ペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した

あゆみはあ彼のお友達のチンポでおまんこが気持ちよくなっていますぅぅ..

だけです。なぜなら私には帰る家がないのです。自分より-0歳も上のとび職の男性と結婚する事に私の両親は猛反対で、家を飛び出して駆け落ち同然に結婚してしまったのです。それ以来まだ一度も実家には帰っていません。今帰っても、それ見た事か、となって雅之さんと離婚させられるだ。けの事でしょう。荷造りしている内に少し冷静になって考えた私は、本当に出て行くかどうかためらいを覚えました。

調教される様子を見てみたい
調教される様子を見てみたい
成熟した人妻のボディは逆に淫らな反応を示し
成熟した人妻のボディは逆に淫らな反応を示し


膣の入口や襞々を器用に指は粘りのある愛液で早くもベトベトだった

痴女たちの逆エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから雅之さんが嫌いになったわけではありません。お母さんに夜の事を話すだなんて許せませんが、それだってお母さんがそう言っただけで、私を追い出すため仕組んで言ったのかも知れないのです。何よりマザコンであっても、雅之さんの経済力は大きな魅力です。お母さん。の存在をのぞけば、今時専業主婦で何不自由のない生活を送る事の出来る妻の座と言うのは、とても得難いもののはずなのです。高卒で何の取り柄もない私にとっては。玉の輿。

小さなクリトリスを本格的に弄り始めるクリトリスも

勃起していた光太郎のモノがの感情に任せて捨ててしまっていいのでしょうか~のような結婚を、一時この小汚いブラとパンツを持って、何やってんだい!行き!とっとと出ておしかし迷っていた私の背中を押すような、お母さん。の下着を放り投げて寄越した仕打ちは決定的でした。の言葉と洗濯物。まあまあ、美咲さん、てみてはどうですかの。よく考えなさい。雅之が帰ってから、よく話をしいよいよ私が出て行く時に、お父さん。が冷静にそう声を掛けてくれましたが、キッと睨み付けた。乳首の色とかマン毛の生え具合とかお母さん。にもう耐えられない気持ちになった私は、男家の大きな屋敷を後にするよりなかったのです。さて家を出たものの、行くあてがなくて困った私は、一番仲の良い高校時代からの友人が1人暮らしをしているアパートに転がり込みました。彼女も私と同じように高卒でフリーターをしているのです。一緒に働いていたこともあるのですが、彼女は私を見てビックリしていました。もちろん駆け落ちして嫁いで行った家を出て来た、と言うこともですが、私がその時着ていた服が驚きだったようです。

尻穴に性器にも劣らない性感帯が存在するのは常識である

結婚する前の私もそうだったのですが、彼女は洗いざらしのジーパンにラフなシャツと言う格好で、髪の毛はボサボサ、狭い部屋の中は散らかっていました。それに対してその時私が着ていたのは、私の年齢では不釣り合いなブラソド物の服装です。こんな所に座ったら汚れるんじゃないか、と友人が心配してくれたくらい高級なファッションの私は、雅之さんの妻の座の有り難みを考え直さないではいられませんでした。事情を話すと、友人もやはり考え直しなよ、とアドバイスしてくれました。そうこうしていると、雅之さんが使っている元不良の男の子達が2人この場所を探し当ててやって来ました。


毎日のようにオナニーはしているが

雅之さんの事を。と呼んでいる彼らは、話をしたいから頭領が帰って来て下さい、と言ってます、と何やら贈り物の包みと一緒に伝言を伝えて来たのです。包みの中には、私がこの前欲しがったジュエリーが入っていました。大いに羨ましがる友人にも強く薦められて、結局私は一晩で又男家に戻る事にしたのですがそこにあまりにも悲惨な運命が待ちかまえていようとは思いも寄らぬ事でした。次の日の夜、帰って行った男家の20畳はあろうかと言う大きな床の間で、私は家族会議に掛けられていました。いえ、正確には会議に掛けられたのは雅之さんです。男性が下着を脱ぐように

セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

ジンジンと痛む股間を抑えながら

志摩子は腰を反らせるだけ反らして、自慢のヒップをこれ見よがしに貢の方に突き出した。ピン立ちの肉棒に恥部剥き出しのパ。ティのスリットを押し当てる。ああっ、僕のオチ。チンがあ。そう、あなたのチンポが今から、ズボッと入るのよ。志摩子先生のオマンコに。沙貴が貢の恥毛を指先でさらさらと触りながら、あう、貢クンのチン先がくっついたわ。眼を合わせてくる。ヌニュッ、グチュ、ズルッ。
年上の熟女

