からも刺激を受け、涼子は予想通りすぐに達してしまった。あっ、あひいいつ、イクっ、い、イキっぁああっ。


あらためて彼女が奴隷であることを田知らせた

アソコを開き

もっともっとめちゃくちゃにしてやる。涼子が絶頂を迎えると、高坂は抱きかかえてベッドまで運んだ。そのまますぐに正常位で貫それまでの余裕ある支き、凄まじい速度で腰を打ちつける。涼子の体を激しく貪るその姿は、配者のものではなかったが、それが涼子にはうれしかった。ああっ、好きっ、好きなのっ、ずっと好きでしたっ。あっ、あっ。中に出すぞっ、涼子の中に全部っ。出してっ、精子全部つ、中にっ。
騎乗位では、グイングイン自分で腰を振りまくってくれますよ☆男は我慢できなくなると正常位で一気に

乳首を指の股に挟んでクリクリしながら


下着の布地

その瞬間涼子は両脚を高坂の腰に絡め、両手を首にまわした。高坂は涼子を強く抱き締める。唇を重ね合わせ、舌を絡めあった。触れたところが自分のものなのか相手のものなのかわからなくなる。涼子の胸が高坂の胸で押し潰され、二人の性器が溶け合ってゆく。二人はひとつになった。四月だからだろうかさらに四か月が過ぎた。

  • フェラチオの間
  • 勃起して大変よ
  • クリトリスを指で潰します

ペニスの根元に指を添え

お尻にヌルヌルした

クリトリスは
勃起は萎えるものだ

もはや、わけがわからない。亜由美は、ついさっき、夫としてたはずだ。自分を目一杯押し広げた男の感覚が、強烈に残っている。違うわ、あなたのは、お口で。寂しそうな硬直を、亜由美はしっかりと見ていた。しがみついた筋肉そのもの身体。口に入れた、あの感触、匂い。すべて、慣れ親しんだ、愛する夫のモノだった。

していいオナニーは

でも、あなたは私に、入って…いや、違う、違う。あなたにしがみついて。でも…じゃあ誰と。してた。の、私。夫としていたのか。いや、誰に犯されたのか。もちろん、亜由美の悩乱は、心のバランスが崩れたせいばかりではない。腐臭に似た。お清め。の煙と、淵野辺の誘導、そして亜由美白身の羞恥と防衛本能が、自己催眠状態に追いやったのだ。

オナニーが子供だましに思える程の素晴らしい快感で絶頂を口走りました

激しくフラッシュバックする記憶の中に、確かに夫の身体にしがみついたぬくもりがある。夫のモノをくわえた記憶がある。身体を貫いたのは…そこで突然、あなたとしてたのよぉ。フラッシュバックは、途切れてしまう。犯されたのか?違うわ、あなたと、心の中で子どもがをこねるような泣き声を上げた亜由美。そのくせ、身体は、亜由美の心を無視して命令に従っていた。何も考えない無心な動きそのものだ。ちゅぽんと音を立てるように吸い付いては、巧みな圧力をかけながら舌を使う。ペニスを胸の谷間にサンドイッチし

調教の日銀香さんの合宿で

軟口蓋と舌で、挟み込むようにしてカリを滑らせる。熱心なフェラのすぐ横に、和花がいる。男達は、おもしろがって、和花を犯す。大開脚を強いながら、子宮を突き上げんばかりの激しい責めだ。和花の牝肉は、オトコに媚びるように絡みつき、締め付けてオトコを喜ばせる。うな快感を生み出してしまう。ああ、あうう、あう。

アナル性感が発達しているありささんは
病室で医師にレイプされたことを

舌でペニスを押しだすこともできなかった

尻へと舌を伸ばしてくるそのくせ、和花自身の子宮まで蕩けるよたまらず、淫声を漏らす和花白い津波に翻弄されながら、喘ぐ合間に、かろうじて呼吸をするありさまだ。そのくせ、その目は、亜由美の口に捉えられた夫を見ている。岩浜も、淵野辺の顔色を窺いながら、亜由美の細い腰を抱え上げた。相変わらず巧みなフェラを続けながら、男の手に誘導されるがまま、自動人形のように丸い尻を後ろに差し出してくる。長い足を折り曲げて、膝を立て、差し出される尻は、オトコを欲しがってヒクヒクと蠢くビショビショの無毛の牝芯が丸見えになっていた。

