セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

ジンジンと痛む股間を抑えながら

志摩子は腰を反らせるだけ反らして、自慢のヒップをこれ見よがしに貢の方に突き出した。ピン立ちの肉棒に恥部剥き出しのパ。ティのスリットを押し当てる。ああっ、僕のオチ。チンがあ。そう、あなたのチンポが今から、ズボッと入るのよ。志摩子先生のオマンコに。沙貴が貢の恥毛を指先でさらさらと触りながら、あう、貢クンのチン先がくっついたわ。眼を合わせてくる。ヌニュッ、グチュ、ズルッ。
年上の熟女

志摩子が尻を盛んに上下動させて、貢のペニスに擦りつけてくる。あ、そんな、あっ、あひ、あうああ…そんな卑猥なやり方をされたら、シャイな包茎棒はさらにさらに勃起してしまう。思いきり入れて頂戴!ブリブリ張った亀頭が志摩子のマンコ穴に入ると、をして貢を振り返り、挿入を促した。志摩子は上気した顔貢は志摩子のどっしりとした腰を両手で抱え、肉棒のポジションを定め最早何も脳裡には浮かばず、腰を志摩子の臀部へドンと突き出した。はううーっ、貢クンがお、奥まできたわ。もっときて考チンポきてぇ!志摩子はセックス狂いの淫語を連発し、膣圧で貢のペニスを搾り抜く貢はその言葉に煽られて、腰を突き出した。

人妻の性的経験の乏しさを物語るようで


押しこまれたのはバイブレーターだった

勃起したペニスは、陰毛のところまで膣内に埋没した。強い膣圧の中をしゃにむに突き進む。ズンギュッ。ズボッ、ズン、ズソッ。力任せに子宮口を突いて犯した。両手でしっかり志摩子の尻肉を掴み、腰を精いっぱいの力でくり返し突き出した。貢の亀頭が子宮口に入り込む。子宮に、き、きたわ…イググ、イグウウはうつ、イ、イク、イクッ:イクウウウーツ志摩子はこってり脂肉のついた雌腰を振り続け、みるみるアクメに達し貢も限界を超えた快感で、ついに熱液発射の瞬間を迎えた。ああっせ、先生の中に、出ちやう!充血しきったペニスが、ドックンと、脈打ちを開始した。
ペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した

クリトリスをつままれたら

熱い白濁液のマグマが、カテーテルが抜けたあとのヒリヒリした尿道内を勢いよく上昇していく。先生のオマンコに出すのよ!沙貴が貢の尻を平手で叩いた。イ、イッ、イクウツー僕、出るう!ペニスに強烈な快感の脈打ちが始まった。赤い尿道口が開いて、熱液を射精した。志摩子の胎内にいくらでも飛び出していく。貢の亀頭は子宮口に闖入していた。ねっとり感の強い精液を女医の子宮内に直接射精した。


お尻なんてキュンとしてちっさくて引き締まってて

刺戟的な下着をつけた下半身がむき出しになっていた

先生、中に出ましたか、貢クンの精液?沙貴がまだ射精されているところだというのに、あけすけに聞いた。精液が中にし、子宮に、きたわーひぃーっ、イ·イクウアアアアアアーツ!志摩子は口から淫らなアクメの声を奏で、鳥肌立てて絶頂に達した。あうわああっ、オマンコに、出る、出るう!うソはぁああっクツ、イクウウウックウツー-イ貢は熟した膣肉で強烈に締めつけられながら、射精しまくった。天国の快感が腰肉に染み込んで、わななき、イキつつまだ腰を突き出す。石のように硬くなったチンポをズボッと、女医の雌性器にぶち込んで射精した。
騎乗位で

にっこり笑った人妻は


子宮に直接

あうー、子宮にいっぱい出されたわ。子宮の中に、貢クンの精液がドピュッと…ですね?沙貴はまるで志摩子のアクメを見て楽しみ、悦ばせようとするかのよう。かつ志摩子に卑猥に言ってブルッ、ブルブルッ。オマンコに貢のペニスが刺さったまま、大きな臀部を震わせる志摩子。これまでの貢に対するS性とは対極にあるマゾとしての絶頂感の中で、生殖器の括約筋が射精した包茎棒を締めつけている。あう、あ、あぁああー。喘ぎ声を漏らし、女医の体内にペニスを入れたまま収束していく貢。

  • 下着を
  • 尻をトレイが乗ったワゴンに向けた
  • 蠕動に膣の奥がかきまわされる