子宮にぴったりと貼り付いているのです

二十一歳のロリータ娘は

私でも、もしかしたら目があるかも知れないではありませんか。そしたら何と彼からは即オッケーの返事だったんです。私はとてもうれしくて、私のためにウソまで付いて勇気を出させてくれた友達に感謝する気持ちでいっぱいになりました。ところが彼はオッケーしてくれた後すぐに変なことを言いました。最初に言っとくけど、僕、ヘンタイなんだけど、いい?陽介君はルックスがいいだけじゃなく、とても明るくて冗談ばっかり言う面白い人なので、女子の間ではとても人気があるんです。
人妻の子宮の奥に注ぎ込まんとばかりに放出してしまったのだ

たぶんこれも彼らしいジョークみたいなものだろうと思った私は、あまり気にしませんでした。バージンだった私は彼が言う。ヘンタイ。がどのようなものかわからす男の子がえっちなのは普通だろうと思いました。家でパパやお兄ちゃんが、えっちな雑誌やサイトを見たり変なビデオを持っているのも知っていてそれはすごくイヤでしたが、陽介君ならちょっとくらい許せる。かな、なんて今思えばすごく甘いことを考えてたと思います。付き合い始めてみると、彼は自分で言った通りすごく。

肉棒を咽奥までくわえ込んでも


調教を始めてみてわかったことだが

ヘンタイ。だったんです。前の彼女。私なんか比べものにならないくらいキレイな子でした。も、あまりに彼がヘンタイなのでイヤがって別れちやったそうです。オッケーをもらって初めてのデートで、いきなりキスされて体を求められました。でも私はあこがれの陽介君ですから許してしまい、彼にとてもE手にバージンを破ってもらって良かったのは言った通りです。それまで付き合ったことのある男の子とは、お互いに羞ずかしがつて手を繋ぐのも時間が掛かり、キスにはなかなかたどり着けないような関係だったので、この手の早さが彼の言う。
セックスではイケない

オッパイですかぁお願いしますチンチンもっと踏んで下さい

ヘンタイ。なのかなと、この時は思いました。でもそんなのはまだちっともス。じゃなかったんです。彼は決して私がイヤがることを無理に求めるようなことはありません。だからこれからお話することは全て私も合意した上の行為です。すごくハズカシイけど、彼とお付き合いしてるうちに、私の方もどんどんスソタイになってしまうみたいでした。


股間で暴走する快楽の嵐が収まるわけではありません

麗の目尻に涙が滲んだ

普通なら絶対考えられないような行為をしてしまうのがすごく刺激的で、ハズカシイことをするのが病み付きになってものすごくコーフンしちゃうようになったんです。アソコの毛を剃ってツルツルにされたのは初体験の次のデートでした。美樹ちゃんの下のオケケを僕の宝物にしたいんだ。彼ったらそんなことを言い出し、ビックリする私に、イヤだったらいいよ、やっぱり別れよう、なんて言うんです。私は、ああこれが彼の言ってた。ヘンタイ。なんだと思い、正直イヤでしたが見られる部分でもないし、かなりモジャモジャで毛量が多い私はハミ毛の処理も大変でしたから、許してしまいました。
セックスです

何を要求されても抵抗や拒否は許され慎一が奴隷にしたもう一人の女-ユリカの親友であ


ビデオを見終えたあとボーッとしていた美人の人妻は

すると次に彼は、私が動くと危ないから手錠を掛けさせて欲しいと言い出しました。あ、あの、陽介君。毛を剃るだけだよね、変なことしない?もちろん。こうしてなし崩しのように、私は彼の自宅の部屋でセーラー服のまま人の字に拘束されていました。両手は背中で束ねて手錠に繋がれ、両脚は大きく開いて閉じられないようにギリギリと足首を手錠で拘束されたのです。み、美樹ちゃんつし。陽介君、イヤだ、怖い…いつも冗談ばっかり言って私を笑わせてくれる陽介君の目がいつになく真剣で、鼻息が荒くとてもコーフソしてるのがわかりました。

  • この四日間でおそらく五十回以上は射精しているだろう
  • 乳首を尖らせた胸のふ君子は喉詰まりの呻き声を室内に響かせ下腹部を反り返しながら
  • 調教ショーに参加してから二ヶ月あまりたった日

アソコを弄っていました

挿入するともう何の遠慮もなく欲望のままにズンズンとストロークして腰を打ち付ける

蜜を滴らせ、今にも枝から落ちそうな熟した果実のようだ。その恥部からは淫らな液体がトロトロと流れている。両手を後ろにまわし恥部を広げ、そうだよ、それが涼子だ。はいっ。みっともない涼子の淫乱マンコを犯してくださいっ。高坂は涼子を後ろ向きのまま抱き寄せ、屹立した男性器を跨がせると、腰を抱えてゆっくりと落としていった。
子宮にぴったりと貼り付いているのです

