腸の粘膜がいっそうペニスに絡みついていった

乳首に触れている指先も

牧野は、自分のやったこととは言え、信じられない思いだった。自らタイムリミットを決めていた。サーバの管理者が細かく監視していたら、管理者が意図しない形でファイルを落とすのを見とがめられるかもしれない。この種の管理者は、夜中に見ていることが多いのでリキにはそう説明した。かといって、朝になれば、主婦層をターゲットにしている表のサイトを管理者が見ている可能性もある。だから、夜明け前2時間を使ってアクセスすると決め、6時をタイムリミットにしたのだ。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

  • どくんどくんと射精しながら
  • 自分自身を嫌悪しながらも交互に二本の肉棒を咥え
  • 股間から子宮の奥にまで

お尻を叩いてきたんですけどノートパソコンのファイルを復活させるのと、裏口のハッキングに、それなりの時間がかかってしまっていた。なによりも、このノートPCでは、さすがに性能が問題で、パスワードを破るソフトが、思わぬ遅さでしか解答を出してくれなかった。侵入した時にはリミットまで僅かなーしか残されていなかった。だから、まさか無理だろうと思っていたが、自ら決めたタイムリミットまで、2分も残して、静止画ファイルはだいたい落とせたらしい。動画は最初からあきらめていたが、作成日時があの。

 

乳首を舌で嬲った

ご披露会。のあたりのものがいくつかあったので、その中でファイル番号が一番若いものだけを落としていた。ほれみろ、やればできるじゃんか。大きな手で背中をパンパンと張られる。親しみを込めてねぎらってくれるのはわかるが、何せん、力のケタが違う。牧野の胃が飛び出すかと思うほどだった。成功した…。如牧野は、両手をキーボードに老いたまま、画面を茫然と見ている。
調教する女が現れるものではないし
下着さげて
女子高生性
おまけに、ちょっとした仕掛けをあちこちに落とすこともできた。既存のウイルスを変形させた単純なモノだが、オリジナルに変形させたから、セキュリティーソフトに引っかかる可能性は低い。もちろん、牧野の苦労も、苦心も、そして心配も、リキにはわからないだろうが、牧野がホッとしているのを見て、成功を確信したのだろう。牧野以上に、大喜びしていた。しかし、悪い感じじゃない人だな。凶暴そうな顔つきに見えるが、ファイルコピーを待つつれづれに、覗き見た男の表情は、門家に対する畏敬の気持ちをしっかり持った、強烈な意志を持った男の顔だった。

 

クリトリスも小さく

じゃ、限界なので、落ちます。おいおい、何を落とすんだ?あ、いえ、えっと、このサーバから回線を切断すると言うことです。おお、そういえば、6時になったな。落としいいぞ。専まるで、上司のようなセリフを吐いているわりに、その手は、軽く手刀を切っている。サンキュ、という気持ちが伝わってきた。大げさな表現よりも、リキの感謝が本気で伝わってくる。
新春から超ぶっ飛ばしのハイパーファック

蜜は肛門まで垂れ落ちんばかりだった

気がして、憎めない。おまけに、できる限りの痕跡を消して、ようやく。落ちた。ときには、熱いコーヒーがスッと差し出される。コーヒーの香気が、張り詰めていた牧野の心を、解きほぐすように立ち上っていた。インスタントだけどよ。スマンが、ミルクは無しだ。無骨な手が、スティックタイプの砂糖まで渡してくれた。

股間を私の舌で清める様に要求したのです

挿入に

そのつもりでまだ切り札の口唇は使わず、コリコリの乳首を指股に挟み雄大な膨らみをのんびりと揉んでいると、恭子さんは気持ち良いのか愛らしい鼻声を聞かせてくれる。最早この美しい人妻が私の愛撫を嫌がっている。ようには思えない淫声だ。すると妻が快楽に溺れていく様に耐え切れなくなったのか、夫の達也が絞り出すような声で訴えた。もう、やめて下さい。堪忍したれや。亭主の前で見せ付けるとは、お願いです、おいボン!そらお前趣味が悪いで。ビデオの中でさんざんお楽しみのようですが、まさか羽黒さんにそんな事を言われるとは思いませんでしたね。
尻穴が膨らむとあくまで

  • 股間に今から口唇奉仕されるのだと思うと
  • 梨沙子は下半身をくねらせていった
  • チンポがそんなにうめぇのかよ

エッチモードになった真菜はさて、ご主人、やめてくれとおっしゃいますが、残念ながら奥さんはもう気分が乗ってしまってたまらないご様子ですよ。何しろ、私の手にお乳を押し付けて、もっとしてくれとおねだりされてるようで。馬鹿な事、言わないで下さいっ!今さら隠そうったって無駄ですよ、奥さん。ほうっら。はおおくっつ一度極めて欲情に火が点いた恭子さんの体は、私の緩慢な愛撫に焦らさそ、そんな、卑怯…れ無意識に浅ましい反応を見せていたのである。ハッと気付いて激しく狼狽する恭子さんだが、乳房と乳首への愛撫を強めた私が首筋を吸い、さらに乳首までチロチロと舐めてやると、どうしようもない嬌声が洩れてしまう。

