セックスレスになって久しい

私の周りは不倫している人妻だらけです

アナル棒は
尻に敷かれ続ける靖夫に対し

なんであんな男を気にしなければならないの?な奴だわ。あんな風にじっと見つめてくるなんて失礼わたしに見られて相手がどぎまぎする、それが本来の反応のはずなのに、わたしが見られる。側にまわるなんて…。あのとき動揺したことが涼子のプライドに障り、高坂の印象を悪くしているようだった。あんな奴とかかわりあいになるのはだわ。もう気にするのはよそう。こんなの朝吹涼子のすることじゃないわ。そう自分に言い聞かせると、自分を取り戻すには仕事しかないとばかりに毎日の業務に没頭していった。

妻に挿入したまま

呪縛それからさらに五日ほどたったある日、があった。仕事を終えて先に帰宅していた涼子に周平から連絡。大学時代の後輩に会ったので、一緒に家に向かいます。メールにはそうあった。またか。めんどくさいなぁ。周平はたまに知りあいを家に連れてくることがあった。

アナル粘膜を摩擦して

おそらく美人の妻を自慢したいのであろう。酒も飲んでいるに違いない。しかたない。ビールとちょっとしたものを二、して待っていると、ガチャリとドアを開ける音がした。三品用意。ただいま。声がしたので出迎えにいくと、そこには周平とともに高坂俊臣の姿があった。やあ、どうも。後輩ってひょっとして…。あれ?二人はもう知りあい?ええ、朝吹っていう姓を聞いて、あのときもしかしてとは思ったんですが。騎乗位で

アソコをペロペロと舐め始めると

ほら市政担当になので奥さんにはこのあいだ役所で会って一足先に御挨拶を済まなったって話したでしょう。せてます。あ、なるほどね。まあとにかく上がってよ。ビールを飲みながら大学時代のことをいろいろ聞く。大学は違ったんだけどバイト先で知りあったんだ。昔から何考えてるのかわからん男だった。あの無口な男が大丈夫かなと思ってたんだけど俺なんかよな。

膣の中へバターのようなものを入れられたのです
下半身だけ裸の

あんなに気持ちのいい射精は経験したことがなかった

ペニスも大きくなっているのだろうか新聞記者になったって聞いて、より立派になっちゃつて!いやいや。そうだったのね。なんだ。あのとき見つめられたのは先輩の妻だと思ったからか…。ほっとするとともに少し拍子抜けした。変に意識して、勝手に反感を持ってしまったことを内心申し訳なくも感じた。その後少し話をしてビールを一杯だけ飲むと、始めた。迷惑だと思ったのだろう、高坂は帰り支度を。

クリンとした尻が

突然申し訳ありませんでした。いえいえまたどうぞいらしてください。家に帰るまでにかなり飲んでいたのであろう、周平はうとうと眠りかけているようだ。周平さん、高坂さんお帰りになるわよ。肩を持って軽く揺すってみるが、もう眠気に勝てないようで動こうとしない。寝室まで運びましょう。え、あ、はい。じゃあこちらです。少し躊躇したものの、周平をこのままにしておくわけにもいかない。

長い舌はクリトリスだけに固執していなかった

クリンと丸く張り出した尻

マゾOLはハァハァと呼吸を荒げ、緊縛された不自由な身体をよじって悶えています。しかし、フルサワがカメラの前で単なる前戯のような指マンのみでことを終えるはずがありません。彼はと呟き続ける彼女の様子を見つめると、今度はちょうど鳥のくちばしを模した形に五本の指をそろえ、さっきと同じように手のひらを上にしてゆっくりと指先をおま゜こに挿し入れていきました。私が本格的なフィストファック。を眼前で見たのは撮影でのみそれも数人だけです。しかしずぶずぶと男性のこぶしが膣に入っていく光景は非常に衝撃的で忘れられるものではありません。
アソコを弄っていました

私は調教師のチュリップ型に曲げた右手を見て、すぐに彼がフィストファックをしようとしていることが分かりました。こぶしを挿入する際のコツは、大量のローションを使って、手とおこの間にローションの膜を作ることです。手をローションの波に乗せてヌルリと膣に運ぶ感じでしょうか!?そのためにも手にローションを薄く塗り広げるのはNGです。指先が五本とも挿入できたら、小指と人差し指の付け根で膣の入り口を少しずつ押し広げながら、ゆっくりとこぶしを半回転させ、おまんこの中で指をグーに曲げていきます。こぶしで最も幅がぁるのは指の付け根なので、ここを押し込むことが出来ればあとはヌルリと膣内に入るのです。

アナルバイブのスイッチを入れた排泄孔をくねり動くもので刺激され


射精コントロールを身に着けてめったな事では暴発しない自信があったのだ

フルサワはローションを追加しながらゆっくりと拳を進めていました。睦美さんは。あっ、あっ。と小刻みに声を漏らしていましたが。無理です。などの言葉は発していません。これはいけるかもしれない…と思った瞬間、調教師の拳がぐっと牝奴隷のおまんこにめりこみました。あ藤漢、分かるか!?今お前の中に俺のこぶしが入ってるんだぞ。嘘、あ、大きい、来るのぉ!おかしくなっちゃう!
調教する女が現れるものではないし