男性自身がじわりと飲み込まれてゆく。っっっっっっ!あぁああっ。あまりの気持ちよさに涼子は言葉を失う。二か月の間これを待ち焦がれていた。毎日毎日これを思って秘所を自分で慰めていた。自分の指では決して行けないところまでようやく今夜行。ことができるはずだ。その期待以上のものがこの最初の一撃ですでに訪れていた。

挿入の充実感を


親指でクリトリスを押し潰すように揉み込みながら

動くこともできない。動いたらその瞬間に絶頂に達してしまいそうだからだ。高坂は根元まで沈めたところで涼子に前を向かせた。つながってるよ、よく見なさい。涼子の脚をさらに開かせ、ふたたび陰茎を抜きにかかる。ああ、出てきましたっ。汁まみれのチNOンがつ。な、中があんなにビショビショになって。涼子がいやらしいからだよ。そうです。自分で動いてみなさい。
セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

一筋のパールだけがついている下着をつけてドキドキしながら待ち合わせ場所に

で、でも動いたらもう、いってしまいます。7ってもいいよ。今日は何度でもイカせてやるからね。二か月ぶりのセックスで思う存分イクんだ。涼子は鏡を見ながら腰を沈めてゆく。濡れまみれた高坂の男性器がふたたび陰部の襞を分け入ってくるのが目に入る。視覚からも、そしてもちろん実際にお互いの性器が擦れあうことで触覚からも刺激を受け、涼子は予想通りすぐに達してしまった。あっ、あひいいつ、イクっ、い、イキっぁああっ。


あらためて彼女が奴隷であることを田知らせた

アソコを開き

もっともっとめちゃくちゃにしてやる。涼子が絶頂を迎えると、高坂は抱きかかえてベッドまで運んだ。そのまますぐに正常位で貫それまでの余裕ある支き、凄まじい速度で腰を打ちつける。涼子の体を激しく貪るその姿は、配者のものではなかったが、それが涼子にはうれしかった。ああっ、好きっ、好きなのっ、ずっと好きでしたっ。あっ、あっ。中に出すぞっ、涼子の中に全部っ。出してっ、精子全部つ、中にっ。
騎乗位では、グイングイン自分で腰を振りまくってくれますよ☆男は我慢できなくなると正常位で一気に

乳首を指の股に挟んでクリクリしながら


下着の布地

その瞬間涼子は両脚を高坂の腰に絡め、両手を首にまわした。高坂は涼子を強く抱き締める。唇を重ね合わせ、舌を絡めあった。触れたところが自分のものなのか相手のものなのかわからなくなる。涼子の胸が高坂の胸で押し潰され、二人の性器が溶け合ってゆく。二人はひとつになった。四月だからだろうかさらに四か月が過ぎた。

  • フェラチオの間
  • 勃起して大変よ
  • クリトリスを指で潰します

お尻が顔の上に乗りました

お尻に入れらいちじく浣腸をされて

元々、骨格が細いしに、胸の隆起以外はあばらが浮いているほど痩せている加奈は、自分の話題になっても意に介すことなく、一心に夏美への奉仕を続けていた。夏美は二十四歳になったばかり、乃里子は十九歳。夏美の方は十歳上の加奈をすでに呼び捨てにして、自分の優位を保って。だから、加奈が手術したらものすごいスタイルになると思って楽しみにしていたのになぁ。そんなことを言いながらも、夏美はゆっくりと腰を前後させはじめた。

アソコにも
アソコにも
膣底や
膣底や


拘束されていました

尻穴にまで指を打ち込むと長い舌はクリトリスだけに固執していなかった実は加奈本人は覚悟が完全に出来ていたようで、中止が決まった時にはいささか拍子抜けしてしまった感じに米倉には見えた。あえて感想を口にさせたわけではないが、豊胸手術が嫌で前の調教から逃れたということに拘りもあって、今回はそれが奴隷としての自分に課せられている、避けては通れない道と思っていたのではないか。こだわもっともその代償として受けたのが、金串をその美乳に突き通されるという究極の乳責めであり、豊胸させないのも、本物の乳房に刺した方がいい、つまりまた同じ責めが行われるという宣告でもあったわけで、どちらが本人に対して厳しいかと言えば、むしろ手術を受けないことの方かもしれない。三田村の許可もあり米倉夫妻専属の奴隷になり、普段はこのマンションでふたりの奴隷としての生活をしているものの、ゴールド会員からの指名があれば断ることなく、差し出しているし、三田村はよりハードな責めを課すビデオを撮る計画も進めているようだ。あん、気持ちいい。でも、私一度男の人の役やってみたいの。