 

股間を隠そうと思えば手で隠せる

するとスタンガンを置いた姉さんが、とんでもない行為を始めた。恭子さん、達也君の前だからって遠慮せず気分を出しちやっていいのよ。だって、ホラ、彼の方もあなたを見て興奮しちゃってるんですもの。やめて下さい…。久美っ!アホなマネはやめんかし。あら、羽黒さんも、ずいぶんとご立派にさせて。
下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり
愛撫
彼のコックを愛撫し続ける私を見て
エラそうな亊おっしゃこれじゃ説得力ございませんわね。うふふ、ご奉仕させて頂きられても、ますわ。何と姉さんは正座している夫達也と羽黒が勃起させていたペニスを掴み出してしまったのだ。そして唾を手に垂らすと、シコシコとしごき始める。達也君、あなた恭子さんがエッチされてるの見て、こんなにしちゃつた。

 

もしもそのときにペニスが勃起してたっぷりと濡らされた女芯を

の?もうビクビクして、すぐにも出ちゃいそう。奥さんがイクのと一緒に出しちゃいましょうね。さ、羽黒さんも我慢なさらず、ご一緒にどう。恭子さんも、これならもう遠慮がなくて良いでしょう。て仲良くおイキ下さい。ご主人と合わせこうして夫婦がそれぞれ違うパートナーによって無理矢理性悦を絞られる背徳行為が展開する。
年下の男二人から舌で愛撫されることに同意した

ヌルヌルと動かすクリトリスの快感は

私を袖にする程夫達也を愛している筈の恭子さんの目に、姉さんの手で勃起ペニスをしごかれて恥を晒してしまう彼の姿はどう映っている事だろうか。これまでになく本当に石のような固さに乳首が屹立してしまったから、恭子さん自身心ならずもこの夫婦双方寝取られプレイに興奮してしまったのは間違いない。私は強く刺激すればたちまち弾けてしまいそうな麗人の性を自在に操り、姉さんの手技で達也が果ててしまうのに合わせて、猛烈に勃起した乳首を強く吸い上げ極めさせてやった。糸を引く程大量に出たらしい達也のザーメンを手に取った姉さんは勝ち誇ったように言う。仲良くイッチャッタわね、達也君、こんなにタップリ出しちやって。

乳首をいじっていた沙貴が貢の顔と志摩子の顔を交互に見て

そして乳首をペロペロと舐めた

ただ、リキが密かに期待していた、助けを求める声も、悲鳴も聞こえては来なかった。ほの暗い通路に立って慎重に辺りを見回す。身体には自信があるとは言え、不意打ちは願い下げだ。なるほど、たいそうな地下室だねぇ。女は何も応えない。リキの後を静かに着いてくる気配だけがある。降りてみると、さして広くはない廊下にドアが三つ並んでいる。

亀頭を口に含む
亀頭を口に含む
真菜の乳首を摘んでいた
真菜の乳首を摘んでいた


肉棒の位置を見定めながら上に跨がった

お尻の穴を拡げて見せるなんて乳首をいじっていた沙貴が貢の顔と志摩子の顔を交互に見て確かに、空気は悪いな。クンクンと匂いを嗅ぐ仕草を見せたあと、様子になっていた。おかしい。身体が重い。女に笑って見せる。女は、なにやら落ち着かなぃ危険を感じるべきなのか?だが、横にいる女は、少しだけ落ち突かない様子だが、少なくとも危険を感じてる様子はな。ってことは、まだ、大丈夫なんだろうが…。なぜか、頭の奥がクラクラし始める。そのくせ、なぜか、身体の奥が、熱くなり始めている。信じがたいことだが、なぜか、男根に、力が集まりそうな気配に、リキは困惑していた。

セックスを押しつぶしているようないびつな快感があった

飲み込んだバイブを自分で出し入れしていると地下牢リキの本能が、警戒警報を鳴らしている。しかし、それを顔には出さない。でぇ、ここに、つ、掴まってる女はぁ、どこにいるんだ?語気は決して緩めてないはずだった。しかし、口が微妙にもつれている気がする。頭の奥が重い。そんなことは、けっして!女は頭を振った後、チラリとリキを見上げる。なんだ、この顔?リキは、女の顔に、淫気を見たのだ。苦笑するしかない。本当にこのまま先生とエッチしてもいいのひょっとして、ほの暗い、この場所の男と二人きりでいることを意識したのかもしれない。ズアサンが。いったい、何を血迷ってる。この女は、年齢なりに美しい部類に入るのだろうが、リキが、こんな時にその気になるわけカ有しだが、そのくせ、自分の身体の芯の部分に、熱いモノがみなぎりそうな気配を、感じてしまうのが、妙だ。頭から馬鹿にしてかかったはずの女の首筋の白さが、なぜか急に目についてしまう。バカな。ソンなことを気にしてる場合か。自分をしかりつけるリキだ。だが、一度、相手に妙な。オンナ。を感じてしまうと、薄暗い地下に、二人きりになっているオンナの匂いが、すぐそばに感じてしまうのだ。

