膣痙攣を心配しないといけないだろうとこの

俺も遂に我慢の限界に達し俺にまたがっている愛華のマンコのなかに精液をビュッ

牧野の目は、思わず家元を追った。そして、こちらが、その夫でございます。勢いよく、右手を牧野が縛り付けられている反対側に振り向けた。いつの間にかひっそりと控えていた松本が、ベビースポットを操作する。まぶしい光が当てられた瞬間、反対側にある。にかかっている。の幕が、サッと落とされる。リキさん。小さく、声を上げてしまった。肉体美の極致のような筋肉を剥き出しにした男が、やはり一糸まとわぬ姿で柱にくくりつけられていた。
今宵の夫婦エッチは

生け贄は、揃ったのだ。取らされた姿勢こそ同じだが、牧野へのものと違って、リキの戒めは厳重だ。首輪がはめられ、グルリと柱を回した鎖にくくりつけられている。手足を縛っているベルトも、牧野のものの倍はあろうかという太さと本数だ。しかも、よほど、きっちりとくくりつけられているらしく、逞しい筋肉が、時折、手足を動かそうとするが、びくともしない。かえって、己の力そのもののせいで、柱にこすれたヒフからは、あちこち血がにじみ始めて。

本気でいやがっているよ二人ともアナルは初めての経験だった


ぬたつく膣襞が肉筒を苛烈にこすり上げるあぁ

本当に、リキさん、だよ…な。信じたくないその筋肉美の持ち主には、鼻と口だけが開いた全頭マスクが被せられていたが、見れば見る。ほどに、その巨躯は、家元の言葉通りリキだとしか思えない。えぇ、みなさま、これなるは、男ちから、とか申しまして、警視庁の下っ端の刑事をやっております下賤な者でございます。あちこちから、ほーっという声が漏れていた。男同士でも、いや、男同士だからこそ、目の前に出現した筋肉が発揮するであろう恐るべき野獣のような力を想像してしまうのだ。
ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました

あなたのチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れてオマンコしてくださいってな

そして、その。をも、いたぶれる権力が自分にあることを思い出して、男達はさらにニヤリとする仕掛けというわけだ。皆様のご尊顔を拝見する栄誉など、こんな者にはありませんので、このマスクで視界を奪っております。つまり、男達の顔は見えないと言うことだ。刑事という仕事をしていた者に顔が見られると心配になる小心者に配慮した、行き届いた家元の。もてなし。だった。実際、そのおかげで落ち着いた者も密かに多かったのだ。さて、と、それでは、和花。立ちなさい。突然妻の名前が呼ばれて、忘れていようとした存在に、心臓が鷲掴みにされた。


スカート1枚の尻を撫でられた気もしたが

残滓の付着したペニスをねぶりあげられると

牧野の目には幽鬼のようにふらりと立ち上がったように見える。立ち上がった途端、ふらりとよろめいた瞬間、牧野はおもわず、動こうとして、後ろに引っ張られている両腕が肩から外れそうな激痛が走った。さあ、和花、久しぶりに会った夫の前で、あなたは、裸ん坊で座ったまま、告白なさい。何をしていたのか気をつけの姿勢のまま、家元をぼんやりした目で見つめている和花は、一瞬、息を呑むかのように、背中をヒクリとさせた。の震える声が、男達の間に静かに響いた。オナニーをしておりました!牧野は叫んでいた。
肉棒に絡みついてくるたっぷり圭介は暗がりの中で仰け反った

処女を喪失したばかりの彼女が


セックスを野外で晒してしまおうと言う試みだ

ありえない。おそらく脅かされているのだろう。まるで、そこに牧野がいないかのごとく振る舞うのもわかる。裸でいさせられるのも、強制されたのだろう。それもわかる。しかし、和花の恥ずかしい言葉には、拒絶の色が少しも見えなかったのだ。わずかに、背中がヒクリとしたのが、ためらいと言えばためらいと言えるかも知れないが夫の目の前で、男達に裸体を曝したあげく、そんなことが言えるなんて。

  • たくましいペニスをいきり立たせていた
  • 今や乳首をかろうじて隠してくれるほどしかかかってない
  • お尻をぶたれて気をやり