奴隷としたいと思います

奴隷メイドでした

バージンでも、女の秘裂は濡れる。それは熊川も知っている。それにしても、お汁の量が多すぎるのでは。あたし…あたし、あ、あ、いいーツ。気持ちいい。絽麻が声をしぼると、かくッと動きがとまった。オーガズムである。経験の浅い女体は、こんな簡単な刺激でもイッてしまうものらしい。光本絽麻は、熊川の腰の上にウマ乗りになったまま、荒い呼吸をしている。
下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり

  • エッチな声が出てしまうのも押さえ切れず
  • 尻の山を彼に向かって突き出した
  • 調教することひょいと眉を上げ

尻をグイと持ち上げたほんとうのエクスタシーとは言えないまでも、絽麻はクリットを熊川の肉棒にこすりつけて、満足を得たのだ。熊川の疑問は、さらに広がった。絽麻はバージンだというが、それにしては愛液の分泌が多すぎるのではないか。それに処女が、こんなにエクスタシーを感じるものなのか。熊川は眸をとじて、ぐったりしている絽麻をマットに寝かせ、身体を入れ替えた。高原医師の依頼で、熊川は絽麻にセックスのいろいろなことを体験させている。

 

乳首のしゃぶりをやめた片桐は

もし高原の注文がなければ、相手が処女であろうと、十七センチの肉棒を埋めこんでやるところである。絽麻は熊川に誘導されて、素直に太腿に大きな角度をもたせた。もっこりとヘアにおおわれた秘裂。興奮した絽麻の粘膜は血の色で、つやつやした陰毛の黒と好対照。こうやって眺めると、ヘアは陰毛にブッシュを形成しているだけでなく、大陰唇のふくらみをかくし会陰部までぐるりと生え揃っている。尻の双丘を分けると、しわを刻んだ肛門のまわりも、まばらに発毛している。
バイブレーションが始まって
股間に喰い込むように嵌まっていた真っ黒い革製のような分厚いフロントのパンツは
下半身を動かすことはできなかった
アンダーヘアの濃いのは、情熱的で気が強い性格だといわれる。レスリングで世界を目ざす少女にふさわしい、猛だけしい毛相だった。熊川はエレクトした武器を絽麻の溝にあてがった。腰を使って、上下させる。濡れたワレメは、熊川の亀の頭をはさみこみ、押し上げて行くとラビアやその外側の肉も左右に分かれる。熊川はひらひらが、一つになる急所を狙った。

 

夫とのセックスで知っている限界など

そして男根の裏側の紐の部分を、クリットにこすりつけた。あ、いいツ。絽麻の身体が、びくびくする。形のいい太腿に力が入っている。親指が反っているのがわかった。こうやって溝をこすってやると、また絽麻に軽いオーガズムがきた。熊川は、そこで感じている疑問を解明することにした。充血し、ぶどう酒色をした秘裂を左右に分ける。
クリトリスから身体の芯部に走り抜ける性電気に

大陰唇にはほとんど陰毛が生えていなかった

絽麻の可愛いワギナがむきだしになった。これでは、ほんとうに処女かどうかわからない。熊川はつぶやく。蜜壺の入り回は、ピンク色の肉襞。これが重なって、ホールをかくしている。熊川は人さし指を舐めて、ワギナにそろりと挿入した。処女膜が入り口をせばめているなら、絽麻はのけぞって疼痛を訴えるだろう。丿し熊川の指は、経血の通る穴を抜けるほど、直径が小さくはない。