ペニスを咥えてしごく

ゆっくりとオトコを近づける岩浜に、待ちきれぬかのように尻をくねらす亜由美。フェラをしているクセに、その表情が、ひどくあどけない。九頭身のすらりとした裸体が差し出す尻は、まだ子供を産んだことがないだけに、少女のような腰つきにつながっている。その見事に張りつめた曲線は、なおさら淫らさを強調する。さあ、亜由美、安心して感じるんだよ。淵野辺が、亜由美の耳に囁いた瞬間、ぬるりと侵入する岩浜。

エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから

ちなみに今でもこの時の彼女以外と風俗の子以外のおマンコをなめた経験はありません

地元の話題を取り上げる、地方局のよくあるバラエティで涼子は当選以来二度目の出演だ。ぎ、議会の例会が六月からなのでその準備と政策の勉強ですね。年生ですし…。ま、まだ何もわからない!いやらしいことからなる。必死の努力で一つ一つ質問をこなす。べく思考を遠ざける。体中がうずいて仕方ないが、しかしきれいなだけじゃなく陰でいろんな努力をされてるんですねぇ。
膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

司会者の。きれい。という言葉で、自分の顔に皆の注意が引き寄せられているのがわかる。塗りたくられたはしたない分泌液のことが頭をよぎる。その瞬間陰唇がヒクヒクと痙攣しジュワっと下着を濡らすのがはっきりと感じ取れた。そのうえ相変わらず二つのローターが休むことなく刺激を続けている。視聴者のみなさんも期待されていると思いますので頑張ってくださいね。たくさんの視聴者が見てる?わ、わたしの汁まみれの顔を。

オーガズムに上り詰めたままの亜由美には


これからは自そう思っただけでズボンの股間が突っ張ってくる

はい、あ、ありがとうございます。もう限界だと思った。声が出てしまう。終わりだ。それでは今日これまでの話題をVTRでまとめましたのでどうぞ。画面が切り替わってVTR映像が流れ始めた。ふううううっ。大きな溜息を装って声を出してしまう。先生お疲れですか。あともう少しですのでVTRの感想、準備しておいてください。
股間に手を差し入れて

兄さんもあんなきれいな人妻と浮気をするなんて隅に置けないわね

司会者が気遣って声をかける。え、ええ。なかなか慣れず、き、緊張してしまって。最初はだれでもそうですよ。助かった。だが状況が良くなったわけではない。むしろ刺激がどんどん重なっており、いつ全身汗びっしょり崩壊が来てもおかしくないところまで来ていた。もう顔が真っ赤に上気し、になっていたが、緊張している素振りでごまかし続けるしかなかった。再度画面が切り替わり、スタジオの涼子たちへと戻る。


奥さんのアソコ

乳首少女らしい美しいものへの強いあこがれと同時に

先生、なにか気になった話題ありましたか?そ、そうですね。駅前のシャッター通りについて、わたしも駅前に事務所を借りているので出しあって、昔の賑わいをと、とり、身近な問題です。なんとか地元の方とも意見をだ、戻せたらな、と考えて、ます。早く、早く終わって。もうだめっ。これ以上しゃべれないっ。確かに大きな問題になってますよね。苦しそうな表情でただ頷く。あ、あっ、だめっ。クリトリスつ。マンコもつ。限界っ。
痴漢

陵辱的な内容が趣味である事は


わたしのマンコをもっと気持ちよくしてください一気に口走ってしまったのである

おかしくなるつ。チンチンすぐにつ。み、みんな見てるのにチンチンすぐに欲しいっ。もう何も考えられなかった。だれのものでもよかった。自分で自分の首を絞めるようにさらに発情してしまう。司会の男の肉棒を想像してしまい、こ、この男のでもいい?は、早くだれでもいいから突っ込んでっ。では本日のゲスト、美人すぎる市議、朝吹涼子さんでした。

