膣に

わたしのマンコのなかに

た黒色のコートは一目で高級品とわかるもの。手に持つ伝言に入れられていたサイズよりは大セーターを押し上げている胸は、きく見える。乳首の突起がノーブラであることを示しているが、形も申し分ない。そしてその胸の隆起を際立たせているのが、腰の細さだった。コート、そこに置きなさい。ライティ、デスクの椅子を指す。
長い舌はクリトリスだけに固執していなかった

瑞花はすでに命令口調で、はじめまして。米倉はあえてソファに座ったままで女に言葉をかけた。植草加奈と申します。どうぞよろしくお願いします。コートを置いてしまった手をどうしたらよいのか一瞬戸惑うような仕草を見せたが、ぺこりと頭を下げた後、頭の後ろに持って行った。ノーブラは瑞花に命じられたのかな。いえ、初対面の方に初めておっぱいを見ていただくのにブラの痕などがあるのは失礼だと、他の方に貸し出される時などに前はきつく言われておりましたので。そうか。では早速脱いで見せてもらおうか。こういった時、普通の女はまず袖を片方ずつ抜いて、次に首を抜いてと意味もなく時間をかけるものだが、これも以前の男たちに教育を受けているのか、加奈はセーターを下からまくり上げ、即座に裏向きに首から抜い美乳やはり形がいいし、乳首、浮輪のバランスも申し分ない。

浩介が店に飾られていた女物の下着に圧倒されていたことに気づいていたよう


尻をバックから一気に貫いた

これでは本人が豊胸を申し渡されて戸惑い逃げ出したのも無理もない。それほど変わっていないと想像できるが、調教を受けてたのは二十代の頃であるからより美しい乳をしていたことだろう。ためらうことなく、スカートにも手をかけて足首から抜いた。薄ピンク色のパ。ティはつけていたが素足で、これも普段の習慣というよりは覚悟の現れなのだろう。無駄な贅肉のない脚は、三十代半ばと言う年齢を全く感じさせないものだった。
チンポ男が彩子の蜜壷からベトベトになった指を離し

ローションを付けて

加奈は一瞬米倉の方を見たが、ご覧になりますか。よし、見せてみろ。しかしすぐにパンティにも手をかけた。加奈は脱いだパ。ティを裏返し、性器に直接触れていたであろう、そこだけ白く二重になった部分を上になるよう折り畳んで、手を出した瑞花に渡した。まあ、すごい。瑞花は米倉に手渡す前にそれを鼻先に持って行った。お二人にお会いできて、奴隷にしていただけると考えただけで、とても恥ずかしいことになっていると自分でもわかります。


硬くなったペニスの向きを

乳首を立てているのか

ふたたび手を頭の後ろで組んだ加奈が、淫らな牝の匂いがいたしますわ。しっかりと瑞花を見て言った。ひざまず設定では瑞花も奴隷ということになっているので、そう言って米倉にそれを手渡した。跪いてうやうやし薄いピンク色のパッティの内側の白い部分は、確かに本人や瑞花の言う通りねっとりとした液で激しく濡れていた。どのようなご調教にも耐えられるよう努力致しますので、私をご主人様の奴隷にして下さい。瑞花様と先ほどお会いした瞬間にきちんと決心いたしました。
挿入をおねだりしてしまったのだ

挿入を遂げ


肉棒が現れて小陰唇が左右から

こんな美しい方を奴隷にされている方なら間違いないと。そして今、ご主人様の前で裸にさせていただいて、本当に涙まで出てしまいそうなくらい嬉しいです。加奈は一息に言った。どんな命令にも従うか。どのような厳しいご命令にも、どのような恥ずかしいことでも従います。もしご主人様や他の奴隷の方がご不満と思われることがありました。ら、どのような厳しいお仕置きでも喜んでお受けいたします。

  • わたしのマン汁を召しあがってくださいってな
  • 調教する…というパターンは映画などでもおなじみのため
  • チンポきてぇ