お尻に顔を埋めてきました

騎乗位でまたがりあそこのディルドつけて加奈に入れて責めてもいいですか、先生。夏美は、棚に並んだ疑似男根付きのベルトを指さした。万里子、あそこの黒いのと赤いの、ふたつ持ってこい。言われて乃里子が立ち上がる。黒い太い方を夏美に渡して、お前は赤いの腰に巻くんだ。あん、とさらに声を出して夏美はようやく加奈の口から離れて、乃里子の手を借りて立ち上がり、ベルトを受け取ると、そのペニスの形の部分をすかさず自分の口元に持っていった。いきり立った肉棒に押しつけたわー、おっきい。こんなの入るのかしら。私とても根元までは銜えられないかも。と、言いつつ口に含む。加奈、両手で足首持って、もっとよく見せてみろ。さすがにふたりの女の性器への長時間の奉仕で、息が切れているようで、という返事の声が少しかすれた。さっさと赤のベルトを腰に巻いた乃里子に続いて、夏美が巻いた黒い男性器部分はぬめぬめと彼女の唾液で光っていた。わあ、凄い格好。恥ずかしいでしょう、とっても。

美千子がペニスを手に亀頭に舌をからめてきた

もうこのまま入れちゃっていいですか、先生。根元まで入れたらすぐには動かずそこで止まれ。見ている前で夏美が膝をついて、右手で疑似男根の根元を持つと、加奈の性器にゆっくりとそれを没入させていき、ずぶずぶと根元まで納まる頃には、あーーつという声とともに、加奈は軽く絶頂したようだ。ワセリンのふたを開けて指で掬うように目米倉は乃里子を手招きして、で合図した。心得た乃里子はそれを自分の赤い疑似男根に塗り回し、夏美の背後に回。


出す時に触手にバイブレードが捕られてしまった

えっ、私なの。加奈に入れるんじゃないの。米倉がさらに合図を送ると、乃里子は夏美の双の尻たぼに手をかけて広狙った場所が性器ではなく肛門であったこともあり、さすがに慣れていない乃里子はなかなか入れることができなかったが、最後は夏美が自分から協力したのだろう。仰向けに寝た加奈の上に夏美、その後ろに乃里子と三人が連結された。動くのはひたすら夏美だ、自分から望んだんだからしっかりと動いて、出し入れして加奈を責めて見せろよ。すごぉい。お尻が一杯です。乃里ちゃんじっとしててね。夏美は米倉の言葉もあってそう乃里子に言ったが、乃里子が夏美の動きに合わせて動かない限り、最大限に突き込まれた加奈の性器からそれが抜かれるということは、自分の肛門にはより深く疑似男根が突き刺さってくるということだった。M字開脚

ペニスの根元に指を添え

お尻にヌルヌルした

クリトリスは
勃起は萎えるものだ

もはや、わけがわからない。亜由美は、ついさっき、夫としてたはずだ。自分を目一杯押し広げた男の感覚が、強烈に残っている。違うわ、あなたのは、お口で。寂しそうな硬直を、亜由美はしっかりと見ていた。しがみついた筋肉そのもの身体。口に入れた、あの感触、匂い。すべて、慣れ親しんだ、愛する夫のモノだった。

していいオナニーは

でも、あなたは私に、入って…いや、違う、違う。あなたにしがみついて。でも…じゃあ誰と。してた。の、私。夫としていたのか。いや、誰に犯されたのか。もちろん、亜由美の悩乱は、心のバランスが崩れたせいばかりではない。腐臭に似た。お清め。の煙と、淵野辺の誘導、そして亜由美白身の羞恥と防衛本能が、自己催眠状態に追いやったのだ。

オナニーが子供だましに思える程の素晴らしい快感で絶頂を口走りました

激しくフラッシュバックする記憶の中に、確かに夫の身体にしがみついたぬくもりがある。夫のモノをくわえた記憶がある。身体を貫いたのは…そこで突然、あなたとしてたのよぉ。フラッシュバックは、途切れてしまう。犯されたのか?違うわ、あなたと、心の中で子どもがをこねるような泣き声を上げた亜由美。そのくせ、身体は、亜由美の心を無視して命令に従っていた。何も考えない無心な動きそのものだ。ちゅぽんと音を立てるように吸い付いては、巧みな圧力をかけながら舌を使う。ペニスを胸の谷間にサンドイッチし

調教の日銀香さんの合宿で

軟口蓋と舌で、挟み込むようにしてカリを滑らせる。熱心なフェラのすぐ横に、和花がいる。男達は、おもしろがって、和花を犯す。大開脚を強いながら、子宮を突き上げんばかりの激しい責めだ。和花の牝肉は、オトコに媚びるように絡みつき、締め付けてオトコを喜ばせる。うな快感を生み出してしまう。ああ、あうう、あう。

アナル性感が発達しているありささんは
病室で医師にレイプされたことを

舌でペニスを押しだすこともできなかった

尻へと舌を伸ばしてくるそのくせ、和花自身の子宮まで蕩けるよたまらず、淫声を漏らす和花白い津波に翻弄されながら、喘ぐ合間に、かろうじて呼吸をするありさまだ。そのくせ、その目は、亜由美の口に捉えられた夫を見ている。岩浜も、淵野辺の顔色を窺いながら、亜由美の細い腰を抱え上げた。相変わらず巧みなフェラを続けながら、男の手に誘導されるがまま、自動人形のように丸い尻を後ろに差し出してくる。長い足を折り曲げて、膝を立て、差し出される尻は、オトコを欲しがってヒクヒクと蠢くビショビショの無毛の牝芯が丸見えになっていた。