志摩子が尻を盛んに上下動させて、貢のペニスに擦りつけてくる。あ、そんな、あっ、あひ、あうああ…そんな卑猥なやり方をされたら、シャイな包茎棒はさらにさらに勃起してしまう。思いきり入れて頂戴!ブリブリ張った亀頭が志摩子のマンコ穴に入ると、をして貢を振り返り、挿入を促した。志摩子は上気した顔貢は志摩子のどっしりとした腰を両手で抱え、肉棒のポジションを定め最早何も脳裡には浮かばず、腰を志摩子の臀部へドンと突き出した。はううーっ、貢クンがお、奥まできたわ。もっときて考チンポきてぇ!志摩子はセックス狂いの淫語を連発し、膣圧で貢のペニスを搾り抜く貢はその言葉に煽られて、腰を突き出した。

人妻の性的経験の乏しさを物語るようで


押しこまれたのはバイブレーターだった

勃起したペニスは、陰毛のところまで膣内に埋没した。強い膣圧の中をしゃにむに突き進む。ズンギュッ。ズボッ、ズン、ズソッ。力任せに子宮口を突いて犯した。両手でしっかり志摩子の尻肉を掴み、腰を精いっぱいの力でくり返し突き出した。貢の亀頭が子宮口に入り込む。子宮に、き、きたわ…イググ、イグウウはうつ、イ、イク、イクッ:イクウウウーツ志摩子はこってり脂肉のついた雌腰を振り続け、みるみるアクメに達し貢も限界を超えた快感で、ついに熱液発射の瞬間を迎えた。ああっせ、先生の中に、出ちやう!充血しきったペニスが、ドックンと、脈打ちを開始した。
ペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した

クリトリスをつままれたら

熱い白濁液のマグマが、カテーテルが抜けたあとのヒリヒリした尿道内を勢いよく上昇していく。先生のオマンコに出すのよ!沙貴が貢の尻を平手で叩いた。イ、イッ、イクウツー僕、出るう!ペニスに強烈な快感の脈打ちが始まった。赤い尿道口が開いて、熱液を射精した。志摩子の胎内にいくらでも飛び出していく。貢の亀頭は子宮口に闖入していた。ねっとり感の強い精液を女医の子宮内に直接射精した。


お尻なんてキュンとしてちっさくて引き締まってて

刺戟的な下着をつけた下半身がむき出しになっていた

先生、中に出ましたか、貢クンの精液?沙貴がまだ射精されているところだというのに、あけすけに聞いた。精液が中にし、子宮に、きたわーひぃーっ、イ·イクウアアアアアアーツ!志摩子は口から淫らなアクメの声を奏で、鳥肌立てて絶頂に達した。あうわああっ、オマンコに、出る、出るう!うソはぁああっクツ、イクウウウックウツー-イ貢は熟した膣肉で強烈に締めつけられながら、射精しまくった。天国の快感が腰肉に染み込んで、わななき、イキつつまだ腰を突き出す。石のように硬くなったチンポをズボッと、女医の雌性器にぶち込んで射精した。
騎乗位で

にっこり笑った人妻は


子宮に直接

あうー、子宮にいっぱい出されたわ。子宮の中に、貢クンの精液がドピュッと…ですね?沙貴はまるで志摩子のアクメを見て楽しみ、悦ばせようとするかのよう。かつ志摩子に卑猥に言ってブルッ、ブルブルッ。オマンコに貢のペニスが刺さったまま、大きな臀部を震わせる志摩子。これまでの貢に対するS性とは対極にあるマゾとしての絶頂感の中で、生殖器の括約筋が射精した包茎棒を締めつけている。あう、あ、あぁああー。喘ぎ声を漏らし、女医の体内にペニスを入れたまま収束していく貢。

  • 下着を
  • 尻をトレイが乗ったワゴンに向けた
  • 蠕動に膣の奥がかきまわされる

バイブを自分で遣ってね

あの恥ずかしいオーガズムを思い出してしまう

菜津希はなにがしたいんだよ。セックス?強烈なパンチです。私は無言で立ち去りました。彼も追いかけてはきません。返事なんてできませんあの写真を持っている限り、反抗できないとわかっているから…。ムカツクのです、開人の言い方が。おれと付き合え。セックスしようぜ。と言うなら、まだし私が彼の女だなんて知られたくないし。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

い暗いヤツです。待てよ。とりあえずました。もう逃げられない感じです。おれは菜津希を止めないよ。やりたいことがあるんだろ。もちろん、それでも反発したとは思います。好きでもないし。みんなに開人はちょっと不気味だしブサイクだし。なにを考えているかわからな追いかけてきました。

硬くなっていくペニスを


後ろ手に縛られ防ぎようもなく敏感な乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞りだ

悔しいけど、拒否できません。お互いにLINEでつながることになりその夜開人はメッセージを送ってきました。やればいいじゃん。ただし、おれに断ってやるんだ。みんなにバラ撒く。わかった?約束を破ったら写真をやっぱり脅迫なんだ。がっかりですが、少しはホッとしている自分がいました。あんなヤツ、怖くない。親が派手なマスコミ系でも、ないし、彼が好きだという女子に合ったこともない。
調教を生業にして来た俺ですら見惚れてしまい