巨乳を揉んでいても

慌てて、しかし、さりげなく、オンナから距離を取る。ふん、ずいぶん厳重だな。まるで、ムショだ。意志の力で女を無視して、狭い地下を見回すと、短い廊下に並んだ頑丈そうなドアには、鉄格子の窓。まるで、地下刑務所と言ったところだ。不意に、小部屋の奥が明るくなる。思わず、鉄格子越しに覗きこむリキ。うん?インチはあろうかという巨大なモニタが壁に埋め込まれていた。


ロリータ趣味ではない筈の私だが

おもしろい趣味だな。倉庫でビデオ鑑賞か?皮肉を含んだリキの声に、オンナは何も答えない。モニタには、美しい花から花へと蝶が飛び回るイメージビデオが流れている。しばしそれを見つめてしまうリキ押すともなく、いつの間にか身体が触れたのだろう。ドアが開くままに、リキの足は、自然にその中に入っていた。一歩踏み込んだ瞬間、反射的に、扉を閉ざされる危険を感じたが、オンナも、リキに続いて、スルリと入ってきた。高見は綾の下着の中に手を差し入れた

股間に手を差し入れて

オナニーしながらご奉仕させて下さい

ああ、もう駄㎡おトイレ行かせて。後でどんなことでもしますから。うんち出してから、たっぷり痛めつけられてもいいわ。おまんこもお尻の穴も自由にしていいから、お願い。女優はいよいよ本当に限界らしく、額に脂汗を浮かべ、心なしか元々白い美しい顔が青ざめているようにも見える。全員がおまんこ見ていただくのが終わったら、タライ持ってきてあげるから、もうちょっと我慢なさい。

奴隷になったんだから…
奴隷になったんだから…
膣穴と顔を交互に見比べて息を呑んでいた
膣穴と顔を交互に見比べて息を呑んでいた


クリトリスを弄りながらも

あらわになった人妻の秘裂の卑猥さしかしチンポをよく見てあげてよリサが冷たく言い放つ。今度は向かつて右側の女ロシア娘のソフィアから、ステージ袖から再び現れた大男に抱きかかえられ、既に女優がその中央で肛門に擬似男根を自らねじ込んで、排便の我慢に脂汗をたらしながら腰を蠢かせている大テーブルに乗せられる。乗ったらすぐお尻ついて、膝立ててテーブルの端ギリギリまで腰を突き出しておまんこ見ていただくのよ。うごめ言葉が全部はわからぬかもしれぬソフィアには、を男が力づくでとらせる。その言葉通りのポーズ金髪の陰毛の下、色素の薄目の性器の見た目とは裏腹に、手を添えさせられ自らの手で。させられた内部は充血して、異国のホテルの中にある特異な空間でこんなことをさせられている少女の想像以上の興奮が見てとれる。前方の三人からまた拍手がおきた。続いて村上友紀がテーブルに乗せられる。

男根ではる

巨乳ではないかもしれないけど……先に乗せられて性器見せのポーズを取らされているソフィアと肩を寄せ合うような距離で、数ヶ月に及ぶレッスンで幾度となく取らされたであろうしやがんだ開脚ボーズで、さらに自らの指先で小陰唇を左右に拡げて性器内部を晒す。もう声も上げることすら出来中央の角川ともみは、さらに切羽詰まり、ない状況まで来ているようだ。テーブルのほぼど真ん中に位置している擬似男根に肛門を串刺しにされているともみより、女達は1メートル程前に並ばされていく。シンクロナイズドスイミング選手だったというショートヘアの水川明日香は、黒々とした陰毛を女の土手の部分には残していた。最後の安田舞衣は少々手こずらせた。レオタードを身につけていた時には、性器が透けて見えているのも厭わず命じられるままに片足を高く上げるポーズを取ったものの、テーブルで自らの手でそこを拡げるということがなかなか出来なかった。股間に移動したひ…酷いです。貴女もおんなじ女なら、生理の時に自分で拡げるなどという惨いことをどうして…ひどリサに抗議をする。M字に拡げた股間からは、そう言っている矢先にも赤い血がぽたりとひしずくと滴テーブルに落ちた。いいから早くしないと、ほら、後ろの女優さん見てごらん。びっしょり脂汗かいて、もう口も聞けないくらいなのよ。貴女も同じ目にあってみたい。浣腸されて。リサの脅し文句は、単なる脅しではないであろうことは、た瑞花の厳しさで思い知っているのだろう。

アナルも感じるようになったね

自分を調教し懸命に首を横にふって、それだけは許してほしいと哀願しつつ、く両手を自らの性器へと持っていった。ようや一眼レフのカメラを持った女がふたり出てきて、女達のそんな様子をカシャカシャとシャッター音をたてて無造作に撮影していく。こちら側からの視線を遮ることを気にするように、動きは素早かった。そのうちの一人がカメラを置くと、五人の女が乗っているテーブルの下に潜り込んで行った。さあ、よくおまんこの奥まで見て頂いたら、全員女優さんの位置まで下がって、それぞれの擬似おちんぽを今自分が見せていたところに、根元までずっぽり入れるのよ。