セックスをするには窮屈だったが

すごい、ぐいぐい締め付けてくる。いいぞ、おかしくなれ。このまま俺のこぶしでイケ!だめ、あ、あ、あ、いいっ!だめ11っ!フィストを受け入れたM女は、全身をこわばらせて痙攣し、何度も絶頂に達して…そして、ふっと緊張の糸が途切れたように果てました。撮影終了後、睦美さんは。ありがとうございます。乱暴にバイブを使われると痛い、って言っておいても、いざ撮影となると必要だから我慢してくれ、とかそういうことになるのかな…と思ってました。でも、プロの方に縛ってもらいたい、という夢も叶いましたし、それに道具じゃなくてロウソクや手でイカせていた。


そんなことないものポッチリと乳首が浮き立っています

マンコがヒクヒクして

だいて嬉しかったです。と、ていねいに挨拶をして帰っていきました。私が調教師に。彼女みたいな、最初から全部出来るみたいな女性っているんですねと言うと。まぁね、何割かはそうだよ。だから俺は。女を仕込んだ。M奴隷に育てる。って言われても。ふうん。って思うことが正直あるよ。今日だって俺が睦美さんを奴隷調教したわけじゃないだろう!彼女は自分でも言っていたように。最初から全部出来る。才能があったから、フィストまで受け入れられただけだよ。
奴隷としたいと思います

射精を回避するため


奴隷全員に使うことができますので

と静かに笑いました。たった一日のSM撮影で一気に被虐性を開花させることの出来た睦美さんは、間違いなくマゾヒストの才能。を持った女性でした。それにしても縛っただけであそこまで身体を熱くしてくれると縛り甲斐があるよ。縄酔いするM女を求めるサディストだったら、それだけで彼女を手離さないだろうなぁとの調教師の言葉を思い出し、彼女の。がどうか幸福に作用しますように、と祈ってスタジオを後にしたのでした。拡張エクスタシー成美成美さんは私たちがレディコミ誌に載せた。素人SMモデル募集。の記事を見てメールをくれた女性でした。

  • 心配になるほど股間が潤んでいるのを知ってこんな所を誰にも見られたくないはずなのに
  • 肛門か
  • 肉棒を抜かず

股間を私の舌で清める様に要求したのです

挿入に

そのつもりでまだ切り札の口唇は使わず、コリコリの乳首を指股に挟み雄大な膨らみをのんびりと揉んでいると、恭子さんは気持ち良いのか愛らしい鼻声を聞かせてくれる。最早この美しい人妻が私の愛撫を嫌がっている。ようには思えない淫声だ。すると妻が快楽に溺れていく様に耐え切れなくなったのか、夫の達也が絞り出すような声で訴えた。もう、やめて下さい。堪忍したれや。亭主の前で見せ付けるとは、お願いです、おいボン!そらお前趣味が悪いで。ビデオの中でさんざんお楽しみのようですが、まさか羽黒さんにそんな事を言われるとは思いませんでしたね。
尻穴が膨らむとあくまで

  • 股間に今から口唇奉仕されるのだと思うと
  • 梨沙子は下半身をくねらせていった
  • チンポがそんなにうめぇのかよ

エッチモードになった真菜はさて、ご主人、やめてくれとおっしゃいますが、残念ながら奥さんはもう気分が乗ってしまってたまらないご様子ですよ。何しろ、私の手にお乳を押し付けて、もっとしてくれとおねだりされてるようで。馬鹿な事、言わないで下さいっ!今さら隠そうったって無駄ですよ、奥さん。ほうっら。はおおくっつ一度極めて欲情に火が点いた恭子さんの体は、私の緩慢な愛撫に焦らさそ、そんな、卑怯…れ無意識に浅ましい反応を見せていたのである。ハッと気付いて激しく狼狽する恭子さんだが、乳房と乳首への愛撫を強めた私が首筋を吸い、さらに乳首までチロチロと舐めてやると、どうしようもない嬌声が洩れてしまう。

 

股間を隠そうと思えば手で隠せる

するとスタンガンを置いた姉さんが、とんでもない行為を始めた。恭子さん、達也君の前だからって遠慮せず気分を出しちやっていいのよ。だって、ホラ、彼の方もあなたを見て興奮しちゃってるんですもの。やめて下さい…。久美っ!アホなマネはやめんかし。あら、羽黒さんも、ずいぶんとご立派にさせて。
下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり
愛撫
彼のコックを愛撫し続ける私を見て
エラそうな亊おっしゃこれじゃ説得力ございませんわね。うふふ、ご奉仕させて頂きられても、ますわ。何と姉さんは正座している夫達也と羽黒が勃起させていたペニスを掴み出してしまったのだ。そして唾を手に垂らすと、シコシコとしごき始める。達也君、あなた恭子さんがエッチされてるの見て、こんなにしちゃつた。

 