調教を重ねる必要があるだろう

なっていません。つきあったりはしないけど、いいですか誰も彼をウワサしそもそも話題に返事をしました。開人とラブラブ、なんてぜったいにウワサにも出てほしくないのです。いいよ。実はおれもおまえは彼女という意味じゃ好みじゃないんだ。思わず心で悲鳴を上げます。いくらなんでも、ひどい言葉です。好み嫌な男で付き合いたくもないけど、いきなりフラれていじゃないへこみます。


オッパイをモミモミするのは

胎内のペニスは大きな引き攣れを起こして

だけど、おまえは写真うつりがいいしさ。本性はわかっちゃつたんだからね。ドスケベな菜津花おまえはこれからなんでもおれの許可を受けるんだ。いいね。おれの被写体として言うことをきくんだぜ。なんて屈折した野郎でしょうか。はい、わかりました。じゃ、きょうはもう寝ていいですか?いいだろう。忘れるなよ。約束を破るな。
年上の熟女

ヴァギナを捉えて指を挿入してきました


エッチしたがらない恭子さん

親指を下に向けたスタンプを送ってやろうかと思いましたが、ず、あたりさわりなくしておきました。とりあえ翌日眠れなかったのです。ベンチでの快楽が中途半端で終わった悔しさが残っているのに、開人という予想もしていなかった邪魔者が現れて、つきまとうつもりらしいから。なんて面倒なんだろう。嫌になっちゃうなあ。それも好きでもない私をただ被写体としてだけ扱うなんて、すし、悔しすぎます。今日も公園を走るのか?失礼すぎま彼からのメッセージに返事をしないまま学校に着きました。

  • デカチンなんすよねえ…
  • セックスをするなんて
  • スラックスの中のペニスが

肉棒に絡みついてくるたっぷり圭介は暗がりの中で仰け反った

ペニスの上に跨がって腰を下ろし繋がった姉さんは

牧野が言っていたことを思い出していた。命令を聞かなければ死を選ぶしかないのだ。飛ばしたり、石松も、女達は、つまり、石松とリキが死ぬか、女達が死ぬかしかないということだ。首に掛かった手を外しながら、石松は、進退窮まる。その時、リキが叫んだ。こー、よん、ろくだ。石松さん!石松はリキが叫んだ言葉の意味が読み取れない。

奴隷のこの大きくて恥ずかしいおっばいと性器を間近でお見せしながら
奴隷のこの大きくて恥ずかしいおっばいと性器を間近でお見せしながら
佐伯がどんな美人患者をレイプしようと涼しい表情をしていたもだが洋子は
佐伯がどんな美人患者をレイプしようと涼しい表情をしていたもだが洋子は


股間から顔をあげ

村上の肉棒と別れ難い思いが走ったクリトリスから身体の芯部に走り抜ける性電気に思わずリキの方を見た瞬間だった。女達の手を懸命に防いでいたリキの手が、ぐったりと降りたのだ。男君!おおむらああ!!叫んだ瞬間、降りた手の先で、親指と人差し指が曲がったのを見る。OKサイン?その瞬間、石松は理解した。246か。刑法246条とは、すなわち詐欺罪刑事にはお馴染み過ぎる法律だ。とっさに、リキが。すなわち。と言ったのだと石松にもはっきりとわかった。

デカチンをストロークさせて来ると

湧き出る愛液で下着が濡れてくるほどでした女達に、リキと石松を殺せと、命令が出た。命令を聞かなければ、ない。それなら、女達に、自分を。殺させて。やるしかない。殺して。しまえば、女達は元に戻る。女達は死ななければならとなれば、すなわち、偽計の死しかないことになる。さとった、石松は、両腕からとっさに力を抜く幸い、婦警達は、石松達を取り巻いている。仮に、窒息したとしても、すぐに蘇生をしてもらえるはずなのだ。マンコ料理なら任せてクビに容赦のない力が加わる。頸動脈ごと締め付けられて、急速に石松の視覚に黒い幕が下りてくる。女達の向こうで、必死になって、引きはがそうとする婦警達の顔がちらりと映った。婦警達も必死なのだ。懸命な力を発揮して、婦警は、石松の後ろの女を引きはがすに成功していた。しかし、他の女達の手は、少しもゆるまない。マウス·ツー·マウスならグチに、やってもらうより、こっちのねーちゃんの方が…。