  • 下半身へと舐め進んでいった
  • 女子高生の私が男の子の前で晒すにはあまりにも羞ずかしい
  • ペニスの

チンポをよく見てあげてよ

クリトリスにおっけ

男性を愛撫するポイントを丁寧に教え込まれていましたから
子宮口に入り込む

空地にコスモスが揺れ交い、コオロギの声が聞こえだした九月中旬、事態は急にうごきだした。新聞やテレビは何らかのかかわりのある地元の男性の存在を一斉に報じはじめた。警察の情報によってうごいているようだ。ぼくは知りません。なにも知りません。レポーターからマイクを突きつけられると、その男性は戸惑いを見せつつもあまり表情を変えず淡々と答えていた。自分にどのような疑いがふりかかっているのかよく理解できぬままに答えているようなところがあった。

母親が下着をすべて洗濯してしまったので

二十八歳で定職につかず家の農作業を手伝っているとのことだ。事件現場の山道に行ったことがありますか。山に行くのに通るよ。事件のあった日付、その道を通ったのではありませんか。覚えてない。ということは、事件のあった日に通ったかもしれないということですか。おぼえてない。覚えていないのですかレポーターは道で待ち伏せし、男性の進路をふさぐ恰好でマイクを突きつける。

夫のものとは色も形も違うペニスを

局のマイクにもおなじような表情で答えていた。男性はどの男性は上杉信二といい、中学卒業後一時、天理市内の町工場に勤めた。無遅刻、無欠勤で勤務態度はよかったものの仕事の覚えが悪く、半年ほどでそこを辞めざるを得なくなった。以後勤めに出ることなく家の農作業を手伝っている。両親が所有している柿畑と苺のハウス栽培は信二の手を借りるほどではなかったが、世間体を気にして息子に手伝わさせている。セックスではイケない

性的な奴隷になることを誓わせられた

手伝わさせるといっても朝のうちに柿畑や苺ハウスを見まわり、昼食のあとぶらぶらと11時間ほど出かけて三時ごろに自宅にもどり、一時間ばかり昼寝をするという生活パターンであった。信二には一つ上の兄がいるが大阪で所帯を持っていた。実家には正月に11歳になる一人娘をつれて顔を出す程度であった。兄嫁は来なかった。結婚した年の暮れに兄とともに泊まりにきたことがあったが、信二は兄嫁の入浴シーンを浴室のすりガラスに顔をぺたっとくっつけて眺めた。りガラス越しだから影絵のようなもので、また信二と分かっていたので大きな声も出せなかったが、そのことがあってから兄嫁は信二を避けた。上杉信二は日付、事件から七十四日目に任意同行を求められ、当初殺害を否認していたが、ものの三時間ほどの取り調べで海野亜希子の殺害を自供し、その日に逮捕された。

股間にグイグイと棒が突き刺さるので
オーガズムに仰け反った後

お尻のどこ

エッチになってくる女子医学生の前で逮捕後、家宅捜索が行なわれ、亜希子が身につけていたブラジャーとパンティ、それに所持していたハンドバッグが信二の部屋のテレビ台の陰から出てきた。犯人としての有力な物的証拠で逮捕のきっかけは聞き込み捜査であった。信二の母親がきれいな扇子を拾ったという話が耳に入ってきた。夏の盛りのことだから被害者も扇子を所持していただろうという程度の発想で信二の家の近くまで来たついでに立ち寄り、母親に扇子の件を尋ねた。息子からもらったもので、なんでも道に落ちていたということやった。

えすたちまち洋子は尻を振りたてて反応をか悩ましい声が院長室に響いた

こんなきれいな扇子を落とす人もあるんやと感心しながら使わしてもろうてるということであった。花菖蒲をあしらった上品な京扇子だったが、山辺の道を行き来するハイカーの落し物としてはこれといった不審もなく、また被害者との接点もなさそうに思えたと、聞き込みにあたった刑事は述懐している。すこし発達障害のある信二が拾ってきたということも刑事の勘をにぶらせた。事件から二ヶ月が過ぎており、聞きただしたところでどこまで覚えていて明確な答えが返ってくるかどうかといったこともあっ扇子の件はそのままになっていたが、手詰まり状態の捜査会議のなかで刑事はふと、きれいな扇子を簡単に落とすものだろうかという思いがよぎり、そのことを話した。調べるようにと指示を得た。被害者の知人に聞き合わせると、花柄のおなじような扇子をハンドバッグに入れていたということであった。