ペニスを咥えてしごく

ゆっくりとオトコを近づける岩浜に、待ちきれぬかのように尻をくねらす亜由美。フェラをしているクセに、その表情が、ひどくあどけない。九頭身のすらりとした裸体が差し出す尻は、まだ子供を産んだことがないだけに、少女のような腰つきにつながっている。その見事に張りつめた曲線は、なおさら淫らさを強調する。さあ、亜由美、安心して感じるんだよ。淵野辺が、亜由美の耳に囁いた瞬間、ぬるりと侵入する岩浜。

セックスレスになって久しい

私の周りは不倫している人妻だらけです

アナル棒は
尻に敷かれ続ける靖夫に対し

なんであんな男を気にしなければならないの?な奴だわ。あんな風にじっと見つめてくるなんて失礼わたしに見られて相手がどぎまぎする、それが本来の反応のはずなのに、わたしが見られる。側にまわるなんて…。あのとき動揺したことが涼子のプライドに障り、高坂の印象を悪くしているようだった。あんな奴とかかわりあいになるのはだわ。もう気にするのはよそう。こんなの朝吹涼子のすることじゃないわ。そう自分に言い聞かせると、自分を取り戻すには仕事しかないとばかりに毎日の業務に没頭していった。

妻に挿入したまま

呪縛それからさらに五日ほどたったある日、があった。仕事を終えて先に帰宅していた涼子に周平から連絡。大学時代の後輩に会ったので、一緒に家に向かいます。メールにはそうあった。またか。めんどくさいなぁ。周平はたまに知りあいを家に連れてくることがあった。

アナル粘膜を摩擦して

おそらく美人の妻を自慢したいのであろう。酒も飲んでいるに違いない。しかたない。ビールとちょっとしたものを二、して待っていると、ガチャリとドアを開ける音がした。三品用意。ただいま。声がしたので出迎えにいくと、そこには周平とともに高坂俊臣の姿があった。やあ、どうも。後輩ってひょっとして…。あれ?二人はもう知りあい?ええ、朝吹っていう姓を聞いて、あのときもしかしてとは思ったんですが。騎乗位で

アソコをペロペロと舐め始めると

ほら市政担当になので奥さんにはこのあいだ役所で会って一足先に御挨拶を済まなったって話したでしょう。せてます。あ、なるほどね。まあとにかく上がってよ。ビールを飲みながら大学時代のことをいろいろ聞く。大学は違ったんだけどバイト先で知りあったんだ。昔から何考えてるのかわからん男だった。あの無口な男が大丈夫かなと思ってたんだけど俺なんかよな。

膣の中へバターのようなものを入れられたのです
下半身だけ裸の

あんなに気持ちのいい射精は経験したことがなかった

ペニスも大きくなっているのだろうか新聞記者になったって聞いて、より立派になっちゃつて!いやいや。そうだったのね。なんだ。あのとき見つめられたのは先輩の妻だと思ったからか…。ほっとするとともに少し拍子抜けした。変に意識して、勝手に反感を持ってしまったことを内心申し訳なくも感じた。その後少し話をしてビールを一杯だけ飲むと、始めた。迷惑だと思ったのだろう、高坂は帰り支度を。

クリンとした尻が

突然申し訳ありませんでした。いえいえまたどうぞいらしてください。家に帰るまでにかなり飲んでいたのであろう、周平はうとうと眠りかけているようだ。周平さん、高坂さんお帰りになるわよ。肩を持って軽く揺すってみるが、もう眠気に勝てないようで動こうとしない。寝室まで運びましょう。え、あ、はい。じゃあこちらです。少し躊躇したものの、周平をこのままにしておくわけにもいかない。

さっきよりも強いオーガズムが訪れそうな気配があった

オッパイを舐められただけでイクとは荻野は唖然としたが七重自身も驚いているようだっ

美穂の耳元に囁くと、右手で乳房を、左手で陰核を愛撫しながら男根の抽送を開始した。バストと肉芽を同時に愛撫されながら男根を抽送される愉悦に。ああんっいいっ。はうううああ。美穂は甘く切なげなすすり泣きの声を上げながら、しなやかに腰を振り始める。男が乳房を捏ね上げ、肉芽を転がすたび、沸き上がる愉悦はすべて雄大な男根に擦り上げられる秘孔に集まり、美穂を急速に頂点へと押し上げていく。美穂と男が繋がり合う局部は流れ出した精液と愛液に塗れ、グチョグチョと淫らな音を響かせた。
セックスレスになって久しい