もしもそのときにペニスが勃起してたっぷりと濡らされた女芯を

の?もうビクビクして、すぐにも出ちゃいそう。奥さんがイクのと一緒に出しちゃいましょうね。さ、羽黒さんも我慢なさらず、ご一緒にどう。恭子さんも、これならもう遠慮がなくて良いでしょう。て仲良くおイキ下さい。ご主人と合わせこうして夫婦がそれぞれ違うパートナーによって無理矢理性悦を絞られる背徳行為が展開する。
年下の男二人から舌で愛撫されることに同意した

ヌルヌルと動かすクリトリスの快感は

私を袖にする程夫達也を愛している筈の恭子さんの目に、姉さんの手で勃起ペニスをしごかれて恥を晒してしまう彼の姿はどう映っている事だろうか。これまでになく本当に石のような固さに乳首が屹立してしまったから、恭子さん自身心ならずもこの夫婦双方寝取られプレイに興奮してしまったのは間違いない。私は強く刺激すればたちまち弾けてしまいそうな麗人の性を自在に操り、姉さんの手技で達也が果ててしまうのに合わせて、猛烈に勃起した乳首を強く吸い上げ極めさせてやった。糸を引く程大量に出たらしい達也のザーメンを手に取った姉さんは勝ち誇ったように言う。仲良くイッチャッタわね、達也君、こんなにタップリ出しちやって。

下着はスケスケだよくあつー高校時代なら鼻血を出していたかも知れない

アナルを犯してから

客の男にフェラチオして
尻を後ろにうんと突き出しながらも

ホンのわずか唇が触れ合っただけですけど、彼の温もりが伝わって来てこれまでにない幸せなキスでした。ああ!あなたが欲しいの。お願い、襲ってよ、正ちゃん--とうとう私は激情に任せて、彼の手を取りスカートの中を触らせると言う暴挙に出ていました。私がショーツを濡らしてるのがわかれば、正ちゃんが襲ってくれるんじゃないかと思ったのです。もちろん彼が理性を失ってしまったら、喜んでバージンを捧げるつもりでした。やっぱり正ちゃんはだけど異常に欲情して見境がなくなった私と違い、冷静でした。

バイブを離す事も出来なかったんです

駄目だよ、こんな所で。ごめんなさい。確かに人通りのない夜道と言っても街中なのです。誰に見られてるかわかりません。諫めてくれた彼に素直に謝った私ですが、やはりまともではなかったんでしょう。正ちゃんの次の言葉が、あまりにも衝撃的に聞こえてしまいました。明日からはもう会わない事にしよう。えっ、どうして!?ち、ちょっと千寿ちゃん!何か勘違いしてるんじゃない?、うウソ…。

オナニーを覚えたばかりらしいのだ

私は正ちゃんの言葉の真意が掴めず、いきなり別れを切り出されたように感じて、子供のようにしゃがみ込むとメソメソ泣いていたんです。あのさ、実習の間は、って事だよ。ホラ、やっぱバレるとヤバイしさ。気を散らさないで、実習に打ち込もうよ。11週間長過ぎ。しょーがないな。じゃさ、週末はデートしていい事にしよう。千寿ちゃんが一週間真面目に頑張ったら、どこでも好きな所に連れてったげるよ。ホントにい?じゃあ見つかんないように遠出して、海行こ、海!セックスレスになって久しい

マチュアは舞の尻を昍いた

ははは、今泣いたカラスがもう笑ったな。遠くの海に連れてったげるから千寿ちゃんのハイレグビキニ、期待してるよ。コラー調子に乗るな。結局私のとんでもない勘違いだった事がわかり和やかに別れたのですが家に帰っても体のモヤモヤは晴れてはくれません。家族の目を盗むように早々と自室にこもり、ベッドの上で指を使ってしまいました。今度は学習してたので枕を口に噛み、エッチな声を押し殺します。大好きな正ちゃんを思い浮かべながら敏感なしこりを下着越しに指で擦り上げると、頭の中が真っ白になるくらい強烈に感じてしまい、まもなく訪れた。

チンポ汁が出てるでしょ
男が指示どおりに膣内を指で攪拌しはじめる

処女のままにされてるだけってことですね

下半身だけでなく絶頂にビクビク体を慄わせるとショーツが冷たく濡れていました。どうやら恥ずかしい事に私は。と同時にエッチなお汁が沢山洩れてしまう体質のようです。乳首はともかく、股間の感じ易い部分を直に触る事はまだ怖くて出来ませんでしたが、それでも十分過ぎる快感で私は夢中になってしまい、何度もイッてしまってショーツの替えが足らなくなりそうでし正ちゃんにはおあずけを喰らってしまいましたが、きっと海に行った時に襲ってくれるのではないでしょうか。そう思うとワクワクした私は、ますますはしたないオナニーに熱がこもります。とめどなくエッチなお汁を出してしまうアソコの奥がざわめいて、正ちゃんを、いやもっとダイタンに言ってしまうと正ちゃんのおちんちんを狂おしく求めているのをハッキリ自覚してしまいました。

