年上の熟女

お尻にあてた

子宮底に噴射された
エッチな奥さんの手に任せるよりない

それでい。今度は、お彼女は心持尻を浮かすと、彼の顎を擦る様にして、とり湿った尻割れを露出させた。尻の方からパンティをずらし、そのじっ太腿に絡むパンテイの上縁部からはみ出した陰毛が、東山の鼻から額をくすぐる。両手で尻丘を押し開く様にしながら、彼女は茶色の蕾を、男の唇にじわりと押し付けた。括約筋に力を込めると、彼の唇の上で蕾が開き、糞滓に塗れたピンク色の粘膜が外側にはじける。それは女の口唇に似て、ねっとりと、彼の唇に貼り付いた。

あゆみのオマンコに誰かオチンポを入れて下さい~

ただ、甘いセクシーな唾液と異なり、女のゆっくりした尻の揺れに伴なって、苦い排泄物の糊が彼の口中に擦り込まれる。舐めるんだよ!彼は反射的に慌て、舌を出すと、に舐めた。彼の唇の上でぐっと重みを増して圧迫してくる粘膜を懸命渋味のある苦さが口中に広がり、無念さが胸一杯に込み上げる。女は、ぐっと体重を彼の顔面に預け、完膚無いまで男の唇と舌を蹂躙し、征服した。十分も経ったであろうか東山にとって、一時間にも相当する、長い屈辱の経験であった。

乳首が固まり乳房がパンパ

漸く尻を上げたメリー·ホプキンスの、勝ち誇った顔をかい間見ながら、身を起し、惨めな気持で、スゴスゴと部屋を出た東山は、永井敬子に呼ばれて立ち止まる。彼女は、四角く切った大きなベニヤ板の両端に紐を付け、彼の首に掛ける。東山の胸一杯に広がるその板の表面には、れている。紙が貼られ、太いマジックペンで大きく字が書かそれはメリー·ホプキンス部長にお尻の穴を舐めさせられました。私はたった今、と読めた。いこと。社内の全部の課を回って、その文章を皆に見てもらうのよ。生恥をかいてらっしゃい!…あ、それからね。奴隷なのですから

武彦が濡れた花園をくちゅくちゅと愛撫しはじめる

お前はこれから毎朝、こ人来て部長に今の:そして、たっぷり永井敬子の残酷な宣言に、ショックを受けた東山の顔が歪む。しかし、女達に連日嬲り抜かれた彼には、最早、反抗する気力も残っていなかった。よろめく足を踏みしめながら、隣りの課の通路を歩く。途端に、女の子達から反響があった。あれ見て!お尻舐めたんですって?ブーツ。一寸、顔を良く見せて御覧ヘーツ、お前、良く平気で恥を曝せるわね。

女性のアソコを生で見たことあるの
胸の先端から送り込ま子宮を直撃して

乳首を尖らせてイッたよな

それまではオナニーも知らなかった童貞少年の臭いが泌み込んだのね、きっと。素っ頓狂な声を上げる者、思わず噴き出す者、軽蔑の言葉を掛ける者、そして嘲笑を浴びせる者それぞれ反応は異なるもの。彼が皆に軽蔑され、笑いものにされたことは確かだっ翌日から毎朝、日課の様に、板を首に掛けて各課を回る東山の姿があった。勿論、メリー·ホプキンス部長からは、朝一番に尻に敷かれるのである。朝のトイレを済ませた後の尻臭は、鼻が曲る程強烈だったし、彼の舌に備えて、わざとよく彼を悲哀の極に駈り立てたの拭いてない局所には、いつもねっとりとした糊が付着していて、六--六1ヶ月が過ぎる頃には、女子社員達の東山に対する態度には、あけすけの蔑みと侮りが日常のものとなって来る。トン!そんなところでボンヤリしてないで、こ。

お尻高くあげるのよ

へ来て私達の椅子になりなさい。昼休みの屋上で、ラケットボールに興ずる女子社員達を眺めていた東山に、観戦組から声が掛かる。コートサイドの言われるまに、彼女等の足元で四つ這いになった彼の背に、女達が肩を組みながら腰を掛暫くすると女達の体重が、を引き起す。四つ這いの姿勢を支える彼の両腕に、じわじわと痺れに似た苦痛遂に耐え切れなくなって、頭から崩れ、地面にへたった。危ないじゃないの!-わ、初めから腹這いに地面に寝なさい。長々と地面にうつ伏せになった男の身体の上に、さあ、女達は次々と腰を下す。