  • ペニスに指を添え
  • 少年は二度目の長い長い射精に入った
  • 後ろからタイトスカートを引き上げ下着をずり下げて

調教ビデオそしてそれは男根の突き上げと美穂の腰使いが激しくなると、さらに大きな音を立ててしくガラスの外ではホームレス達が美穂の見事な腰の動きに目を見張っていた。前後左右に忙しなく腰を振る美穂の姿は凄絶な色香を発散していた。しかもその花唇には巨大な男根が埋め込まれているのだ。これ以上淫猥な眺めは無かった。男が抽送のピッチを上げ、激しく美穂の秘孔を突き上げると、んぁぁっもう瞥イッちゃうわ…。美穂はあっという間に追い詰められる。さあいくんだ、美穂。男の言葉に、あ待ってはああっ…あ…あなたもんんっい、一緒にくうっあな美穂は襲い来る快感に煽られ、途切れ途切れに言った。

 

バイブを埋めていくと

男は一旦、抽送を緩め、愛撫の手を止めると。やっぱり、外に出すかい?美穂の耳元で囁いた。駄目よ…。だって中に出しちゃ駄目なんだろう?anホンと意地悪なんだから美穂は振り向いて男を睨んだが、その目付きにはまるで険が無かった。いいわ…中に出してもいえ、中に射精して欲しいの…。男はにやりと笑うと抽送を再開する。激しい突き上げが美穂の子宮を襲った。はああっ凄い、…んんぅぅっああっいいっ。
今宵の夫婦エッチは
美冴緒の股間は秘肉のありさままではっきりと見てとれた
ピストン
美穂は乳房を潰れるほど強く揉まれ、肉芽を指先で捏ね回されながら、男根の動きに合わせて激しく腰を使う。美穂の秘孔は男根を肉襞で締め上げ、引き絞るように蠕動を繰り返し、男根が抽送するたびに愛液を滴らせた。男の手が美穂の花唇から離れ、両手で乳房を揉み上げ始めると、に潜り込んで膨らみきった真珠を転がす。美穂の右手がすかさず花唇美穂は体中から送り込まれる凄まじい喜悦に責め抜かれ今までのエクスタシーを上回る鮮烈な絶頂の予感に激しい悦びの声を上げる。よし出すぞ、美穂!男は渾身の力で男根を美穂の子宮に叩きつけた。

 

下半身を露出させられている酷い写真だったのです

美穂が全身を激しく痙攣させるのと同時に、男根が膨れ上がり美穂の子宮口に精液を叩きつけた。んああっし美穂は膣内に激しく迸る精液の感触に、に呑み込まれていく。さらに高い絶叫を放って芳烈なエクスタシーの奔流凄まじいまでの絶頂だった。美穂は体内を激しく駆け巡る快感に、体がドロドロと溶け出してしまうのでは無いかと思った。精液が膣内に勢い良く迸り、膣壁を押し広げる感触に美穂はこの上ない喜びを感じ、全身をブルブルと震わせた。
痴漢

父親と親友の激しいセックスを一部始終覗き見して

弛緩し、男の体にぐったりと全身を預けた美穂は、と続く射精の感触を楽しんだ。エクスタシーの余韻に浸りながら、長々。ああ…いっぱい出てる。わたしの中に精液がいっぱい。美穂の体内はたっぷりと暖かい精液で満たされていたが、男根を締め上げ、精液を搾り取るように蠢いた。秘孔はさらに貪欲に襞を絡ませてようやく男根の脈動が止まり、射精が終わると。ああ…凄かったわ凄く良かった。美穂は満ち足りた表情で言った。

長い舌はクリトリスだけに固執していなかった

クリンと丸く張り出した尻

マゾOLはハァハァと呼吸を荒げ、緊縛された不自由な身体をよじって悶えています。しかし、フルサワがカメラの前で単なる前戯のような指マンのみでことを終えるはずがありません。彼はと呟き続ける彼女の様子を見つめると、今度はちょうど鳥のくちばしを模した形に五本の指をそろえ、さっきと同じように手のひらを上にしてゆっくりと指先をおま゜こに挿し入れていきました。私が本格的なフィストファック。を眼前で見たのは撮影でのみそれも数人だけです。しかしずぶずぶと男性のこぶしが膣に入っていく光景は非常に衝撃的で忘れられるものではありません。
アソコを弄っていました

私は調教師のチュリップ型に曲げた右手を見て、すぐに彼がフィストファックをしようとしていることが分かりました。こぶしを挿入する際のコツは、大量のローションを使って、手とおこの間にローションの膜を作ることです。手をローションの波に乗せてヌルリと膣に運ぶ感じでしょうか!?そのためにも手にローションを薄く塗り広げるのはNGです。指先が五本とも挿入できたら、小指と人差し指の付け根で膣の入り口を少しずつ押し広げながら、ゆっくりとこぶしを半回転させ、おまんこの中で指をグーに曲げていきます。こぶしで最も幅がぁるのは指の付け根なので、ここを押し込むことが出来ればあとはヌルリと膣内に入るのです。