セックスではイケない

女子高生でもパ

まったく変態だな菜津希ちゃんは。じじいにケツを舐められてイクのかよ。イクところまではムリですが、腰から力が抜けていくのは事実です。どうだ。きれいになっただろう。とおじいさん。ホントだ。しかしケツ穴の皺まで女子校生はきれいなもんだな。けっこう大きくなっちゃつてるぞ、ケツの穴。
チンポ男が彩子の蜜壷からベトベトになった指を離し

ほら、ボーッとしてないで、棒を突っ込め涎でべとべとになっているお尻の穴に、棒を自分で元に戻すのです。あっ、うつ。いいねぇわざわざおれたちのために、ケツ穴を鍛えるなんて、ホントけなげな変態だね。中途半端ですが、すごいことをしていると思うと、公園のトイレで手を洗います。戻れば、銀香さんたちにお尻の穴を見せて、ひどいことをされると、震えがきます。なんもう秋風がシャツを着ました。汗でベタベタです。

チンポを入れる穴が剥き出しでしょう


下半身側の筆嬲りを開始する

とかショーツを履き、冷たいのに子どもや親たちの視線を感じながらそして走り出します。棒をいじられ、もっと広げないとね。と言われます。ううっ、痛いっ。お尻は痛いのです。そう言うと彼女たちさらに激しく棒を動でも、と言いながら、は。なんだって?聞こえないわよ。かすのです。あうううう、気持ちいいです。そう言わないと許されません性器のオモチャは。
尻を上下左右に振りたてることでしか

肉棒を私の口に預けて下さいながらすぐに胸と

また明日。と抜き取られますが、そこがドロドロなっているのを見られて、うわ、変態丸出し。とからかわれます。本番までオナニーも禁止だからね。と銀香さんそもそもオナニーをする気にもなりません。火曜日に四番、水曜日に五番と、徐々に太い棒を入れられていきました。こうして土曜日には、熱い気持ちは週末までとっておくのです。いちじく浣腸も毎日、一本ずつ増えていきます。


舌で乳首をいらった

本格的なオナニーを始めてしまったのだ

銀香さんたちと学校で練習をしたあと、七本ものとうとうあの、男性を模した器具をお尻に入れらいちじく浣腸をされて、れたのです。なに、涎垂らして喜んでるのよ。私をいじっているから。先輩たちは慣れてしまっています。すご-い、入っていくわよ。毎日、一番大きな先端部分が押し込まれていくと、どんどん入るわ。これなら大丈夫じゃない?あとはゴツゴツした部分。
美しい人妻社員と悪いうわさのある調査会社の男との間に

こんなにオマンコを濡らしやがってとんでもない女教師だな


チンポの虜になりつつあるのです

彼女たちは楽しんでいますし、私が期限に間に合えば陸上部の名誉も守られるのでホッとしているのです。見て!きっちり入ったじゃん。あたしたちのおかげだよ。お礼を言いなよ。痛いと言うと入れたばかりの器具を乱暴にゆさぶられて痛いのですが、怒られます。あっ、ありがとうございます。気持ちいいです。行ってきなさい。走るといっても、お尻の穴が大きく広がって、の感触だけでもまっすぐ立つこともできません。

  • 喜勃起した器官は触られ
  • 乳首は綺麗なピンク色で乳輪にやや厚みがある
  • ローションの容器

亀頭の側面や冠状溝

尻の谷間からは淡い桜色のアヌスが覗いバスローブを脱ぎ捨てた大竹が臀部の前にひざま

あこがれの武井豊·騎手の名を聞き、夢が一気にふくらんだのが高原にはわかる。梶山源吾は、札幌の北海道庁に近いグランドホテルに腰を据えて滞在し、避暑と自分の持馬を新馬レースに出走させて愉しむという。その新馬競走は、武井豊一が騎乗するらしい。こんな話になっては、高原がどう言おうが、麻衣はグランドホテルに梶山を訪ねて行くだろう。長田くん、梶山さんに失礼のないようにね。と、高原は言った。よかったな。
膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