バイブを使ってイキ続けていた私は

全員この訓練はたっぷりさせられていると思うけど、入れたらいつもの様にゆっくり出し入れして腰使いの訓練成果をお見せしなさい。それぞれのおまんこのサイズに合わせたちんぽをセットしてあるからね。気持ちよかったら遠慮無く声あげていいわよ。命じられて、それぞれが後ろ向きに這って、女優の位置に残り四本サの言うとおりそのサイズ様々にテーブルからにょきりと生えてるかに見える、張り形のところまで行って、こちらに背を向けたまま、尻を見せて太丂、0°さまざまそれぞれ腰を持ちあげて、ころまでが丸見えになった。それが性器に刺さる瞬間に、尻穴が膨らむとあくまで男根を自分の性器を使って楽しんでもらうためのるから、膝をつけずしゃがんで出し入れをさせるのだ。であ隼人が11年行っていた、ドバイの調教施設でもこれと同様に、十数人ずつの女が向き合って床から生えた擬似男根に騎乗位奉仕を行うレッスンを日夜やっていたが、やはり膝はつかせてもらえていなかった。ハプニングバーで知り合った人妻たちに

膣痙攣を心配しないといけないだろうとこの

俺も遂に我慢の限界に達し俺にまたがっている愛華のマンコのなかに精液をビュッ

牧野の目は、思わず家元を追った。そして、こちらが、その夫でございます。勢いよく、右手を牧野が縛り付けられている反対側に振り向けた。いつの間にかひっそりと控えていた松本が、ベビースポットを操作する。まぶしい光が当てられた瞬間、反対側にある。にかかっている。の幕が、サッと落とされる。リキさん。小さく、声を上げてしまった。肉体美の極致のような筋肉を剥き出しにした男が、やはり一糸まとわぬ姿で柱にくくりつけられていた。
今宵の夫婦エッチは

生け贄は、揃ったのだ。取らされた姿勢こそ同じだが、牧野へのものと違って、リキの戒めは厳重だ。首輪がはめられ、グルリと柱を回した鎖にくくりつけられている。手足を縛っているベルトも、牧野のものの倍はあろうかという太さと本数だ。しかも、よほど、きっちりとくくりつけられているらしく、逞しい筋肉が、時折、手足を動かそうとするが、びくともしない。かえって、己の力そのもののせいで、柱にこすれたヒフからは、あちこち血がにじみ始めて。

本気でいやがっているよ二人ともアナルは初めての経験だった


ぬたつく膣襞が肉筒を苛烈にこすり上げるあぁ

本当に、リキさん、だよ…な。信じたくないその筋肉美の持ち主には、鼻と口だけが開いた全頭マスクが被せられていたが、見れば見る。ほどに、その巨躯は、家元の言葉通りリキだとしか思えない。えぇ、みなさま、これなるは、男ちから、とか申しまして、警視庁の下っ端の刑事をやっております下賤な者でございます。あちこちから、ほーっという声が漏れていた。男同士でも、いや、男同士だからこそ、目の前に出現した筋肉が発揮するであろう恐るべき野獣のような力を想像してしまうのだ。
ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました

あなたのチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れてオマンコしてくださいってな

そして、その。をも、いたぶれる権力が自分にあることを思い出して、男達はさらにニヤリとする仕掛けというわけだ。皆様のご尊顔を拝見する栄誉など、こんな者にはありませんので、このマスクで視界を奪っております。つまり、男達の顔は見えないと言うことだ。刑事という仕事をしていた者に顔が見られると心配になる小心者に配慮した、行き届いた家元の。もてなし。だった。実際、そのおかげで落ち着いた者も密かに多かったのだ。さて、と、それでは、和花。立ちなさい。突然妻の名前が呼ばれて、忘れていようとした存在に、心臓が鷲掴みにされた。


スカート1枚の尻を撫でられた気もしたが

残滓の付着したペニスをねぶりあげられると

牧野の目には幽鬼のようにふらりと立ち上がったように見える。立ち上がった途端、ふらりとよろめいた瞬間、牧野はおもわず、動こうとして、後ろに引っ張られている両腕が肩から外れそうな激痛が走った。さあ、和花、久しぶりに会った夫の前で、あなたは、裸ん坊で座ったまま、告白なさい。何をしていたのか気をつけの姿勢のまま、家元をぼんやりした目で見つめている和花は、一瞬、息を呑むかのように、背中をヒクリとさせた。の震える声が、男達の間に静かに響いた。オナニーをしておりました!牧野は叫んでいた。
肉棒に絡みついてくるたっぷり圭介は暗がりの中で仰け反った

