下着はスケスケだよくあつー高校時代なら鼻血を出していたかも知れない

アナルを犯してから

客の男にフェラチオして
尻を後ろにうんと突き出しながらも

ホンのわずか唇が触れ合っただけですけど、彼の温もりが伝わって来てこれまでにない幸せなキスでした。ああ!あなたが欲しいの。お願い、襲ってよ、正ちゃん--とうとう私は激情に任せて、彼の手を取りスカートの中を触らせると言う暴挙に出ていました。私がショーツを濡らしてるのがわかれば、正ちゃんが襲ってくれるんじゃないかと思ったのです。もちろん彼が理性を失ってしまったら、喜んでバージンを捧げるつもりでした。やっぱり正ちゃんはだけど異常に欲情して見境がなくなった私と違い、冷静でした。

バイブを離す事も出来なかったんです

駄目だよ、こんな所で。ごめんなさい。確かに人通りのない夜道と言っても街中なのです。誰に見られてるかわかりません。諫めてくれた彼に素直に謝った私ですが、やはりまともではなかったんでしょう。正ちゃんの次の言葉が、あまりにも衝撃的に聞こえてしまいました。明日からはもう会わない事にしよう。えっ、どうして!?ち、ちょっと千寿ちゃん!何か勘違いしてるんじゃない?、うウソ…。

オナニーを覚えたばかりらしいのだ

私は正ちゃんの言葉の真意が掴めず、いきなり別れを切り出されたように感じて、子供のようにしゃがみ込むとメソメソ泣いていたんです。あのさ、実習の間は、って事だよ。ホラ、やっぱバレるとヤバイしさ。気を散らさないで、実習に打ち込もうよ。11週間長過ぎ。しょーがないな。じゃさ、週末はデートしていい事にしよう。千寿ちゃんが一週間真面目に頑張ったら、どこでも好きな所に連れてったげるよ。ホントにい?じゃあ見つかんないように遠出して、海行こ、海!セックスレスになって久しい

マチュアは舞の尻を昍いた

ははは、今泣いたカラスがもう笑ったな。遠くの海に連れてったげるから千寿ちゃんのハイレグビキニ、期待してるよ。コラー調子に乗るな。結局私のとんでもない勘違いだった事がわかり和やかに別れたのですが家に帰っても体のモヤモヤは晴れてはくれません。家族の目を盗むように早々と自室にこもり、ベッドの上で指を使ってしまいました。今度は学習してたので枕を口に噛み、エッチな声を押し殺します。大好きな正ちゃんを思い浮かべながら敏感なしこりを下着越しに指で擦り上げると、頭の中が真っ白になるくらい強烈に感じてしまい、まもなく訪れた。

チンポ汁が出てるでしょ
男が指示どおりに膣内を指で攪拌しはじめる

処女のままにされてるだけってことですね

下半身だけでなく絶頂にビクビク体を慄わせるとショーツが冷たく濡れていました。どうやら恥ずかしい事に私は。と同時にエッチなお汁が沢山洩れてしまう体質のようです。乳首はともかく、股間の感じ易い部分を直に触る事はまだ怖くて出来ませんでしたが、それでも十分過ぎる快感で私は夢中になってしまい、何度もイッてしまってショーツの替えが足らなくなりそうでし正ちゃんにはおあずけを喰らってしまいましたが、きっと海に行った時に襲ってくれるのではないでしょうか。そう思うとワクワクした私は、ますますはしたないオナニーに熱がこもります。とめどなくエッチなお汁を出してしまうアソコの奥がざわめいて、正ちゃんを、いやもっとダイタンに言ってしまうと正ちゃんのおちんちんを狂おしく求めているのをハッキリ自覚してしまいました。

クリトリスではいっぱいイッたことあるんだよね

こうして私はこの夜、初めて正ちゃんと結ばれるであろう時の事を想像しながら、彼に抱かれる期待で処女なのに欲情してしまった体を繰り返し指で慰めて、いつしか心地良い疲労と共に眠りについたのでした。香水昨夜オナニー三昧に耽ってしまい、生まれて初めてだった絶頂を何度も味わったおかげか、翌朝目覚めた時あの狂おしい欲情はあらかたなくなっていました。だけどそう思ったのは錯覚だったのです。朝一番でトイレを使った時まだ自分の体がまともじゃない事に気付いてしまった私は慄然としてしまいました。オシッコをするのが妙に気持ち良く、後始末してるとほとんどオナニーしてるのと変わらない快感が突き上げて来たのです。11六馮だ、駄目ぇ綺麗にしないわけにはいかず、恐る恐るアソコを拭いてる間に鋭敏なクリトリスにうっかり触れてしまうと、スイッチが入ってしまいました。