  • お尻をもちろん
  • 男根と
  • 男はいつまでも人妻の太ももの感触を楽しんでいたかったが

亀頭の形を模してある先生の許可がおりて。麻衣は、可愛くうなずく。長田さん、わしのことなら何も心配はいらんよ。梶山が、入れ歯の口をひらいて笑った。前立腺に障害がでては、もう男として役に立たん。梶山さんの前立腺肥大は、ごく軽いものですよ。高原は、言った。あたし、そんなこと心配してませんわ。

 

お尻をサッと触って来たのです

それにお友だちと一緒ですから。ほお、友だち。大内里絵さんという人なんです。ふつうのOLなんですけど、すごい競馬ギャル。それは、ますます札幌が愉しみじゃね。彼女、カメラが趣味なもので…競走馬を撮るのが目的なんです。なるほど、それじゃ厩舎でも案内するか。それより、あたし…武井豊一さんとあいたーい。麻衣はとうとう言った。武井くんと?ちょっとでもいいんですTシャツにサインもらうだけでも。
膣痙攣を心配しないといけないだろうとこの
オナニーしなさいと言う
筆者は勃起したまま7時間超はいけます
すみません、長田くんは、武井騎手の大ファンで。高原も仕方なく、とりなすように言う。そうか。よかろう…武井を呼んで、ホテルでメシでも食おう。ほ、ほんとですか?じつは、彼は札幌競馬は、今年が始めてなんだよ。まだ二十二だろう。関西の騎手だから、夏競馬は小倉とか中京ばかりで。

 

それはクンニというより

梶山は、説明した。競馬のジョッキーは、遠征地の競馬は思いの外、暇ができるもの。金曜日から調整ルーム入りし、土日はレース。水、木は調教に乗ることもあるが、月曜日と火曜日は、その気になればドライブだってできる。だから家族持ちの騎手は、札幌のホテルに妻子を呼んでおき、涼しい北海道で避暑気分ですごす。武井豊は独身だから、そんな計画もあるまい。
エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから

クリトリスにうっかり触れてしまうと

まして初の北海道競馬とあれば、札幌の味覚や夜の探訪にも乗り気になるだろうと梶山は言った。新宿の超高層ビル街にあるティールーム。そこで長田麻衣は、大内里絵とおちあった。梶山源吾が高原医院を訪れ、札幌競馬の話をした日の夕方。ねェ、ねェ。聞いて、聞いて。麻衣は、ひどく興奮していた。麻衣は仕事がナースで、清潔さが要求されるから、長めの髪をきりツと後ろに束ねている。

年下の男二人から舌で愛撫されることに同意した

調教では

今回も、昨夜のうちに喜四郎から電話がかかってきて、また西岡駅に集合した。電車を何度も乗り継いで、この半河駅に到着したのだ。理紗は、また喜四郎の注文通りに、いつもの女教師スタイルだ。今日のスーツとスカートはライトグレイ。一見すると、鼠色のスーツとズボンできめる喜四郎とおそろいだと思われてしまいそうだ。今日も樫山学園の制服で来させられた。理紗と手をつなぐ泉美は、そろそろだな腕時計を見る喜四郎の言葉が、海風に飛ばされた。

ファックスなどを利用した身分証明書の確認をとらなければならない
ファックスなどを利用した身分証明書の確認をとらなければならない
また違った快感が引き起こ挿入が浅くなったり
また違った快感が引き起こ挿入が浅くなったり


ちょっと待っていてくれ美穂子の服と下着を脱がせ

セックスだ擬似下着はスケスケだよくあつー高校時代なら鼻血を出していたかも知れない列車が来るぞ。時間表では、上下ともにあと11時間は電車は来ないはずだわ。理紗の疑問に、喜四郎がまるで自分の手柄といわんばかりの口ぶりで応じる。それが来るんだな。ぼくたちのための特別専用列車が列車は本当に来た。さびれたローカル線にふさわしい11両編成の小豆色の車両が、どこかゆったりとした雰囲気をまとって、ホームの下り線側に停まった。車両そのものに、とくにおかしなところはない。