クリトリスではいっぱいイッたことあるんだよね

こうして私はこの夜、初めて正ちゃんと結ばれるであろう時の事を想像しながら、彼に抱かれる期待で処女なのに欲情してしまった体を繰り返し指で慰めて、いつしか心地良い疲労と共に眠りについたのでした。香水昨夜オナニー三昧に耽ってしまい、生まれて初めてだった絶頂を何度も味わったおかげか、翌朝目覚めた時あの狂おしい欲情はあらかたなくなっていました。だけどそう思ったのは錯覚だったのです。朝一番でトイレを使った時まだ自分の体がまともじゃない事に気付いてしまった私は慄然としてしまいました。オシッコをするのが妙に気持ち良く、後始末してるとほとんどオナニーしてるのと変わらない快感が突き上げて来たのです。11六馮だ、駄目ぇ綺麗にしないわけにはいかず、恐る恐るアソコを拭いてる間に鋭敏なクリトリスにうっかり触れてしまうと、スイッチが入ってしまいました。

膣痙攣を心配しないといけないだろうとこの

俺も遂に我慢の限界に達し俺にまたがっている愛華のマンコのなかに精液をビュッ

牧野の目は、思わず家元を追った。そして、こちらが、その夫でございます。勢いよく、右手を牧野が縛り付けられている反対側に振り向けた。いつの間にかひっそりと控えていた松本が、ベビースポットを操作する。まぶしい光が当てられた瞬間、反対側にある。にかかっている。の幕が、サッと落とされる。リキさん。小さく、声を上げてしまった。肉体美の極致のような筋肉を剥き出しにした男が、やはり一糸まとわぬ姿で柱にくくりつけられていた。
今宵の夫婦エッチは

生け贄は、揃ったのだ。取らされた姿勢こそ同じだが、牧野へのものと違って、リキの戒めは厳重だ。首輪がはめられ、グルリと柱を回した鎖にくくりつけられている。手足を縛っているベルトも、牧野のものの倍はあろうかという太さと本数だ。しかも、よほど、きっちりとくくりつけられているらしく、逞しい筋肉が、時折、手足を動かそうとするが、びくともしない。かえって、己の力そのもののせいで、柱にこすれたヒフからは、あちこち血がにじみ始めて。

本気でいやがっているよ二人ともアナルは初めての経験だった


ぬたつく膣襞が肉筒を苛烈にこすり上げるあぁ

本当に、リキさん、だよ…な。信じたくないその筋肉美の持ち主には、鼻と口だけが開いた全頭マスクが被せられていたが、見れば見る。ほどに、その巨躯は、家元の言葉通りリキだとしか思えない。えぇ、みなさま、これなるは、男ちから、とか申しまして、警視庁の下っ端の刑事をやっております下賤な者でございます。あちこちから、ほーっという声が漏れていた。男同士でも、いや、男同士だからこそ、目の前に出現した筋肉が発揮するであろう恐るべき野獣のような力を想像してしまうのだ。
ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました

あなたのチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れてオマンコしてくださいってな

そして、その。をも、いたぶれる権力が自分にあることを思い出して、男達はさらにニヤリとする仕掛けというわけだ。皆様のご尊顔を拝見する栄誉など、こんな者にはありませんので、このマスクで視界を奪っております。つまり、男達の顔は見えないと言うことだ。刑事という仕事をしていた者に顔が見られると心配になる小心者に配慮した、行き届いた家元の。もてなし。だった。実際、そのおかげで落ち着いた者も密かに多かったのだ。さて、と、それでは、和花。立ちなさい。突然妻の名前が呼ばれて、忘れていようとした存在に、心臓が鷲掴みにされた。


スカート1枚の尻を撫でられた気もしたが

残滓の付着したペニスをねぶりあげられると

牧野の目には幽鬼のようにふらりと立ち上がったように見える。立ち上がった途端、ふらりとよろめいた瞬間、牧野はおもわず、動こうとして、後ろに引っ張られている両腕が肩から外れそうな激痛が走った。さあ、和花、久しぶりに会った夫の前で、あなたは、裸ん坊で座ったまま、告白なさい。何をしていたのか気をつけの姿勢のまま、家元をぼんやりした目で見つめている和花は、一瞬、息を呑むかのように、背中をヒクリとさせた。の震える声が、男達の間に静かに響いた。オナニーをしておりました!牧野は叫んでいた。
肉棒に絡みついてくるたっぷり圭介は暗がりの中で仰け反った

処女を喪失したばかりの彼女が


セックスを野外で晒してしまおうと言う試みだ

ありえない。おそらく脅かされているのだろう。まるで、そこに牧野がいないかのごとく振る舞うのもわかる。裸でいさせられるのも、強制されたのだろう。それもわかる。しかし、和花の恥ずかしい言葉には、拒絶の色が少しも見えなかったのだ。わずかに、背中がヒクリとしたのが、ためらいと言えばためらいと言えるかも知れないが夫の目の前で、男達に裸体を曝したあげく、そんなことが言えるなんて。