アナルバイブのスイッチを入れた排泄孔をくねり動くもので刺激され


射精コントロールを身に着けてめったな事では暴発しない自信があったのだ

フルサワはローションを追加しながらゆっくりと拳を進めていました。睦美さんは。あっ、あっ。と小刻みに声を漏らしていましたが。無理です。などの言葉は発していません。これはいけるかもしれない…と思った瞬間、調教師の拳がぐっと牝奴隷のおまんこにめりこみました。あ藤漢、分かるか!?今お前の中に俺のこぶしが入ってるんだぞ。嘘、あ、大きい、来るのぉ!おかしくなっちゃう!
調教する女が現れるものではないし

セックスをするには窮屈だったが

すごい、ぐいぐい締め付けてくる。いいぞ、おかしくなれ。このまま俺のこぶしでイケ!だめ、あ、あ、あ、いいっ!だめ11っ!フィストを受け入れたM女は、全身をこわばらせて痙攣し、何度も絶頂に達して…そして、ふっと緊張の糸が途切れたように果てました。撮影終了後、睦美さんは。ありがとうございます。乱暴にバイブを使われると痛い、って言っておいても、いざ撮影となると必要だから我慢してくれ、とかそういうことになるのかな…と思ってました。でも、プロの方に縛ってもらいたい、という夢も叶いましたし、それに道具じゃなくてロウソクや手でイカせていた。


そんなことないものポッチリと乳首が浮き立っています

マンコがヒクヒクして

だいて嬉しかったです。と、ていねいに挨拶をして帰っていきました。私が調教師に。彼女みたいな、最初から全部出来るみたいな女性っているんですねと言うと。まぁね、何割かはそうだよ。だから俺は。女を仕込んだ。M奴隷に育てる。って言われても。ふうん。って思うことが正直あるよ。今日だって俺が睦美さんを奴隷調教したわけじゃないだろう!彼女は自分でも言っていたように。最初から全部出来る。才能があったから、フィストまで受け入れられただけだよ。
奴隷としたいと思います

射精を回避するため


奴隷全員に使うことができますので

と静かに笑いました。たった一日のSM撮影で一気に被虐性を開花させることの出来た睦美さんは、間違いなくマゾヒストの才能。を持った女性でした。それにしても縛っただけであそこまで身体を熱くしてくれると縛り甲斐があるよ。縄酔いするM女を求めるサディストだったら、それだけで彼女を手離さないだろうなぁとの調教師の言葉を思い出し、彼女の。がどうか幸福に作用しますように、と祈ってスタジオを後にしたのでした。拡張エクスタシー成美成美さんは私たちがレディコミ誌に載せた。素人SMモデル募集。の記事を見てメールをくれた女性でした。

  • 心配になるほど股間が潤んでいるのを知ってこんな所を誰にも見られたくないはずなのに
  • 肛門か
  • 肉棒を抜かず

エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから

ちなみに今でもこの時の彼女以外と風俗の子以外のおマンコをなめた経験はありません

地元の話題を取り上げる、地方局のよくあるバラエティで涼子は当選以来二度目の出演だ。ぎ、議会の例会が六月からなのでその準備と政策の勉強ですね。年生ですし…。ま、まだ何もわからない!いやらしいことからなる。必死の努力で一つ一つ質問をこなす。べく思考を遠ざける。体中がうずいて仕方ないが、しかしきれいなだけじゃなく陰でいろんな努力をされてるんですねぇ。
膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

司会者の。きれい。という言葉で、自分の顔に皆の注意が引き寄せられているのがわかる。塗りたくられたはしたない分泌液のことが頭をよぎる。その瞬間陰唇がヒクヒクと痙攣しジュワっと下着を濡らすのがはっきりと感じ取れた。そのうえ相変わらず二つのローターが休むことなく刺激を続けている。視聴者のみなさんも期待されていると思いますので頑張ってくださいね。たくさんの視聴者が見てる?わ、わたしの汁まみれの顔を。

オーガズムに上り詰めたままの亜由美には


これからは自そう思っただけでズボンの股間が突っ張ってくる

はい、あ、ありがとうございます。もう限界だと思った。声が出てしまう。終わりだ。それでは今日これまでの話題をVTRでまとめましたのでどうぞ。画面が切り替わってVTR映像が流れ始めた。ふううううっ。大きな溜息を装って声を出してしまう。先生お疲れですか。あともう少しですのでVTRの感想、準備しておいてください。
股間に手を差し入れて

兄さんもあんなきれいな人妻と浮気をするなんて隅に置けないわね

司会者が気遣って声をかける。え、ええ。なかなか慣れず、き、緊張してしまって。最初はだれでもそうですよ。助かった。だが状況が良くなったわけではない。むしろ刺激がどんどん重なっており、いつ全身汗びっしょり崩壊が来てもおかしくないところまで来ていた。もう顔が真っ赤に上気し、になっていたが、緊張している素振りでごまかし続けるしかなかった。再度画面が切り替わり、スタジオの涼子たちへと戻る。