ローションを追加しながらゆっくりと拳を進めていました

股間に持っていき鉄道ファンではない理紗には、他の路線で目にするものと区別がつかなかった。しかし、理紗の脳裏に、不吉な直感が閃いた。危険だわ。この電車に乗れば、もとにはもどれなくなるかもしれない!泉美も、顔にありありと不安を浮かべている。なにかが今までと違っていると、二人は肌で感じ取った。パイパンだぜしかし扉が開いやおうなしに理紗と泉美は1両目に乗くと、喜四郎に背中を押されて、車させられた。列車の中も、きわめて普通だった。があるタイプだ。以前に喜四郎から、れていた。車両の左右の壁に、ベンチ型の座席ロングシートという名称だと教えら座席には二十人の男たちが腰かけている。彼らは、車内に分散することなく、理紗と泉美が入った乗降口のまわりの座席に固まっていた。その様子から見て、なにかの集団らしいが、年齢も外見もバラバラだ。

尻丘の重味をグッと私の顎に掛けまし呼吸は楽になりましたが

初夏らしいラフなシャツにジーンズを着た二十代の若者もいれば、おしゃれなスーツを着こなす熟年紳士もいる。理紗は気づいた。自分と泉美を見つめる男たちの目が、すべて値踏みをする目つきなのだ。喜四郎が女生徒たちから非難される理由である、女の顔や身体に点数をつけて、勝手に合否判定をする視線を、二人は全身に感じた。泉美は不安に駆られ、居心地悪そうに身体を硬くするだけだが、理紗はあっ、と声を出した。自分を凝視する顔のなかに、いくつも見覚えがある。


射精なんて…貢は志摩子のあからさまな言葉で宙に舞い上がりそうになる

泉美さん、逃げるのよ!理紗は片手で泉美の上半身を抱き、背後の乗降口をふりかえった。普通の電車の停車時間を無視して、すでに扉は閉まり、列車がホームから離れている。理紗は扉に背中を押しつけて、気丈に声を出した。あなたたちは、あのときの満員電車で、わたしのまわりに壁を作っていた。連中だわ!御明察だよ、先生。座席から、ひとりの男が立ち上がった。いよいよ真菜の処女地に挿入する緊張に震える真菜の長い脚は

ピストンのように動かして口腔辱めるイラマチオを堪能しながら

おいしいワイン漬けのチンポをご馳走さまでした

そして、それを飾る。小さな花。それを全て差し込んでも、まだ余裕があるように見える。は、美肉を極限まで広げていよくよく見れば、逆さまに映っているのだとわかる。かき分けられた大陰唇の。側に、むき出しになったまま、ぷっくりと膨らんだ陰核が花の影に見えている。びっしりと生けてあるように見えて、しっかりと、筒も、むき出しのクリも見せつけるように映し出されている。このアングルは偶然だろうか?考え込む牧野だが、手の方は、そこで止まることを許さない。勝手にめくられた次のページは、カメラを引いた写真。
チンポをよく見てあげてよ

  • もっともっとこの美少女を責め苛んでやりたい欲望に駆られた
  • 美冴緒の股間はばっくりと割れたその秘裂まで露わにしてしまった
  • 乳首を捻られていた

肛門を舐めさせられる時間がそのプレイ時間の大半を占めるという両脚をピンと床と水平に伸ばしたまま、広げた角度は、120度に近い。その中心では、さっきアップだった花の生けられている。思ったよりも明るい。ベビースポットでも使っているのかもしれない。周囲よりも、ひときわくっきりと浮かび上がる、逆さまになった和花の裸身。ヨガのポーズにも、首を折るようにして胴体を逆さに持ち上げるモノがあるが、肩の部分に分厚いクッションが入っているから、首はさして、苦しくはないはずだ。

 

お尻の位置をずらし

両手は、やや後ろに広げて自らを支えているが、広げた胸元では、乳房を強調するかのように見える。ツンと突き出している乳首が、愛撫を欲しがっているようにしか見えない。こんなことを、させられて…口に出した言葉は、心に浮かんだ言葉とは違った。認めたくなかったのだ。逆さになって、自らを花器として捧げたその身体を、戒めているモノはなにもない。持ち上げた自分の身体を見つめるように、上を向いた和花の顔に、苦痛の表情がないのは、少しだけホッとする。
挿入をおねだりしてしまったのだ
太腿の裏側からお尻にかけての肌
ローションを手に垂らしたありささんに
むしろ、その表情は苦痛とは正反対に見えていたのだ。大きく息を吐き出してから、思わず、心の言葉がこぼれていた。これって、感じて?まさか、そんなはずは陶酔、と言うのだろうか。うっとりしているとしか言えない目は虚ろに己に生けられた花を見ているようだ。半ば開いた唇からは、今にも、淫声がこぼれてきそうに見える。