処女を喪失したばかりの彼女が


セックスを野外で晒してしまおうと言う試みだ

ありえない。おそらく脅かされているのだろう。まるで、そこに牧野がいないかのごとく振る舞うのもわかる。裸でいさせられるのも、強制されたのだろう。それもわかる。しかし、和花の恥ずかしい言葉には、拒絶の色が少しも見えなかったのだ。わずかに、背中がヒクリとしたのが、ためらいと言えばためらいと言えるかも知れないが夫の目の前で、男達に裸体を曝したあげく、そんなことが言えるなんて。

  • たくましいペニスをいきり立たせていた
  • 今や乳首をかろうじて隠してくれるほどしかかかってない
  • お尻をぶたれて気をやり

年上の熟女

お尻にあてた

子宮底に噴射された
エッチな奥さんの手に任せるよりない

それでい。今度は、お彼女は心持尻を浮かすと、彼の顎を擦る様にして、とり湿った尻割れを露出させた。尻の方からパンティをずらし、そのじっ太腿に絡むパンテイの上縁部からはみ出した陰毛が、東山の鼻から額をくすぐる。両手で尻丘を押し開く様にしながら、彼女は茶色の蕾を、男の唇にじわりと押し付けた。括約筋に力を込めると、彼の唇の上で蕾が開き、糞滓に塗れたピンク色の粘膜が外側にはじける。それは女の口唇に似て、ねっとりと、彼の唇に貼り付いた。

あゆみのオマンコに誰かオチンポを入れて下さい~

ただ、甘いセクシーな唾液と異なり、女のゆっくりした尻の揺れに伴なって、苦い排泄物の糊が彼の口中に擦り込まれる。舐めるんだよ!彼は反射的に慌て、舌を出すと、に舐めた。彼の唇の上でぐっと重みを増して圧迫してくる粘膜を懸命渋味のある苦さが口中に広がり、無念さが胸一杯に込み上げる。女は、ぐっと体重を彼の顔面に預け、完膚無いまで男の唇と舌を蹂躙し、征服した。十分も経ったであろうか東山にとって、一時間にも相当する、長い屈辱の経験であった。

乳首が固まり乳房がパンパ

漸く尻を上げたメリー·ホプキンスの、勝ち誇った顔をかい間見ながら、身を起し、惨めな気持で、スゴスゴと部屋を出た東山は、永井敬子に呼ばれて立ち止まる。彼女は、四角く切った大きなベニヤ板の両端に紐を付け、彼の首に掛ける。東山の胸一杯に広がるその板の表面には、れている。紙が貼られ、太いマジックペンで大きく字が書かそれはメリー·ホプキンス部長にお尻の穴を舐めさせられました。私はたった今、と読めた。いこと。社内の全部の課を回って、その文章を皆に見てもらうのよ。生恥をかいてらっしゃい!…あ、それからね。奴隷なのですから

武彦が濡れた花園をくちゅくちゅと愛撫しはじめる

お前はこれから毎朝、こ人来て部長に今の:そして、たっぷり永井敬子の残酷な宣言に、ショックを受けた東山の顔が歪む。しかし、女達に連日嬲り抜かれた彼には、最早、反抗する気力も残っていなかった。よろめく足を踏みしめながら、隣りの課の通路を歩く。途端に、女の子達から反響があった。あれ見て!お尻舐めたんですって?ブーツ。一寸、顔を良く見せて御覧ヘーツ、お前、良く平気で恥を曝せるわね。

女性のアソコを生で見たことあるの
胸の先端から送り込ま子宮を直撃して

乳首を尖らせてイッたよな

それまではオナニーも知らなかった童貞少年の臭いが泌み込んだのね、きっと。素っ頓狂な声を上げる者、思わず噴き出す者、軽蔑の言葉を掛ける者、そして嘲笑を浴びせる者それぞれ反応は異なるもの。彼が皆に軽蔑され、笑いものにされたことは確かだっ翌日から毎朝、日課の様に、板を首に掛けて各課を回る東山の姿があった。勿論、メリー·ホプキンス部長からは、朝一番に尻に敷かれるのである。朝のトイレを済ませた後の尻臭は、鼻が曲る程強烈だったし、彼の舌に備えて、わざとよく彼を悲哀の極に駈り立てたの拭いてない局所には、いつもねっとりとした糊が付着していて、六--六1ヶ月が過ぎる頃には、女子社員達の東山に対する態度には、あけすけの蔑みと侮りが日常のものとなって来る。トン!そんなところでボンヤリしてないで、こ。

お尻高くあげるのよ

へ来て私達の椅子になりなさい。昼休みの屋上で、ラケットボールに興ずる女子社員達を眺めていた東山に、観戦組から声が掛かる。コートサイドの言われるまに、彼女等の足元で四つ這いになった彼の背に、女達が肩を組みながら腰を掛暫くすると女達の体重が、を引き起す。四つ這いの姿勢を支える彼の両腕に、じわじわと痺れに似た苦痛遂に耐え切れなくなって、頭から崩れ、地面にへたった。危ないじゃないの!-わ、初めから腹這いに地面に寝なさい。長々と地面にうつ伏せになった男の身体の上に、さあ、女達は次々と腰を下す。