  • たくましいペニスをいきり立たせていた
  • 今や乳首をかろうじて隠してくれるほどしかかかってない
  • お尻をぶたれて気をやり

年上の熟女

お尻にあてた

子宮底に噴射された
エッチな奥さんの手に任せるよりない

それでい。今度は、お彼女は心持尻を浮かすと、彼の顎を擦る様にして、とり湿った尻割れを露出させた。尻の方からパンティをずらし、そのじっ太腿に絡むパンテイの上縁部からはみ出した陰毛が、東山の鼻から額をくすぐる。両手で尻丘を押し開く様にしながら、彼女は茶色の蕾を、男の唇にじわりと押し付けた。括約筋に力を込めると、彼の唇の上で蕾が開き、糞滓に塗れたピンク色の粘膜が外側にはじける。それは女の口唇に似て、ねっとりと、彼の唇に貼り付いた。

あゆみのオマンコに誰かオチンポを入れて下さい~

ただ、甘いセクシーな唾液と異なり、女のゆっくりした尻の揺れに伴なって、苦い排泄物の糊が彼の口中に擦り込まれる。舐めるんだよ!彼は反射的に慌て、舌を出すと、に舐めた。彼の唇の上でぐっと重みを増して圧迫してくる粘膜を懸命渋味のある苦さが口中に広がり、無念さが胸一杯に込み上げる。女は、ぐっと体重を彼の顔面に預け、完膚無いまで男の唇と舌を蹂躙し、征服した。十分も経ったであろうか東山にとって、一時間にも相当する、長い屈辱の経験であった。

乳首が固まり乳房がパンパ

漸く尻を上げたメリー·ホプキンスの、勝ち誇った顔をかい間見ながら、身を起し、惨めな気持で、スゴスゴと部屋を出た東山は、永井敬子に呼ばれて立ち止まる。彼女は、四角く切った大きなベニヤ板の両端に紐を付け、彼の首に掛ける。東山の胸一杯に広がるその板の表面には、れている。紙が貼られ、太いマジックペンで大きく字が書かそれはメリー·ホプキンス部長にお尻の穴を舐めさせられました。私はたった今、と読めた。いこと。社内の全部の課を回って、その文章を皆に見てもらうのよ。生恥をかいてらっしゃい!…あ、それからね。奴隷なのですから

武彦が濡れた花園をくちゅくちゅと愛撫しはじめる

お前はこれから毎朝、こ人来て部長に今の:そして、たっぷり永井敬子の残酷な宣言に、ショックを受けた東山の顔が歪む。しかし、女達に連日嬲り抜かれた彼には、最早、反抗する気力も残っていなかった。よろめく足を踏みしめながら、隣りの課の通路を歩く。途端に、女の子達から反響があった。あれ見て!お尻舐めたんですって?ブーツ。一寸、顔を良く見せて御覧ヘーツ、お前、良く平気で恥を曝せるわね。

女性のアソコを生で見たことあるの
胸の先端から送り込ま子宮を直撃して

乳首を尖らせてイッたよな

それまではオナニーも知らなかった童貞少年の臭いが泌み込んだのね、きっと。素っ頓狂な声を上げる者、思わず噴き出す者、軽蔑の言葉を掛ける者、そして嘲笑を浴びせる者それぞれ反応は異なるもの。彼が皆に軽蔑され、笑いものにされたことは確かだっ翌日から毎朝、日課の様に、板を首に掛けて各課を回る東山の姿があった。勿論、メリー·ホプキンス部長からは、朝一番に尻に敷かれるのである。朝のトイレを済ませた後の尻臭は、鼻が曲る程強烈だったし、彼の舌に備えて、わざとよく彼を悲哀の極に駈り立てたの拭いてない局所には、いつもねっとりとした糊が付着していて、六--六1ヶ月が過ぎる頃には、女子社員達の東山に対する態度には、あけすけの蔑みと侮りが日常のものとなって来る。トン!そんなところでボンヤリしてないで、こ。

お尻高くあげるのよ

へ来て私達の椅子になりなさい。昼休みの屋上で、ラケットボールに興ずる女子社員達を眺めていた東山に、観戦組から声が掛かる。コートサイドの言われるまに、彼女等の足元で四つ這いになった彼の背に、女達が肩を組みながら腰を掛暫くすると女達の体重が、を引き起す。四つ這いの姿勢を支える彼の両腕に、じわじわと痺れに似た苦痛遂に耐え切れなくなって、頭から崩れ、地面にへたった。危ないじゃないの!-わ、初めから腹這いに地面に寝なさい。長々と地面にうつ伏せになった男の身体の上に、さあ、女達は次々と腰を下す。

膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

沢渡美冴緒が破廉恥な牝奴隷だなどと

もちろんクリトリスといぅとてつもなく気持ち良い女性の急所がこの辺りにあるはずだという知識はあったんですけど、男の人のおちんちんと同じで、女の人にも。皮かむ。があるんだって事は、えっちなメールをくれる男性から初めて教えてもらった事でした。その人はあんまり嫌らしい事ばかりメールして来るので、あんまりまともには取り合わず自然と関係が消滅しちゃつたんですけど、実は興味津々だった私はお風呂でドキドキしながら指でその辺りを探り、本当にあった皮をどけてからシャワーを当ててみたんです。その時の衝撃は一生忘れないと思ったほどでした。それまでのクリ弄りは全くの子供だましに過ぎず、シャワーの水流がムキ出しのクリちゃんに当たると強烈な快感が迸って頭の中が真っ白になったんです。
チンポをよく見てあげてよ