 

ピストン運動が止まり

紅潮した頬は、羞恥のためと言うよりは、快楽にほてってしまったことをにじませているかのよう。違う違う、和花は、恥ずかしくて!頭を振った牧野自身が、その言葉を信じられない。そこにあるのは、快楽の中にある女そのものの写真なのだ。クソつ!しかし、見始めた写真の残りを見ないですますことは、もはや不可能だった。心が飲み込むよりも早く、手が勝手に次をめくってしまう。
以前から言いつけで下着をつけずに出社していた

秋穂は自分から智也の口に乳首を押しつけようとしたが

こんなことが…。その写真は、まるで、牧野にとどめを刺すためにだけあるかのようだった。なんと、和花の美肉に埋め込まれた。花入れを、抜き出した所。おそらくは、さっきの姿勢のまま。それは抜き出されていた。美肉に埋め込まれていた。それは、おそらくは長さ15センチほど。太さは、オレのと違う、何を考えているんだ…だが、これは自分の男根と、思わず比べてしまう太さ二回りほど太いかもしれないが、それはいい。見れば見るほど、ディルド、そう。張り型。と呼ばれる大人のオモチャにそっくりなのだ。

調教する女が現れるものではないし

昭夫が物心ついたころにはすでに農業は尻すぼみの裕福でもないのに昭夫の父は本家の威

乳首もこんなになっちゃって
子宮口を

飼い犬たちはですね、正義ってぇ、食えないヤツが、げる飼い主は大好きでしてね。その、大好物を取り上山口に、おい、と目で合図を出してから石松は、ネクタイを捕まえた手を離し、山鹿を軽く小突く。まるで、脚に力が入らないかのごとく、山鹿は尻餅をついてしまった。ゼイゼイと、肥満した口から荒い呼吸が漏れていた。飼い犬の大好きな正義を取り上げる飼い主は、もはや飼い主じゃない。

悩ましげに押し返してく新鮮な汗の匂いと人妻の生の体臭

そして、そう言うヤツをかみ殺そうってのが、あなたがお飼いになっていたイヌたちなんですよ。山鹿は、思わず、目を反らす。石松の刺し貫くような鋭い視線が痛かったのだ。それでも、エリートの自負が、最後の抵抗を見せた。しょせん、相手は下賤な、たいした大学も出てない部下に過ぎないじゃないかと、言い聞かせる、ホンの一瞬だった。それでも声が震えるのは止められなかった。自分自身。

パイズリの最中だ

ふ、ふざけるな上司を、脅すつもりか。上司ね石松が、へっと吐き捨てた瞬間だった。あんたね!山鹿の顔がにじり口を鋭い女の声が後ろから山鹿に突き刺さる。恐る恐ると言った様子で、向いた。この人です。私、この人にレイプされました。お、おまえは。実は、山鹿はそれだけは安心していたのだ。それなのに。子宮にぴったりと貼り付いているのです

ベッドの中でひっそりと下着に手を入れての

使った女は始末されるはずではなかったのか。山鹿にしてみれば、唖然としか言いようがない。く、樹だったのだ。く、く、そ、それは、いや…にじり口から顔を覗かせたのは、まさし肥満した身体を、縮めるようにした山鹿の額に、脂汗が浮いている。この女性に見覚えはありますよね。山鹿は脂汗を、ブランドモノのハンカチで拭っている。この方からお話を伺ったら、だいぶ、怪我もなさっているようでしてね。

オナニーしてかまいません今度はあんまり嬉しくて涙が出ちゃいました
憧れの女教師とセックスしようとして肉棒を握り直し

女子高生とは思えんな

快感を知り尽くした人妻の身体だのように重いですよぉ。ま、それだけじゃないようだし。強姦致傷は、ご存じふ、不愉快だ。人をなんだと。どけ、オレは帰る。く、にじり口に、にわかに立ち上がった山鹿は、かった。本部長石松の身体をドンと突き飛ばし、セコセコと向その山鹿に、後ろから声がかかった。これ、なんだ。すさまじいまでの殺気をこめた石松の顔がニヤリと笑いながら、さっきまで、己が座り込んでいたシーツの端をめくったのだ。

