痴漢

が下半身から背筋に抜けていくのだ万寺林荘助は胸がつぶれるような興奮を覚えていた

俺は恭子さんが少し離れた場所に縄掛け何とも言えなぃ表情で正座したのを見届けると、されている久美の方へと向かった。恭子さん、あなたにはあんなアドバイスをしたけれど、聞き入れてくれない事はわかっていたわ。いいのよ、あなたには達也君と言う大切な旦那様がいらっしゃるんですもの。奥さん、婦長さんは立派な方やな。アンタがAVには出られへん事を予測して、代わりに出たる、言うて直談判に来られましてな。そんな!やめて下さい、どうして久本さんが元はと言えば私が悪いんだから。

絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう


オマンコをしてください一気に口にしてから急に恥ずかしさにまみれて

射精が近いのだとわかった調教を生業にして来た俺ですら見惚れてしまいあなたと達也君を無理矢理。今回の件、旅行に参加させた上に、あの時どんどんお酒をすすめて酔い潰れさせちゃったわ。だからこれは私の責任でもあるの。職場の上司と言う立場を利用して夫婦で一泊旅行に参加するよう圧力を掛けたのも、恭子さんの酒に薬物を入れたのも久美であり、彼女は本当の事を言ってるのだが、恭子さんにはとてもそのように聞こえないだろう。久美に対する申し訳なさでいぱいになり、彼女のありがたい申し出を受け入れる事が出来るわけがない。そんな事ありません!い、羽黒さんっし何で久本さんが…早く縄を解いてあげて下さでは奥さんがAVに出る、言わはるんやな?なら、話は早い。この縄を解いて、早速奥さんに掛けさせて貰うわ。

亀頭部は露出しています

次に膣口へとなぞっていくホンマ、あの男はせっかちでな、今日すぐ撮影を始めて証拠を持って来い、言うねん。もう覚悟。恭子さん、駄目よ!も出来てるし。私はいいの、独り身なんだから。そんな…久本さん、いけませんっ!もとより久美は俺が調教を手掛けて弟守男の愛人奴隷に仕立ててやった。マゾ女である。こんなシチュエーションで縛られるのも歓んでしまい、興奮して目を妖しく輝かせているくらいなのだが、何も知らない恭子さんにそんな事がわかる筈がない。シックな長いスカートの上半身が裸なのが強烈にエロティシズムを感じさせるその人妻のでは婦長さん。せっかく覚悟して頂いたのに申し訳ありまへんが、お縄はやはり奥さんの方に。駄目ですっ!なあ、ア。タは本来関係おまへん。山田の奥さんさえSMビデオに出て下されば、それでええんやで。そうです、成本さん。私、AVに出ます。久美は嫌がって見せるが、予定通り恭子さんは遂にSMアダルトビデオに出演する決心を固めてくれたようで、小声だがキッパリとした口調でそう言った。すると久美は縄拘束を外される前に条件を出す。本当にいいの、恭子さん。私達の不始末を、成本さんに尻拭いして頂くなんて出来ません。

オーガズムのケイレンを起こしてしまった

ですから。わかったわ。だったら、羽黒さん、約束して下さい。恭子さんは人妻なんですから、絶対にバレないよう顔を隠してあげて。ほうやな。必ず目隠しして撮影したるから、まず大丈夫やで。久美は恭子さんの救いとなるような条件を出しているようだが、守男の言いなりの彼女は俺との打ち合わせ通りにしゃべっているのであり、AV撮影を装った性奴隷調教として目隠しを義務付けるのは却って好都合なのだ。視界を奪われた女性は、全身に鳥肌が立つくらい敏感になってしまい恭子さんがどんなに夫に操を立てようと体を固くしても必ずや性の歓びに我を忘れてよがってしまう事になるだろう。それから、本番はいけません。そら、浮気になるからの。


膣襞で擦られた

わてのポコチンを奥さんのまんこにぶち込むようなマネは絶対せえへんわ。約束するで。普段は間違っても。などと口にしそうにない久美と俺のやり取りを、恭子さんはどんな気持ちで聞いているだろう。Av出演を承諾した彼女により一層覚悟を促すつもりで、俺は敢えて野卑な言葉を使う。そして久美の縄に手を掛けながら、恭子さんに服を脱ぐよう言った。奥さん、これから早速第一回の撮影をしてあの男に報告せなアカンのや。”しごろ“の熟女だからな