その時私は悟りました。主人との淡泊なセックスでもある時物凄く気持ち良くなってしまった事があるのですが、それはどうやら私のクリちゃんが興奮して包皮から少しだけ敏感な露頭をハミ出させていたのを、たまた。ま主人のゴワゴワの陰毛がズリッと当たって擦ってくれたからだったんです。でももうその頃は主人とのセックスは数ヶ月に一度あるかないか、と言うほどに頻度が減ってしまっていました。そんな数少ないセックスの機会に、又あのラッキーな快感が味わえるとはとても思えません。せっかくクリちゃんの本当の気持ち良さを知る事が出来たのに、私をめったに求めてくれない主人が恨めしく、しかたなく1人えっちで寂しさを紛らわすよりありませんでした。

奥さんの浮気アナルえっちで


奥さんの下着が見えた

クリちゃんをムキ出しにして触れるのは本当に強烈過ぎる刺激なので、ほとんどクライマックスに近付いておまんこがグジュグジュにとろけてから最後に直接触るんですが、それによってカラダがはじけアクメに達するのは、もう天にも昇る心地良さでした。ああ、こんな風にえっちなお豆ちゃんをムキムキにして、主人にナメナメしてもらったらどんなに気持ち良いことでしょう。性的に淡泊な彼はアソコを舐めてくれた事はないのですが、舌の繊細な感触は敏感過ぎるクリちゃんにピッタリだろうと想像されるのです。女性のお友達とえっちな話をしても、ほとんどの子がクン!って言うんですか、男の人にアソコを舐めてもらうのが一番気持ち良いと言ってましたから。でも主人はそれどころか、何ヶ月も私に触ってもくれないんです。
ピストンのように動かして口腔辱めるイラマチオを堪能しながら

ペニスを見せ付けられた私は必死で口走ります

こうして私は無意識に欲求不満を昂じさせて、ヒマつぶしで始めた。メールレディー。の、男性とのえっちなメールにどんどんはまってしまい、最も好意を抱いた。タクヤ様。のえっちなご命令を実行して報告する。性奴隷。に自ら身を持ち崩してしまったのでした。メールだけとは言え、タクヤ様。と私は完全に不倫を働いていると思います。もう私のはしたないカラダは彼のえっちなご命令に弄ばれる事を心待ちにしていて、四六時中淫らな行為が頭に浮かんで離れてくれないんです。タクヤ様。


美枝が悩ましい喘ぎ声を洩らしてのけぞる加納が乳房を攻めながら太腿で股間をこすって

いやらしくて素敵な写真を撮ろうね乳首を指で転がしながら

が現実に目の前に現れたなら私はアソコをキュンとさせて彼に夢中で抱きつき、手もなく主人を裏切ってしまう事でしょう。--タクヤ様。アイコは今からご命令どおりオナニーをしまくっちゃいます…ああ、あなた、ごめんなさい私はいよいよ股間のえっちな尖りに手を伸ばしながら、主人に心からわびていました。主人のいないこの時、正体も知らない。タクヤ様。のメールのご命令に従ってオナニーをしてしまうのは完全に主人に対する裏切り行為です。タクヤ様。に抱かれるのと心情的には同じ事ですから。
全身を飲み込むオーガズムの津波だが

クリトリスにたまに手が当たるが


ピストン運動を始めると

それも何度も何度もイッテしまい、狂ったようにオナニーを続けてしまわねばならないのです。こんな事をしてしまったら、もう主人をこれまでと同じように愛する事は出来ないでしょう。貞淑な妻であり良き母であるという仮面をかぶり、偽りの人生を歩んで行く事になるのです。ああーっっっオナニーに慣れてすっかり剥私は全身をズウ後戻りは出来ません。とうとう股間にやった指がパンツ越しに、け易くなり勝手に剥けてしまったクリちゃんに触れると、と突き抜ける快感に絶叫しました。

  • 射精させるなどと言うはずはない
  • ショーツが尻たぶに喰い込みながら引き下ろされ
  • おまえのスケベマンコはおれの占有物だ

奴隷なのですから

調教師はポケットからライターを取り出し

騎手の人気って、スリムでプロポーションがいいこともあるけど、ファッショナブルなのね。それは女性の見方ですよ。やっぱり危険が多い、スポーツという感じだな。武井くんは、体重はどれくらい?ふだんは53キロ。レースの前に、51キロに落とします。あたし、騎手の使う小道具にも興味があるの。ムチとか拍車、ゴーグル、長靴…。と、里絵が言った。
オマンコに黒電マを押し当てられて