奥さんのアソコ

乳首少女らしい美しいものへの強いあこがれと同時に

先生、なにか気になった話題ありましたか?そ、そうですね。駅前のシャッター通りについて、わたしも駅前に事務所を借りているので出しあって、昔の賑わいをと、とり、身近な問題です。なんとか地元の方とも意見をだ、戻せたらな、と考えて、ます。早く、早く終わって。もうだめっ。これ以上しゃべれないっ。確かに大きな問題になってますよね。苦しそうな表情でただ頷く。あ、あっ、だめっ。クリトリスつ。マンコもつ。限界っ。
痴漢

陵辱的な内容が趣味である事は


わたしのマンコをもっと気持ちよくしてください一気に口走ってしまったのである

おかしくなるつ。チンチンすぐにつ。み、みんな見てるのにチンチンすぐに欲しいっ。もう何も考えられなかった。だれのものでもよかった。自分で自分の首を絞めるようにさらに発情してしまう。司会の男の肉棒を想像してしまい、こ、この男のでもいい?は、早くだれでもいいから突っ込んでっ。では本日のゲスト、美人すぎる市議、朝吹涼子さんでした。

  • 下半身へと舐め進んでいった
  • 女子高生の私が男の子の前で晒すにはあまりにも羞ずかしい
  • ペニスの

ペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した

あゆみはあ彼のお友達のチンポでおまんこが気持ちよくなっていますぅぅ..

だけです。なぜなら私には帰る家がないのです。自分より-0歳も上のとび職の男性と結婚する事に私の両親は猛反対で、家を飛び出して駆け落ち同然に結婚してしまったのです。それ以来まだ一度も実家には帰っていません。今帰っても、それ見た事か、となって雅之さんと離婚させられるだ。けの事でしょう。荷造りしている内に少し冷静になって考えた私は、本当に出て行くかどうかためらいを覚えました。

調教される様子を見てみたい
調教される様子を見てみたい
成熟した人妻のボディは逆に淫らな反応を示し
成熟した人妻のボディは逆に淫らな反応を示し


膣の入口や襞々を器用に指は粘りのある愛液で早くもベトベトだった

痴女たちの逆エッチな女の子に堕ちてしまったように見せれば良いのですから雅之さんが嫌いになったわけではありません。お母さんに夜の事を話すだなんて許せませんが、それだってお母さんがそう言っただけで、私を追い出すため仕組んで言ったのかも知れないのです。何よりマザコンであっても、雅之さんの経済力は大きな魅力です。お母さん。の存在をのぞけば、今時専業主婦で何不自由のない生活を送る事の出来る妻の座と言うのは、とても得難いもののはずなのです。高卒で何の取り柄もない私にとっては。玉の輿。

小さなクリトリスを本格的に弄り始めるクリトリスも

勃起していた光太郎のモノがの感情に任せて捨ててしまっていいのでしょうか~のような結婚を、一時この小汚いブラとパンツを持って、何やってんだい!行き!とっとと出ておしかし迷っていた私の背中を押すような、お母さん。の下着を放り投げて寄越した仕打ちは決定的でした。の言葉と洗濯物。まあまあ、美咲さん、てみてはどうですかの。よく考えなさい。雅之が帰ってから、よく話をしいよいよ私が出て行く時に、お父さん。が冷静にそう声を掛けてくれましたが、キッと睨み付けた。乳首の色とかマン毛の生え具合とかお母さん。にもう耐えられない気持ちになった私は、男家の大きな屋敷を後にするよりなかったのです。さて家を出たものの、行くあてがなくて困った私は、一番仲の良い高校時代からの友人が1人暮らしをしているアパートに転がり込みました。彼女も私と同じように高卒でフリーターをしているのです。一緒に働いていたこともあるのですが、彼女は私を見てビックリしていました。もちろん駆け落ちして嫁いで行った家を出て来た、と言うこともですが、私がその時着ていた服が驚きだったようです。

尻穴に性器にも劣らない性感帯が存在するのは常識である

結婚する前の私もそうだったのですが、彼女は洗いざらしのジーパンにラフなシャツと言う格好で、髪の毛はボサボサ、狭い部屋の中は散らかっていました。それに対してその時私が着ていたのは、私の年齢では不釣り合いなブラソド物の服装です。こんな所に座ったら汚れるんじゃないか、と友人が心配してくれたくらい高級なファッションの私は、雅之さんの妻の座の有り難みを考え直さないではいられませんでした。事情を話すと、友人もやはり考え直しなよ、とアドバイスしてくれました。そうこうしていると、雅之さんが使っている元不良の男の子達が2人この場所を探し当ててやって来ました。