騎乗位で

彼女ももう34歳になる人妻なのだから

手にしたペニスを振って催促する
奴隷としての訓練をしてもディープスロートができるまでには時間がかかるし

皆様、アイドル朝比奈梨乃いえAV女優やまざわみおとその母親のおっぱい如何ですか。若さではちきれんばかりの梨乃のこのお乳と、熟した果実ですが子供を二人も産んでるとは思えない梨乃ママの大きなこのおっぱい。こうして並べてみると、なかなか甲乙つけがたいです。司会の女が囃し立てる。有香は実際には紫織ひとりしか産んでいないが、梨乃の妹の存在というものが既に世間に認司会の女は子供がふたりと言った。知されていることなのか、キス、シロ。言われて髪の毛を掴まれて顔を右に向かされると、た。

子宮のしを狙ってロウを滴らせました

息遣いから梨乃の口唇だとわかる。すぐに柔らかなものが口元に近付いて来梨乃もいきなり黒人にキスされるかと思ったので、すぐに応えてきた。ホッとして積極的に口を吸ってやると、自分は一体何をしているのだろう。これはきっと、ことに違いない、そう思うと胸がチクリと傷んだ。ッタ、カラマセテ、ディープキス!何ヶ月か先に本当に実の娘にさせられる。正面からはビデオカメラが回っていること命じられれば、だろう。

バイブをくわえた口から唾液が溢れて頬を伝い絶えず送りこまれる刺激に

あん、ママ…。それをして見せるしかなかった。梨乃が喘ぎ声の果てに、そう言ったので、有香は一瞬ドキリキスの動きを小休止した時に、とした。大丈夫、そんな筈はないのだ。紫織である筈がない。だろうし、ここで登場して来ることはないだろう。もっと、して!紫織はまだ処女で居なければならない初めて黒人男性と性交をさせられる恐怖と戦っているのかもしれない。本来は排泄器官にすぎない肛門を性的な道具にしようと芙蓉子の肛門にも性感帯が集中し

奴隷に堕ちとる

梨乃は、有香にだけ聞こえる声でそう言ったが。モウ、イイ。オマエハ、コッチニ、コイ。と、言われてその瞬間に引き離されてしまった。い、いやこんな格好。やや間があって、また梨乃が叫んだ。客席の皆様。ご覧いただけていますか。これがやまざわみぉこと朝比奈梨乃のナマおまんこです。既に十万本売ったデビュー作で初めておっぱいもおまんこもお尻の穴もビデオカメラを通して大勢の人に晒した梨乃ちゃんですが、おっぱいとお尻の穴は本当に丸見えでしたけど、ココだけこのメスの穴だけは、モザイクがかかっていました。

熟れた人妻たちのように使い古された性器ではない
乳房の重量のわりには小さな乳首だ

奴隷として引き渡すなんてまだ時間はある

乳首が当たる柔らかい感触を受けたなので皆様が朝比奈梨乃の生の性器を見る初めての男性、あ、女性のお客様もいらっしゃいましたね、とまあそうなります。是非じっくり見てあげてください。ボブ、客席に見せて回って。い、いや11。いくら赤ちゃんのおしっこポーズだって、客席のお客様にかけちゃダメよ。いや見せないでー、見ないでー。見ないでじゃなくて、見てくださいでしょ。一人ずつにその都度、その遊んでる両手でおまんさらこ拡げて子宮まで見てもらうのよ。

ペニスは根元まで

有香の方は、シャブレ-無言で上から頭を押さえつけられて、跪かされた。先ほどまで命令を発していたのと、別の声が有香に命じ、鼻先にそれが差し出された。興奮しているのだろう、既に隆々と勃起している。むっとした匂いとともに、その先端が有香の口唇をこじ開けようとする。目隠しの中で、さらにぐっと目を閉じて口を開くと、容赦なく喉奥までねじ込まれた。

奴隷なのですから

調教師はポケットからライターを取り出し

騎手の人気って、スリムでプロポーションがいいこともあるけど、ファッショナブルなのね。それは女性の見方ですよ。やっぱり危険が多い、スポーツという感じだな。武井くんは、体重はどれくらい?ふだんは53キロ。レースの前に、51キロに落とします。あたし、騎手の使う小道具にも興味があるの。ムチとか拍車、ゴーグル、長靴…。と、里絵が言った。
オマンコに黒電マを押し当てられて

ぼくの、見せてあげましょうか?きヤツ、見たアい。部屋においてあるから、とってきてくれる?武井が里絵に、自室のルームキーを渡した。いいの?武井さんの部屋に入っても。なにも変なものはおいてないよ。あたし電話借りてもいいかしら?東京の母に旅行の途中経過を報告しないと心配してると思うの。どうぞ。ぼくの部屋で、ゆっくり喋っておいで。

乳首をむさぼっている


引き抜く動作をする数度のオーガズムでビショビショの秘唇から

里絵は武井に小さくウインクすると、スイートルームを出て行った。武井は里絵に、口実を設けるから、部屋で待っていて。と言った。里絵は、武井がそうしてくれたと思っている。思いがけず、二人っきりになれたね。バスルームに梶山がいるが、老人だから長風呂のはず。麻衣もソファの上に、武井と二人だけでいるのを意識して、身体を硬くした。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