こいつは完璧に肉奴隷に向いた女だぜ……

ふと、そんなことを浮かべながら、石松の意識が落ちようとしたとき、混濁しかけた意識の端っこで、背中に激痛が走った。まるで、焼けた鉄の棒を背中に突き立てられたような感覚に、一気に意識が戻ってくる。さっき超人的な力を発揮して、女を引きはがした婦警が悲鳴を上げていた。刺されたの、か…。その時、初めて、なぜ、とっさに襲いかかってきたのが5人だけだったのか、意味がつかめいきなり襲いかかってこなかった女達は、おそらく刃物をとりに行ったのだろう。やはり慣れないことはいかんな刑事がペテンをはたらくのは、一度だけで十分ってこった。


ヒクリとうごめいてしまうのは仕方がないのか腰をスッと尻の真菜の苦悩を嘲笑うように

首に掛かっている手の力は、まだ少しも緩まない。また、悲鳴が上がった。意識が遠のいた一瞬、脳の中心がフラッシュバックを起こす。目の前の光景。石松は、リキの背中にも、女が包丁を突き立てている姿をハッキリと見ていた。死ぬなよぉ。おめえさんは、死ぬな。死んじゃダメだ、死ぬなよ。まわりがひどく静かになった気がした。猛烈な寒さが、石松を襲う。オナニー解禁に合わせて送られたこのお道具を

尻を上下左右に振りたてることでしか

肛門の中までたっぷりと塗りこみました

それを真似た形で、調教の一環として取り入れているわけだ。全員がそのやり方に、既に充分馴らされているというのが見ていてよくわかる。ひとつドバイの設備と違うのは、起きはしないということだろう。例え動きを止めたところで直接は何もドバイでは動きを止めた瞬間に、電流が流れて女の性器内部を感電させる仕組みになっていたのだ。したがって一旦スタートしてその。のた。めのスイッチを入れられたが最後、許可が出て電流のスイッチを切って貰うまで、腰を振り性器への出し入れを続けなければならないという、もっとも過酷な調教のひとつだった。
オマンコに黒電マを押し当てられて

ここではそんなペナルティはないのだが、それでも女達は背中を見せた。ままで、尻を上げ下げし続けている。外れました、オッケーです。先ほどテーブルの下に潜った女が出てきてそう言った。そうよね、あの様子ではディルドー抜いた瞬間に噴き出しちゃうもんね。隣の乃里子が独り言のように言う。テーブルから生えているように見える擬似男根は、ネジか何かで固定してあり、その女はそれを潜り込んで外してきたらしい。

お尻から聞こえて来るのと同じ音で動き始めた


奴隷の身体検査である以上は

もちろん女優の分だ。トイレに連れて行くにせよ、公開で排便させるにせよ、その瞬間まではもう彼女の肛門に埋まったそれを抜いてしまうわけにはいかぬということだろうそれほどの限界まで我慢している様子だし、抜いた瞬間に自らの意志と括約筋だけで漏らさぬように締め付けるというのは、そもそも栓に使った。それが太すぎるため、到底不可能なのだ。太いところで、直径八センチあるからねえ。普通の女の子なら後ろどころか前の穴にだって入れるの一苦労ですから。沙織はため息でも漏らさぬばかりだ。ステージではリサがテーブルの手前を通って、ひとりだけ客席側を向いて擬似男根に跨っている女優の前まで来た。それ、手で押さえて自分で立ち上がれるかしら。
年上の熟女

中心にあてがった亀頭を

小さく頷き右手を擬似男根の根元に持って行った。角川ともみは、だがそこで小さな声をあげて、僅かによろめくと左手を床につく。暫くしゃがんだままで居たわけだから、ただでさえすんなりは立ち上がれないところ、薬液が限界まで彼女の便意を高めていて、なかなか急には動けないのだ。例のふたりの大男が再び舞台袖からあらわれ、リサの横に立つ。この男たちに台から下ろしてもらうにせよ、彼女は数歩は自分の力で前に出てこなければならない。


ペニスが露出した

大木に丸出しの下半身を見られ

ともみはようやくよろよろと立ち上がったが、へっぴり腰だ。おトイレまで行けそう太ももを擦り合わせてのようやく目の前まで来た女優にリサが聞いたが、ともみは首を横に振り。ココで見ていただきます。か細い声でそう答える。トイレといったところで、女性が個室には用意されてこのラウンジ階のフロアには、ひとりで閉じこもって用を足せるいわゆる普通の。トイレ。ここで出すにせよ、元々観賞用に区切られて便器だけはあるというところで出すにせよ、見られながらさせられることにはかわりがない以上はともみの答えは妥当かもしれなかった。
バイブを自分で遣ってね

達してしまいそうな素晴らしい感触のペニス-


肉棒を迎え撃つように

乃里子も彼女の気持ちを察したのだろうが。誰も見に行かないかもしれないじゃないの。と、笑いを含んだ声で呟く。ふたりの女が、重たそうにガラスの箱を運んできた。巨大な四角い金魚鉢だ。男たちがともみをテーブルから下ろし、その金魚鉢に後ろ向きに足を開かせ跨がらせる。巨大ディルドーが相当深く女優の肛門に埋まっているのが、跨ったともみの体を男たちが前倒しにしたためはっきりと見て取れた。その根元はともみの右手が、まだしっかりと押さえていたが、その手はプルプルと小刻みに震えていた。