ぼくの、見せてあげましょうか?きヤツ、見たアい。部屋においてあるから、とってきてくれる?武井が里絵に、自室のルームキーを渡した。いいの?武井さんの部屋に入っても。なにも変なものはおいてないよ。あたし電話借りてもいいかしら?東京の母に旅行の途中経過を報告しないと心配してると思うの。どうぞ。ぼくの部屋で、ゆっくり喋っておいで。

乳首をむさぼっている


引き抜く動作をする数度のオーガズムでビショビショの秘唇から

里絵は武井に小さくウインクすると、スイートルームを出て行った。武井は里絵に、口実を設けるから、部屋で待っていて。と言った。里絵は、武井がそうしてくれたと思っている。思いがけず、二人っきりになれたね。バスルームに梶山がいるが、老人だから長風呂のはず。麻衣もソファの上に、武井と二人だけでいるのを意識して、身体を硬くした。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

股間から取り出した桜木は

武井くんて、競馬ギャルの誘惑が多いでしょ。プレゼントは多いけど、ぼくらは隔離されとるから。直接アタックはないの?そりゃ、女のいない国に暮らしてるわけじゃないから。でも、ぼくにも好みってものがあるよ。あたし…武井くんのタイプ?麻衣は、思いきって聞く。すてきな人だと思うよ。もっとよく知りたい。


バイブを入れたままのドライブも楽しいだろ

ドラのお尻を平手できつく打った

武井が麻衣の、ノースリーブからはみ出た、なめらかな肩に手をまわしてきた。麻衣は身体を硬くして、眸をとじた。こんなことが、現実におこるなんて部屋には憧れの武井豊-騎手と、二人っきり。いや、梶山会長がバスルームにいるが、しばらくは出てこない。麻衣は武井と梶山が、阿吽の呼吸で行動しているのは知らない。麻衣と里絵を愉しませるために、男たちはハラを合わせている。
奴隷なのですから

涙ぐみながら射精した


下着を付けた猥褻ボディと

武井の手が、ノースリーブのワンピースからはみでた、肌理のこまかい、麻衣の肩をなでている。競馬界のプリンスの武井だが指には力があり手のひらも硬い。サラブレッドの手綱をとる腕力は思いの外強いのであろう。麻衣はワンピースの下は、どんな下着だったかしらと考えた。パンティーは、腰のところが紐状になったフンドシスタイル。

  • 女たちは下着一枚でベッドに四肢をくくりつけられている年下の男を
  • 男根の抽送を開始した
  • 膣内で生島のたくましいものがねじれ

挿入をおねだりしてしまったのだ

美冴緒のフェラチオ奉仕を受けながら村上も笑う

それは今も変わらない。泉美がイメージする男の汚い部分を寄せ集めた柳沢先生が、あこがれの年上の女性の具現である白木先生を辱めている。それなのに白木先生の声は、苦痛を表していない。はじめて聞く声の音色でも、その意味を本能が聞き分けた。白木先生は気持ちよがっている!両手を縛られて、無理やりに胸を汚されているのに、気持ちよくなっているんだわ!でも、どうして、そんなことがありえるの。生徒の驚愕の視線を浴びながら、理紗は身悶えつづける。
尻穴が膨らむとあくまで

  • お尻の中央の溝に埋まっていっているのだが
  • すごいタイミングもばっちりだこれが爛熟を迎えた女のセックスなのか
  • 右手を肉棒に添え

勃起させて面白がろうとしてますその背後から、喜四郎の声が出た。展美くんにも、理紗先生が胸を愛撫されて、快感によがっているのがわかるんだな。理紗先生の名誉のために言っておくけど、理紗先生は、ぼくに身体を触られることを喜んではいないぞ。それどころか、悔しくて、情けなくて、怒りで頭が沸騰しているはずさ。このうえ自分が担当する生徒の前で、淫らなおっぱいをさらけ出されたら、もっとつらくてたまらないだ。ろうな喜四郎が自分のスーツのポケットから鋏を出し、ジャーのカップの中心を切った。

 

後背位で行為しながら亀井がアナルに指を挿して嬲っていると

すばやく理紗のブラ泉美は大きく口を開けたが、言葉を紡げず、硬直してしまう。この異常な状況で、担任教師の胸を目にするのは、恐ろしく罪深い気がする。それなのに、あらわになった豊乳から目を離すことができない。白木先生の胸、大きくて、色白で、とてもきれいだわ。ああ、でも乳首少女らしい美しいものへの強いあこがれと同時に、担任教師の乳首がしこり立っているのを見つけてショックを受ける。
ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました
ヒロ君のオチンチン
フェラというと
未経験の泉美も、乳首が勃起する意味は知っていた。さらに喜四郎の両手の指が、左右の勃起肉筒を強くひねりあげる。あつひぃぃっ!い、いやあ、やめて、はあううう頭をのけぞらせて叫ぶ理紗の声を聞いて、泉美は困惑するしかない。悔しいのなら、なぜ、白木先生はそんな声を上げているの?それに、あんなに乳首をねじられて、痛くはないのかしら?理紗先生は頭でぼくを憎んでいる。でも理紗先生の身体は、ぼくの愛撫のテクニックを悦んでいるんだ。

 