男根の板の上にしゃがまされたサーシャが

人がいた。艶やかな着物姿が見える。一瞬、山鹿は、相手が亜由美かと思いきや、それが、家元だとわかると、もはや、強がりを言う気力は崩れ去っていた。どけ、どけ!ともかくも逃げなくては叫びながら、にじり口に身体を滑らせる。犯人が逃げる。逃げた犯人を捕らえるのは一般人でも可能だな。たとえ、管轄じゃなかろうと、休職中だろうとな妙に説明的なセリフを大声で吐きながら、石松は、今度は、どっかと、直接、家元の身体の上に腰を据えた。引き渡された時の姿のまま、芋虫のように、手足もグルグル巻きにされ、口には、布地を詰め込んで縛り上げられている。

今宵の夫婦エッチは

夫とのセックスは

おまけに、護送車の手配は村上が手際よくやってくれていた。現代の大名行列よろしく、護送車を中心とした車列に、田舎道にいる人々は、皆が、振り返る。大名行列の主たる石松は、携帯に表示された名前を見てから、ゆっくりととった。村上の申し訳なさそうな声が聞こえる。すみません。とりつく島もなかった。すごい勢いで、そっちに飛んできました。本当に申し訳ない。
膣に

  • 肛門への
  • 射精させる瞬間からその終わりまでも絶妙だった
  • 乳首が引っ張られる…

まつわりつく膣肉をエラで掘り起こしたそれにしても、あの血相の変え方はただ事ではなかったけど。それで、か。さっきから、無線がピーピーうるさい。情報封鎖、ということで、あらかじめ無線を取るな、と言ってあるけどね。あの勢いだと、たぶん、石さんの抗弁なんて聞きやしないと思うけど。大丈夫だ。運転するのは、秘書課の春日部と、相場は決まってるからな。

 

セックスはお好きかな

というと。なに、やっこさんが使うのは、本部長専用車。使う車と運転する人間がわかってるんでね。少なくとも、あと1時間は着かないだろうよ。石松は春日部にあらかじめ頭を下げている。遙か彼方の先輩が、頭を下げられれば、元々が石松を崇拝している春日部だ。後の現実の算段は、任せておけばいい。つまり、専用車のフューエルタンクのガソリンは、ガス欠寸前まで減らし、その上。近道します。と言って入った道は、勘違い。で遠回りになる。
腸の粘膜がいっそうペニスに絡みついていった
下着の下のぷるんとしたおっぱいも
それかすでに臨戦態勢に入った勃起にねっとりと舌を這わせてくる
どうせ、こいつ、道なんて知りませんよ。親指を立てて見せた春日部だった。着任以来、仕事でもプライベートでも、ことごとく呼びつけられて運転している。自分で運転したこともない山鹿に、道など分かるはずがないと断言してくれた。どれほど苛ついても、怒鳴り散らすだけしかできないはずだった。石松は、そんな裏話は喋らなかったが、村上には、うすうす、事情がわかった。

 

セックスにすっかり燃え上がり

さっすが。とりあえず、ここから、そっちへ行きます。いや、それよりやって欲しいことがある。さりげなく周りを見ると、指揮車の面々は、石松を露骨に見ることはしないが、もちろん、耳はきっちりこっちを向いている。他所の課の係長クラス。もし、石松の言葉を聞いてしまったら、後で、彼らに難が及ぶかもしれない。今、メールを送る。損な役回りばかりで済まない。何いってるんっすか。じゃ、メール待ってます。あ、顔文字ってヤツは苦手なんで、それ以外なら、なんでもどうぞ!石松が女子高生のごとく、顔文字など使うはずもない。
セックスではイケない

チンポを押しつけてきました

もちろん、村上は。どんな用件でも、何でも聞きます。と、言葉を換えて申し出てくれているのだ。だが、もちろん、頼むべき用件などない。ただでさえ、ペテンの一部に加担してくれている以上、現場に来れば、結果がどうなろうと、言い訳のしようがない。これ以上の累が及ばぬようにしなければならなかった。あいつんとこ、来年小学生だったな。すまない。