  • その途端に子宮浴室を出た鮎子は
  • 尻を乗せても
  • クリトリスを責めているふたりの手首に持って行き

ペニスを胸の谷間にサンドイッチし

挿入しようと思えば

--嘘ばっかり。れにしちゃえだけど、こんな水着やっぱり恥ずかしいな。でも…こ実際に着用してみると、とんでもないデザインだと思いました。胸の方は小さ過ぎておっぱいが半分くらいハミ出しています。そして下の方は超過激なハイレグで、陰毛をツルツに剃られてなかったらとても着る事は出来なかったでしょう。でも、ふと正ちゃんを見ると、大いに慌てふためきながら私の恥ずかし過ぎる極小水着にエッチな視線を送って来ていました。
奴隷としたいと思います

  • パンストを通さらに股間に分け入ろうとする手を
  • 深い光を湛えて現れる彩子の尻をヒョイと撫でて
  • アナルファックというのをやってみませんか

拘束されていたなんだかソワソワと落ち着かないのは、股間が逞しくなってしまいそれを隠すためなのも丸わかり。店内のお客さん達からも一斉に視線が集まって来てましたが、彼氏を悩殺して初めてのエッチに持ち込まねばならない私は、大胆な決断を下しちゃいました。この水着のサインが届かず襲って来ないようなら男じゃありません。町田先生に処女を破られ濃厚な性戯に耽っていた私は、いつの間にかこんなエッチな思考をしてしまう。はしたない女の子になっていました。さて意を決して露出過多な水着を買ってしまった私でしたが、ビーチではすぐに妙なムードになっちゃいました。

 

テラテラした亀頭部を剥きだしていきりたっている

何しろ私の嫌らし過ぎる格好は皆の注目の的になってしまい、正ちゃんと一緒にビーチボールで遊んでても、それとなく見物の人だかりが出来ていました。やはり私にはサイズが小さ過ぎたみたいで、おっぱいは半分露わになっちゃってるし、下半身だって半端なく喰い込みまくりだったんですから。人目を避けて岩場で休んでる時、私の方から積極的に正ちゃんの唇を奪っちゃいました。そしてその時、彼の手を私の恥ずかしい水着の上にやったんですけど、正ちゃんは恥ずかしがってその場では襲ってくれません。結局家族で借りる事の出来る海の家の一室を借り切り、周囲を気にしながら体を合わせる事になりました。
さっきよりも強いオーガズムが訪れそうな気配があった
がったような乳首に指を置いて
子宮の中
簡単な間仕切りがあるとは言え、す。く外で沢山の人達の歓声が聞こえて来るんですから、スリル満点です。でもこのチャンスを逃すわけにはいかない私は必死でしたし、正ちゃんにもちゃんと伝わったようでした。お互い水着を脱がずに唇を合わせましたが、その時点でもう大興奮。とても幸せな気持ちに包まれ、町田先生との行為で味わった歓びが偽りに過ぎなかった事を思い知らされました。そう、あの狂乱は匂い中毒によるまやかしだったんです。

 

拘束している間

正ちゃんと言う愛する男性に抱かれる究極の歓びに比べるべくもないに決まってるじゃないですか。情熱的なキスを続けている間に、私は感激のあまり舌を正ちゃんの口に差し入れていました。それは町田先生に教えられてしまったテクニックでしたが、恐らく経験がなかったんでしょう。彼の体がビクンと驚いたように反応して、私のイタズラ心に火が点きました。こんな嫌らしいキスは初めて?うふふ、今日は私があなたを襲ってあげる。
無料アダルト動画

膣内に舌を尖らせて突っ込んでみるが

唇を合わせ舌を挿入して口を吸いながら、いつの間にか積極的に正ちゃんの上になってた私は、ごく自然に彼の水着の上から股間をまさぐっていました。するともちろんパンパンに張り切らせてたので、嬉しくなった私はパンツの中に手を入れると同時に、もう片手で彼の手をお乳とアソコに導いてあげました。正ちゃんの手が大事な部分に触れるだけで幸せな興奮に包まれる私は、すっかり硬くなってたペニスを愛おしく握り締めるとしばらく火のように熱くドクドクと脈動してるソレの感触を味わいます。遠慮がちだった彼の手も私の水着の中に侵入を始め、興奮がいやましに高まって来ました。正ちゃん、私にご奉仕させて。千寿ちゃん!駄目だよ、そんな汚い所…。

ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました

真っ白なザーメンが勢いよく飛びだしていく

セックスにはムードが大切なの
点のじゅぼじゅぼフェラを再開する

普段は指をくわえてみているしかない女たちを自由にできるのだ。待ちかねていることだろう。高い給料以上に、こういう役得が、犯罪まがいのことをしているとうすうす知っていても、高い忠誠心を発揮させる源となっているのを、家元はよく知っているのだ。ただし、それを率いる松本は少々おもしろくない。家元は、緒方を指定して残したのだ。最近、お気に入りが徐々に、緒方に移りつつある気がするのを敏感に感じ取っている。また、緒方自身も、それをそこはかとなく感じているのか折に触れて、この頃はそんな態度を出すようになっていた。

ペニスに手をところが美沙さんは動じず

自分の方が先輩だし、最も忠実な部下を自負する以上、自分が指名されるべきなのだ。しかし、一度命じられた以上、逆らうことなど思いも寄らなぃ。緒方の他に、離れに残ったのは、まだ深い秘密を知らずにいる男弟子が五人。家元の目を離れて、女達と自由にやることはできないが。新鮮な。人妻のおこぼれに預かるのを楽しみにしている。

乳輪も乳首も小さくて最高でした

今、視覚も聴覚も催眠で奪われた亜由美は、ただひたすら、闇の中で振るえている。その亜由美のなめらかな肌を撫でまわすのは緒方の役目だ。緒方の両手はオイルにまみれ、ヌルヌルとゆっくりと乳房をなで始める。深い催眠状態に入っている亜由美には、自分がどこにいるのかも理解できないし、緒方の手が這い回っていることも理解できない。ただ、そこにあるのは。と、肌から微妙に響いてくる快感だけだ。ペニスの根元に指を添え

射精されれば解毒されてしまう

ああ、いやあうなされたように、亜由美の口が拒否を口にするが、それは、自分の身に起きていることを知ってのことではない。心の底に残っている、快感への羞恥心が、本能のように与えられる快感を拒否しているのだ。いいんだよぉ。亜由美が素直に吐き出すから、ご褒美だ。恥ずかしいことを吐き出せばキモチ良くなるんだよ。さあ、ゆっくりと吐き出してご覧。このレベルまで催眠が入り込めば、もはや、アヘンは不用だった。

下着…ですかぁ
チンチンを入れてきました

尻の穴を自分から開いて見せるのは

乳首が硬くなるのが自分でもわかるしいや、誰にでもあるはず。心の闇。を引き出すためには邪魔ですらある。亜由美がやっと喋り始めていた。聖少女のように品行方正な亜由美にだって、の誰にでもある恥ずかしい体験を。いや、品行方正を誰もが認める亜由美だから、Jそ、誰にも喋れない秘密を持っているのだ。それを吐き出した瞬間から、少しずつ、コントロールを掛けられる。喋るほどに、快感を受け止め、快感を受け止めるほどに心の底を打ち明け、次第に、身も心も開くからだ。

オッパイ踏むわ

温めたオイルをゆっくりと伸ばしながら、緒方の手は、急がないが、止まらない。慎重に、乳首を避けるが、小振りだがしっかりと張りのある乳房をゆっくりと撫で上げては、また、脇の方から撫で上げる。かと思うと、今度は谷間から首の方に上がって、中央からゆっくりと乳房をもみ上げていく。繰り返し、繰り返し腰回りも、ヌラヌラとオイルを伸ばしながらなで続けている。ことに、足の付け根を慎重に撫で上げると、亜由美の反応は、すこぶる良い。

痴漢

が下半身から背筋に抜けていくのだ万寺林荘助は胸がつぶれるような興奮を覚えていた

俺は恭子さんが少し離れた場所に縄掛け何とも言えなぃ表情で正座したのを見届けると、されている久美の方へと向かった。恭子さん、あなたにはあんなアドバイスをしたけれど、聞き入れてくれない事はわかっていたわ。いいのよ、あなたには達也君と言う大切な旦那様がいらっしゃるんですもの。奥さん、婦長さんは立派な方やな。アンタがAVには出られへん事を予測して、代わりに出たる、言うて直談判に来られましてな。そんな!やめて下さい、どうして久本さんが元はと言えば私が悪いんだから。

絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう


オマンコをしてください一気に口にしてから急に恥ずかしさにまみれて

射精が近いのだとわかった調教を生業にして来た俺ですら見惚れてしまいあなたと達也君を無理矢理。今回の件、旅行に参加させた上に、あの時どんどんお酒をすすめて酔い潰れさせちゃったわ。だからこれは私の責任でもあるの。職場の上司と言う立場を利用して夫婦で一泊旅行に参加するよう圧力を掛けたのも、恭子さんの酒に薬物を入れたのも久美であり、彼女は本当の事を言ってるのだが、恭子さんにはとてもそのように聞こえないだろう。久美に対する申し訳なさでいぱいになり、彼女のありがたい申し出を受け入れる事が出来るわけがない。そんな事ありません!い、羽黒さんっし何で久本さんが…早く縄を解いてあげて下さでは奥さんがAVに出る、言わはるんやな?なら、話は早い。この縄を解いて、早速奥さんに掛けさせて貰うわ。