チンポが刺さっている様子を黙って見つめていた

ひどいことをされるほど、身体が快楽を感じるように、ぼくが調教したからな。うそだわ!わたしは調教など、されていないわ·はぁっ、あっん理紗の抵抗の言葉は、すぐに喜四郎が乳首から掘り起こす悦楽に、いにかき消されてしまう。きれおぞましい男性教師の手で、美しい胸の形が激しく歪められる光景を、泉美は目を丸くして凝視しつづけた。調教って、どういう意味なの?なにをされたら、つらいことが気持ちよくなるというの?展美くん、よく見ているんだ。理紗先生が、憎んでいるぼくの手で、イッてしまう姿を見ろ!理紗のウエストから、スカートが引きずり下ろされた。
グロ画像~下着なため綺麗なカラダのラインが強調され何ともエロい~

大陰唇には濡れた恥毛が貼り付いている

ンティも、容赦なく足から抜かれる。ひいっ…。現れた純白のパ理紗と泉美は同時に短い悲鳴を上げ、同時に声を失った。羞恥心に貫かれて硬直する理紗の恥丘に、背後からまわった喜四郎の指がとりつき、秘唇を左右に広げられる。見ないで、桐野さん!理紗の悲痛な叫びが、泉美の鼓膜を打った。いけないと思っても、泉美は開かれた女教師の秘密の部分に目を奪われる。いや、魂を奪われている。きれい!白木先生、とてもきれいだわ。

下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり

挿入するなんて

なんだか体が熱く火照っているし、いる気がする。花蜜を滲ませる秘孔にはあの雄大な男根の感触が残ってでも、まさかね。美穂は口に出してそう言うと、改札へと向かう階段を駆け上がった。改札口を出た美穂は、夢の中とは違う街の様子になんとなくほっとした。してはいたが、夢の中ほど人通りが少なくはなかった。

お尻は許して
お尻は許して
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと


股間にやろうとしていた私の手も制して

締まった大きなホーデンを愛撫し続けました尻を上下左右に振りたてることでしか確かに街は閑散と。まあそうよね、夢の中と同じってことは無いわよね。美穂は独り言を呟くと、通りに沿って真っ直ぐ伸びる歩道を歩き始めた。美穂が立ち去った後、駅前の電話ボックスの扉が開いた。中からゆっくりと一人の男が出てくる。男はまだ九月だというのに黒いコートに身を包んでいた。男は歩み去る美穂の後姿を見つめると。お嬢さん、こんな夜更けに一人で歩いてちゃ危ないよ。

乳首を思い切り捻りあげられてついに屈服の声をあげてイッてしまう

バイブしながらクネクネと首を振りグルグル胴体が回転しました普通の未婚。しだが、ふとしたきっかけでSMの世界を覗いてしまった裕美。生まれて初めての鞭や蝋燭の熱さは辛いものでもあったのだが、どこか別世界へいざなってくれるような開放感に似たものがあり、気がした。終わった後には身体中の毒気が抜ける。SMプレイには、ノーマルなSEXにはない、なんともいえない不思議な魅力がぁ身体を拘束されること痛みや熱さを与えられること自由を奪われ無理やり与えられる強烈な快感。怖くもあるが、まるで麻薬のように身体の奥底から沸々と湧いてくるような欲求が裕美を苦しめた。こんな想いを解放してくれる人がほしい。誰でもいいわけではない。そこからいきり立った肉棒をひっぱりだした御主人様がほしいMに目覚めてしまった自分を丸ごと理解し、導いてくれる人が欲しかった。主人様を得るために、まず裕美はネットで出会い系SMサイトを探した。思った。よりもたくさんあった。会員制のサイトも多かったが、男性も女性も無料で利用できる。掲示板のあるサイトを選び登録してみた。し三六歳、東京都在住。経験浅く、まだMとしては未熟ですが、の世界を知りたいと思います。

エレクトしているペニスを取り出した

よろしくお願いします。もっとSMと自己紹介文を掲載した。ハンドルネームは。とした。それを見た。男性がメッセージを書くと、登録しておいたメールボックスに届くシステムになっている。翌朝メールボックスにアクセスしてみると、なんと六二通ものメールが届いていた。ことに驚いた。ひとり暮らしの裕美は帰宅してすぐにパソコンを開きサイトをチェックしてみるとさらに十人から届いていた。メッセージをチェックしたが、どれも似たり寄ったりで、これはと思う惹かれる文章はなかった。


ローションを塗った先生の持つ剃刀が当てがわれると怖くて身じろぎも出来ず

どうやって選んだらいいのかも解らないのでとりあえず遠方の人は除外し、年齢も極端に年上や年下の男性も除外し、十人ほどに絞った。その一人一人に丁寧にメッセージのお礼と少し詳しいプロフィールを添え、SMに対する考えなどを書いて送った。早い人はその日のうち、遅い人でも翌々日には全員からの返信があった。S男性って熱心なのね、一人に絞るまで大変な作業だ。わと溜息をつきながらも裕美は新たな出会いに想いを馳せた。丸みを帯びたラインはこの下着姿を誰かに披露するわけではないのだから