股間から取り出した桜木は

武井くんて、競馬ギャルの誘惑が多いでしょ。プレゼントは多いけど、ぼくらは隔離されとるから。直接アタックはないの?そりゃ、女のいない国に暮らしてるわけじゃないから。でも、ぼくにも好みってものがあるよ。あたし…武井くんのタイプ?麻衣は、思いきって聞く。すてきな人だと思うよ。もっとよく知りたい。


バイブを入れたままのドライブも楽しいだろ

ドラのお尻を平手できつく打った

武井が麻衣の、ノースリーブからはみ出た、なめらかな肩に手をまわしてきた。麻衣は身体を硬くして、眸をとじた。こんなことが、現実におこるなんて部屋には憧れの武井豊-騎手と、二人っきり。いや、梶山会長がバスルームにいるが、しばらくは出てこない。麻衣は武井と梶山が、阿吽の呼吸で行動しているのは知らない。麻衣と里絵を愉しませるために、男たちはハラを合わせている。
奴隷なのですから

涙ぐみながら射精した


下着を付けた猥褻ボディと

武井の手が、ノースリーブのワンピースからはみでた、肌理のこまかい、麻衣の肩をなでている。競馬界のプリンスの武井だが指には力があり手のひらも硬い。サラブレッドの手綱をとる腕力は思いの外強いのであろう。麻衣はワンピースの下は、どんな下着だったかしらと考えた。パンティーは、腰のところが紐状になったフンドシスタイル。

  • 女たちは下着一枚でベッドに四肢をくくりつけられている年下の男を
  • 男根の抽送を開始した
  • 膣内で生島のたくましいものがねじれ

下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり

挿入するなんて

なんだか体が熱く火照っているし、いる気がする。花蜜を滲ませる秘孔にはあの雄大な男根の感触が残ってでも、まさかね。美穂は口に出してそう言うと、改札へと向かう階段を駆け上がった。改札口を出た美穂は、夢の中とは違う街の様子になんとなくほっとした。してはいたが、夢の中ほど人通りが少なくはなかった。

お尻は許して
お尻は許して
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと


股間にやろうとしていた私の手も制して

締まった大きなホーデンを愛撫し続けました尻を上下左右に振りたてることでしか確かに街は閑散と。まあそうよね、夢の中と同じってことは無いわよね。美穂は独り言を呟くと、通りに沿って真っ直ぐ伸びる歩道を歩き始めた。美穂が立ち去った後、駅前の電話ボックスの扉が開いた。中からゆっくりと一人の男が出てくる。男はまだ九月だというのに黒いコートに身を包んでいた。男は歩み去る美穂の後姿を見つめると。お嬢さん、こんな夜更けに一人で歩いてちゃ危ないよ。

乳首を思い切り捻りあげられてついに屈服の声をあげてイッてしまう

バイブしながらクネクネと首を振りグルグル胴体が回転しました普通の未婚。しだが、ふとしたきっかけでSMの世界を覗いてしまった裕美。生まれて初めての鞭や蝋燭の熱さは辛いものでもあったのだが、どこか別世界へいざなってくれるような開放感に似たものがあり、気がした。終わった後には身体中の毒気が抜ける。SMプレイには、ノーマルなSEXにはない、なんともいえない不思議な魅力がぁ身体を拘束されること痛みや熱さを与えられること自由を奪われ無理やり与えられる強烈な快感。怖くもあるが、まるで麻薬のように身体の奥底から沸々と湧いてくるような欲求が裕美を苦しめた。こんな想いを解放してくれる人がほしい。誰でもいいわけではない。そこからいきり立った肉棒をひっぱりだした御主人様がほしいMに目覚めてしまった自分を丸ごと理解し、導いてくれる人が欲しかった。主人様を得るために、まず裕美はネットで出会い系SMサイトを探した。思った。よりもたくさんあった。会員制のサイトも多かったが、男性も女性も無料で利用できる。掲示板のあるサイトを選び登録してみた。し三六歳、東京都在住。経験浅く、まだMとしては未熟ですが、の世界を知りたいと思います。

エレクトしているペニスを取り出した

よろしくお願いします。もっとSMと自己紹介文を掲載した。ハンドルネームは。とした。それを見た。男性がメッセージを書くと、登録しておいたメールボックスに届くシステムになっている。翌朝メールボックスにアクセスしてみると、なんと六二通ものメールが届いていた。ことに驚いた。ひとり暮らしの裕美は帰宅してすぐにパソコンを開きサイトをチェックしてみるとさらに十人から届いていた。メッセージをチェックしたが、どれも似たり寄ったりで、これはと思う惹かれる文章はなかった。