亀頭部は露出しています

次に膣口へとなぞっていくホンマ、あの男はせっかちでな、今日すぐ撮影を始めて証拠を持って来い、言うねん。もう覚悟。恭子さん、駄目よ!も出来てるし。私はいいの、独り身なんだから。そんな…久本さん、いけませんっ!もとより久美は俺が調教を手掛けて弟守男の愛人奴隷に仕立ててやった。マゾ女である。こんなシチュエーションで縛られるのも歓んでしまい、興奮して目を妖しく輝かせているくらいなのだが、何も知らない恭子さんにそんな事がわかる筈がない。シックな長いスカートの上半身が裸なのが強烈にエロティシズムを感じさせるその人妻のでは婦長さん。せっかく覚悟して頂いたのに申し訳ありまへんが、お縄はやはり奥さんの方に。駄目ですっ!なあ、ア。タは本来関係おまへん。山田の奥さんさえSMビデオに出て下されば、それでええんやで。そうです、成本さん。私、AVに出ます。久美は嫌がって見せるが、予定通り恭子さんは遂にSMアダルトビデオに出演する決心を固めてくれたようで、小声だがキッパリとした口調でそう言った。すると久美は縄拘束を外される前に条件を出す。本当にいいの、恭子さん。私達の不始末を、成本さんに尻拭いして頂くなんて出来ません。

オーガズムのケイレンを起こしてしまった

ですから。わかったわ。だったら、羽黒さん、約束して下さい。恭子さんは人妻なんですから、絶対にバレないよう顔を隠してあげて。ほうやな。必ず目隠しして撮影したるから、まず大丈夫やで。久美は恭子さんの救いとなるような条件を出しているようだが、守男の言いなりの彼女は俺との打ち合わせ通りにしゃべっているのであり、AV撮影を装った性奴隷調教として目隠しを義務付けるのは却って好都合なのだ。視界を奪われた女性は、全身に鳥肌が立つくらい敏感になってしまい恭子さんがどんなに夫に操を立てようと体を固くしても必ずや性の歓びに我を忘れてよがってしまう事になるだろう。それから、本番はいけません。そら、浮気になるからの。


膣襞で擦られた

わてのポコチンを奥さんのまんこにぶち込むようなマネは絶対せえへんわ。約束するで。普段は間違っても。などと口にしそうにない久美と俺のやり取りを、恭子さんはどんな気持ちで聞いているだろう。Av出演を承諾した彼女により一層覚悟を促すつもりで、俺は敢えて野卑な言葉を使う。そして久美の縄に手を掛けながら、恭子さんに服を脱ぐよう言った。奥さん、これから早速第一回の撮影をしてあの男に報告せなアカンのや。”しごろ“の熟女だからな

奴隷としたいと思います

奴隷メイドでした

バージンでも、女の秘裂は濡れる。それは熊川も知っている。それにしても、お汁の量が多すぎるのでは。あたし…あたし、あ、あ、いいーツ。気持ちいい。絽麻が声をしぼると、かくッと動きがとまった。オーガズムである。経験の浅い女体は、こんな簡単な刺激でもイッてしまうものらしい。光本絽麻は、熊川の腰の上にウマ乗りになったまま、荒い呼吸をしている。
下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり

  • エッチな声が出てしまうのも押さえ切れず
  • 尻の山を彼に向かって突き出した
  • 調教することひょいと眉を上げ

尻をグイと持ち上げたほんとうのエクスタシーとは言えないまでも、絽麻はクリットを熊川の肉棒にこすりつけて、満足を得たのだ。熊川の疑問は、さらに広がった。絽麻はバージンだというが、それにしては愛液の分泌が多すぎるのではないか。それに処女が、こんなにエクスタシーを感じるものなのか。熊川は眸をとじて、ぐったりしている絽麻をマットに寝かせ、身体を入れ替えた。高原医師の依頼で、熊川は絽麻にセックスのいろいろなことを体験させている。

 