毎日のようにオナニーはしているが

雅之さんの事を。と呼んでいる彼らは、話をしたいから頭領が帰って来て下さい、と言ってます、と何やら贈り物の包みと一緒に伝言を伝えて来たのです。包みの中には、私がこの前欲しがったジュエリーが入っていました。大いに羨ましがる友人にも強く薦められて、結局私は一晩で又男家に戻る事にしたのですがそこにあまりにも悲惨な運命が待ちかまえていようとは思いも寄らぬ事でした。次の日の夜、帰って行った男家の20畳はあろうかと言う大きな床の間で、私は家族会議に掛けられていました。いえ、正確には会議に掛けられたのは雅之さんです。男性が下着を脱ぐように

セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

ジンジンと痛む股間を抑えながら

志摩子は腰を反らせるだけ反らして、自慢のヒップをこれ見よがしに貢の方に突き出した。ピン立ちの肉棒に恥部剥き出しのパ。ティのスリットを押し当てる。ああっ、僕のオチ。チンがあ。そう、あなたのチンポが今から、ズボッと入るのよ。志摩子先生のオマンコに。沙貴が貢の恥毛を指先でさらさらと触りながら、あう、貢クンのチン先がくっついたわ。眼を合わせてくる。ヌニュッ、グチュ、ズルッ。
年上の熟女

志摩子が尻を盛んに上下動させて、貢のペニスに擦りつけてくる。あ、そんな、あっ、あひ、あうああ…そんな卑猥なやり方をされたら、シャイな包茎棒はさらにさらに勃起してしまう。思いきり入れて頂戴!ブリブリ張った亀頭が志摩子のマンコ穴に入ると、をして貢を振り返り、挿入を促した。志摩子は上気した顔貢は志摩子のどっしりとした腰を両手で抱え、肉棒のポジションを定め最早何も脳裡には浮かばず、腰を志摩子の臀部へドンと突き出した。はううーっ、貢クンがお、奥まできたわ。もっときて考チンポきてぇ!志摩子はセックス狂いの淫語を連発し、膣圧で貢のペニスを搾り抜く貢はその言葉に煽られて、腰を突き出した。

人妻の性的経験の乏しさを物語るようで


押しこまれたのはバイブレーターだった

勃起したペニスは、陰毛のところまで膣内に埋没した。強い膣圧の中をしゃにむに突き進む。ズンギュッ。ズボッ、ズン、ズソッ。力任せに子宮口を突いて犯した。両手でしっかり志摩子の尻肉を掴み、腰を精いっぱいの力でくり返し突き出した。貢の亀頭が子宮口に入り込む。子宮に、き、きたわ…イググ、イグウウはうつ、イ、イク、イクッ:イクウウウーツ志摩子はこってり脂肉のついた雌腰を振り続け、みるみるアクメに達し貢も限界を超えた快感で、ついに熱液発射の瞬間を迎えた。ああっせ、先生の中に、出ちやう!充血しきったペニスが、ドックンと、脈打ちを開始した。
ペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した

クリトリスをつままれたら

熱い白濁液のマグマが、カテーテルが抜けたあとのヒリヒリした尿道内を勢いよく上昇していく。先生のオマンコに出すのよ!沙貴が貢の尻を平手で叩いた。イ、イッ、イクウツー僕、出るう!ペニスに強烈な快感の脈打ちが始まった。赤い尿道口が開いて、熱液を射精した。志摩子の胎内にいくらでも飛び出していく。貢の亀頭は子宮口に闖入していた。ねっとり感の強い精液を女医の子宮内に直接射精した。


お尻なんてキュンとしてちっさくて引き締まってて

刺戟的な下着をつけた下半身がむき出しになっていた

先生、中に出ましたか、貢クンの精液?沙貴がまだ射精されているところだというのに、あけすけに聞いた。精液が中にし、子宮に、きたわーひぃーっ、イ·イクウアアアアアアーツ!志摩子は口から淫らなアクメの声を奏で、鳥肌立てて絶頂に達した。あうわああっ、オマンコに、出る、出るう!うソはぁああっクツ、イクウウウックウツー-イ貢は熟した膣肉で強烈に締めつけられながら、射精しまくった。天国の快感が腰肉に染み込んで、わななき、イキつつまだ腰を突き出す。石のように硬くなったチンポをズボッと、女医の雌性器にぶち込んで射精した。
騎乗位で

にっこり笑った人妻は


子宮に直接

あうー、子宮にいっぱい出されたわ。子宮の中に、貢クンの精液がドピュッと…ですね?沙貴はまるで志摩子のアクメを見て楽しみ、悦ばせようとするかのよう。かつ志摩子に卑猥に言ってブルッ、ブルブルッ。オマンコに貢のペニスが刺さったまま、大きな臀部を震わせる志摩子。これまでの貢に対するS性とは対極にあるマゾとしての絶頂感の中で、生殖器の括約筋が射精した包茎棒を締めつけている。あう、あ、あぁああー。喘ぎ声を漏らし、女医の体内にペニスを入れたまま収束していく貢。

  • 下着を
  • 尻をトレイが乗ったワゴンに向けた
  • 蠕動に膣の奥がかきまわされる