ローションを塗った先生の持つ剃刀が当てがわれると怖くて身じろぎも出来ず

どうやって選んだらいいのかも解らないのでとりあえず遠方の人は除外し、年齢も極端に年上や年下の男性も除外し、十人ほどに絞った。その一人一人に丁寧にメッセージのお礼と少し詳しいプロフィールを添え、SMに対する考えなどを書いて送った。早い人はその日のうち、遅い人でも翌々日には全員からの返信があった。S男性って熱心なのね、一人に絞るまで大変な作業だ。わと溜息をつきながらも裕美は新たな出会いに想いを馳せた。丸みを帯びたラインはこの下着姿を誰かに披露するわけではないのだから

チンポ男が彩子の蜜壷からベトベトになった指を離し

彼の痩せた尻が

はぁういやあぬるっという下着の滑る感触を残して
子宮のあたりで感じることがあると聞いたことはありますが

だ、抱いてっ!抱いてくれなきゃ、イヤツツー!仕方ないマドンナですなあ…自分でも信じられないような言葉を叫んでしまった私に、お2人はいかがわしいお道具を見せて下さいました。それは細長い3本のチェーンとそれに付着した2つの淫らな形のモノ。私が欲しくて欲しくて気が触れそうになっている、男性自身ソックリのおぞましい代物でした。これは股鎖と言う面白いオモチャですぞ。いつもえっちをしていたい、ど淫乱な吉野先生のオマタに着けて差し上げましょう。

梨沙子は桃井の股間に顔を埋めた

このような卑猥なモノを入れさせて頂いてもよろしいでしょうか、先生吉野教頭先生がニヤニヤと下卑た笑いを浮かべながら、大小2本の男根型を私の目の前に突き付けて来られると、私は条件反射のように思わず口を開けてしまい、真っ赤になりました。そしてゴクリと大きく唾を飲み込むと大きくうなずきお願いしてしまいます。入れて下さい!は、早くうつつ!!では、こうおっしゃいなさい。校長先生が嫌らしく耳元で囁かれる言葉を、慄える口調でゆっくりと復唱した私は、又1つ淫らなセックス奴隷へと転落していく気がしました。え、えりかの、はじしらずな、お、おまんこと、おけつの、あなに、お、おちんぽを、ぶちこんで…。

孝治のペニスが入ってくると

初めて。エリカ。と自分のファーストネームを口にすることで、私はますますお2人にセックス奴隷としてお従いする意識が強化される気がしました。そして淫らな口上をしゃべり終えた私の口ングスカートをまくり上げ露出した股間に、校長先生は大きい方、教頭先生は小さい方の。おちんばを。ぶち込んで下さいました。それから2本の男根型が抜けないよう押さえ付ける形で。がキリキリと股間を締め上げ、前は1本、後は左右2本に別れたチェーンがちょうど淫蝶を溶接したリ、の所で合流するようにガッチリと繋がれてしまったのです。さあ、準備完了ですよ。少し歩いてご覧なさい。あくっつー!の装着を終えた校長先生にお尻をポンと叩かれ、恐る恐る歩を踏悲鳴を上げてしゃがみ込んでしみ出した私は途端に強烈な感覚に貫かれ、まいました。バイブレーションが始まって

オナニーする淫乱オンナなんだよ

、これは…だ、ダメです、とても歩けません。2本の卑猥な形の筒具が薄い粘膜を隔ててズリズリと擦れ合う感触は凄まじく、淫蝶の蠢きと合わさると歩くだけで恥を晒してしまいそうでした。何をおっしゃいますか。入れてくれとおねだりしたのは、あなたです。だって…ああ、おかしくなりそう…しゃがみ込んで動きを止めても、淫蝶のくすぐりは止まりませんし、股。間の前後を占拠された充実感は格別で、がってしまいました。私はの恐ろしさに慄。ソイツを着けていれば、吉野先生の大好きなサンドイッチファックを四六時中味わうことが出来るのですよ。気持ち良さそうですから、あなたにはこれからずっと着けておいて頂くことと致しましょう。

股間のドリルを
バイブを精一杯締め上げて痒みを癒そうと試みましたが

ペニスで膣を責めつづけた

第12話酉川光太郎の憂鬱ついさっきまでの激しいフェラシーンは嫌ですっ!ああ、許して…。全然小っちゃなチンポではありませんか。ああんっっ!教頭先生が一緒にしゃがみ込みお尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て、嫌になるほどえっちな声が出てしまいました。プ、ドイッチファック。はやはり女性にとって最高の感激で、さほど大きくないツルッとした形の。ペニス。でも前後に入れられる。と通常の何倍にも感覚が研ぎ澄まされてしまうようでした。蝶と同じですよ、吉野先生。初めは辛くても、じきに慣れます。

子宮だけが

校長先生はしゃがみ込んで動けない私に首輪を嵌めながらおっしゃいました。物足らなくなったら、だんだん太くしたり、イボイボや刻みやねじりを入れた素敵なデザイ。に取り替えてあげましょう。じっくり時間を掛けて、あなたが最もお好みで良く感じるチンポにカスタマイズするのです。あまり太いイボイボに慣れてもらっては我々の立場がなくなり校長先生。しかし、ますよ、そりゃそうだ、11和今私の股間の前後を埋めているのは、はははは…私の体、どうなってしまうの。