乳首のしゃぶりをやめた片桐は

もし高原の注文がなければ、相手が処女であろうと、十七センチの肉棒を埋めこんでやるところである。絽麻は熊川に誘導されて、素直に太腿に大きな角度をもたせた。もっこりとヘアにおおわれた秘裂。興奮した絽麻の粘膜は血の色で、つやつやした陰毛の黒と好対照。こうやって眺めると、ヘアは陰毛にブッシュを形成しているだけでなく、大陰唇のふくらみをかくし会陰部までぐるりと生え揃っている。尻の双丘を分けると、しわを刻んだ肛門のまわりも、まばらに発毛している。
バイブレーションが始まって
股間に喰い込むように嵌まっていた真っ黒い革製のような分厚いフロントのパンツは
下半身を動かすことはできなかった
アンダーヘアの濃いのは、情熱的で気が強い性格だといわれる。レスリングで世界を目ざす少女にふさわしい、猛だけしい毛相だった。熊川はエレクトした武器を絽麻の溝にあてがった。腰を使って、上下させる。濡れたワレメは、熊川の亀の頭をはさみこみ、押し上げて行くとラビアやその外側の肉も左右に分かれる。熊川はひらひらが、一つになる急所を狙った。

 

夫とのセックスで知っている限界など

そして男根の裏側の紐の部分を、クリットにこすりつけた。あ、いいツ。絽麻の身体が、びくびくする。形のいい太腿に力が入っている。親指が反っているのがわかった。こうやって溝をこすってやると、また絽麻に軽いオーガズムがきた。熊川は、そこで感じている疑問を解明することにした。充血し、ぶどう酒色をした秘裂を左右に分ける。
クリトリスから身体の芯部に走り抜ける性電気に

大陰唇にはほとんど陰毛が生えていなかった

絽麻の可愛いワギナがむきだしになった。これでは、ほんとうに処女かどうかわからない。熊川はつぶやく。蜜壺の入り回は、ピンク色の肉襞。これが重なって、ホールをかくしている。熊川は人さし指を舐めて、ワギナにそろりと挿入した。処女膜が入り口をせばめているなら、絽麻はのけぞって疼痛を訴えるだろう。丿し熊川の指は、経血の通る穴を抜けるほど、直径が小さくはない。

バイブレーションが始まって

クンニリングスという愛しかた

僕のピストンで
奴隷の顔になり

やり方を教えているのでしょうか。バシッと鋭く打ち込まれました。突然、ピタピタの間があくと、あぅぅし獣のように叫びます。全身がぎゅっと縮まるような感じになります。そうしないと痛みに耐えられません。平手で一番痛かったときの何倍も痛。お尻の肉が弾け飛んでいきそうです。いやいや、そんなの…抵抗したいけど、次々と強烈な一撃がくるので、それに歯をくいしばって耐えるのが精一杯になります。これでもか、これでもかとお尻が叩かれそのラケットがどんどんお尻の範囲を超えて太ももや背中にも広がっていきます。

槙村がフェラチオするところなんか

ぎぃぃぃぃ、お尻、壊れるぅ。それって、私がおかしくなるときに熱いものが下半身に広がっていくのにすごく似ていて、痛いんですが、しだいにその奇妙な感覚にとらわれていきます。はぎつ、ふぎい。悲しいまでの動物的叫び涙があふれて、なにも考えることができませ何十発とお尻を叩かれ続けました。どうかな、菜津希。オモチャにされるって大変だろう?手で腫れたお尻を撫でます。男は改心させようというのでしょうか。ひぃぃぃ。皮が剥けていくような痛み。なんでこんな目に遭うのでしょう。開人は酷いやつです。

お尻が気になってしまう

お仕置きというのはこれくらいやらないと、こういう女には通用しないんバシンと音が響きました。床を竹刀で叩いたのです。先にコンドームをつけてやろう。いやぁああ竹刀が膣口をこじります。固い先端。その太いものが膣の入り口に当たっています。欲しいんだろ。違うんです、そうじゃなくて…。ふざけるな。お尻が顔の上に乗りました

ペニス

おまえに選り好みする権利なんてないんだ。ぐがあぁぁ。粘膜がこそげ落とされるような痛み。こじ入れられていきます。お願い、優しくしてぇ。ダメだ。はうぅっ。ドーンと音がするかのように子宮まで押し込まれました。誰かが音楽のボリュームを下げたのでしょうか。答えようがありません。なんだか悔しさがこみあげてきました。

限りなく股間ぎりぎりに近いスカート丈は
射精の気配が忍び寄っていた

ペニスを天にそそり勃てたままほとんど身動きが取れなくなったのである

後ろから男根を模した器具を入大げさに快感の声を上げる口にアイマスクをしていなくても、真っ暗になっていくような気がします。どうだ。おまえのここは誰のものだ?え?言ってみろよ。さきほどから男の声がはっきり届くようになっています。ふふううううう。みんなのオモチャなんだろ?どうなんだよ。ウソなのか?乱暴に竹刀が引き抜かれました。

挿入されている

あうっ。その直後、パーンとすごい音がして、股間を竹刀で思いきりぶちのめされました。ぎやひぃぃいい。気が遠くなっていきます。まんこが壊される恐怖。そこを失ったら私はもうなにも感じなくなる…。お好きなようにしてください!みなさまのオモチャですぅ!よく言ったなでも許してはくれないようです。