子宮にぴったりと貼り付いているのです

二十一歳のロリータ娘は

私でも、もしかしたら目があるかも知れないではありませんか。そしたら何と彼からは即オッケーの返事だったんです。私はとてもうれしくて、私のためにウソまで付いて勇気を出させてくれた友達に感謝する気持ちでいっぱいになりました。ところが彼はオッケーしてくれた後すぐに変なことを言いました。最初に言っとくけど、僕、ヘンタイなんだけど、いい?陽介君はルックスがいいだけじゃなく、とても明るくて冗談ばっかり言う面白い人なので、女子の間ではとても人気があるんです。
人妻の子宮の奥に注ぎ込まんとばかりに放出してしまったのだ

たぶんこれも彼らしいジョークみたいなものだろうと思った私は、あまり気にしませんでした。バージンだった私は彼が言う。ヘンタイ。がどのようなものかわからす男の子がえっちなのは普通だろうと思いました。家でパパやお兄ちゃんが、えっちな雑誌やサイトを見たり変なビデオを持っているのも知っていてそれはすごくイヤでしたが、陽介君ならちょっとくらい許せる。かな、なんて今思えばすごく甘いことを考えてたと思います。付き合い始めてみると、彼は自分で言った通りすごく。

肉棒を咽奥までくわえ込んでも


調教を始めてみてわかったことだが

ヘンタイ。だったんです。前の彼女。私なんか比べものにならないくらいキレイな子でした。も、あまりに彼がヘンタイなのでイヤがって別れちやったそうです。オッケーをもらって初めてのデートで、いきなりキスされて体を求められました。でも私はあこがれの陽介君ですから許してしまい、彼にとてもE手にバージンを破ってもらって良かったのは言った通りです。それまで付き合ったことのある男の子とは、お互いに羞ずかしがつて手を繋ぐのも時間が掛かり、キスにはなかなかたどり着けないような関係だったので、この手の早さが彼の言う。
セックスではイケない

オッパイですかぁお願いしますチンチンもっと踏んで下さい

ヘンタイ。なのかなと、この時は思いました。でもそんなのはまだちっともス。じゃなかったんです。彼は決して私がイヤがることを無理に求めるようなことはありません。だからこれからお話することは全て私も合意した上の行為です。すごくハズカシイけど、彼とお付き合いしてるうちに、私の方もどんどんスソタイになってしまうみたいでした。


股間で暴走する快楽の嵐が収まるわけではありません

麗の目尻に涙が滲んだ

普通なら絶対考えられないような行為をしてしまうのがすごく刺激的で、ハズカシイことをするのが病み付きになってものすごくコーフンしちゃうようになったんです。アソコの毛を剃ってツルツルにされたのは初体験の次のデートでした。美樹ちゃんの下のオケケを僕の宝物にしたいんだ。彼ったらそんなことを言い出し、ビックリする私に、イヤだったらいいよ、やっぱり別れよう、なんて言うんです。私は、ああこれが彼の言ってた。ヘンタイ。なんだと思い、正直イヤでしたが見られる部分でもないし、かなりモジャモジャで毛量が多い私はハミ毛の処理も大変でしたから、許してしまいました。
セックスです

何を要求されても抵抗や拒否は許され慎一が奴隷にしたもう一人の女-ユリカの親友であ


ビデオを見終えたあとボーッとしていた美人の人妻は

すると次に彼は、私が動くと危ないから手錠を掛けさせて欲しいと言い出しました。あ、あの、陽介君。毛を剃るだけだよね、変なことしない?もちろん。こうしてなし崩しのように、私は彼の自宅の部屋でセーラー服のまま人の字に拘束されていました。両手は背中で束ねて手錠に繋がれ、両脚は大きく開いて閉じられないようにギリギリと足首を手錠で拘束されたのです。み、美樹ちゃんつし。陽介君、イヤだ、怖い…いつも冗談ばっかり言って私を笑わせてくれる陽介君の目がいつになく真剣で、鼻息が荒くとてもコーフソしてるのがわかりました。

  • この四日間でおそらく五十回以上は射精しているだろう
  • 乳首を尖らせた胸のふ君子は喉詰まりの呻き声を室内に響かせ下腹部を反り返しながら
  • 調教ショーに参加してから二ヶ月あまりたった日

アソコを弄っていました

挿入するともう何の遠慮もなく欲望のままにズンズンとストロークして腰を打ち付ける

蜜を滴らせ、今にも枝から落ちそうな熟した果実のようだ。その恥部からは淫らな液体がトロトロと流れている。両手を後ろにまわし恥部を広げ、そうだよ、それが涼子だ。はいっ。みっともない涼子の淫乱マンコを犯してくださいっ。高坂は涼子を後ろ向きのまま抱き寄せ、屹立した男性器を跨がせると、腰を抱えてゆっくりと落としていった。
子宮にぴったりと貼り付いているのです

男性自身がじわりと飲み込まれてゆく。っっっっっっ!あぁああっ。あまりの気持ちよさに涼子は言葉を失う。二か月の間これを待ち焦がれていた。毎日毎日これを思って秘所を自分で慰めていた。自分の指では決して行けないところまでようやく今夜行。ことができるはずだ。その期待以上のものがこの最初の一撃ですでに訪れていた。

挿入の充実感を


親指でクリトリスを押し潰すように揉み込みながら

動くこともできない。動いたらその瞬間に絶頂に達してしまいそうだからだ。高坂は根元まで沈めたところで涼子に前を向かせた。つながってるよ、よく見なさい。涼子の脚をさらに開かせ、ふたたび陰茎を抜きにかかる。ああ、出てきましたっ。汁まみれのチNOンがつ。な、中があんなにビショビショになって。涼子がいやらしいからだよ。そうです。自分で動いてみなさい。
セックス1痛いものと潜在意識に刷り込まれてしまい

一筋のパールだけがついている下着をつけてドキドキしながら待ち合わせ場所に

で、でも動いたらもう、いってしまいます。7ってもいいよ。今日は何度でもイカせてやるからね。二か月ぶりのセックスで思う存分イクんだ。涼子は鏡を見ながら腰を沈めてゆく。濡れまみれた高坂の男性器がふたたび陰部の襞を分け入ってくるのが目に入る。視覚からも、そしてもちろん実際にお互いの性器が擦れあうことで触覚からも刺激を受け、涼子は予想通りすぐに達してしまった。あっ、あひいいつ、イクっ、い、イキっぁああっ。


あらためて彼女が奴隷であることを田知らせた

アソコを開き

もっともっとめちゃくちゃにしてやる。涼子が絶頂を迎えると、高坂は抱きかかえてベッドまで運んだ。そのまますぐに正常位で貫それまでの余裕ある支き、凄まじい速度で腰を打ちつける。涼子の体を激しく貪るその姿は、配者のものではなかったが、それが涼子にはうれしかった。ああっ、好きっ、好きなのっ、ずっと好きでしたっ。あっ、あっ。中に出すぞっ、涼子の中に全部っ。出してっ、精子全部つ、中にっ。
騎乗位では、グイングイン自分で腰を振りまくってくれますよ☆男は我慢できなくなると正常位で一気に

乳首を指の股に挟んでクリクリしながら


下着の布地

その瞬間涼子は両脚を高坂の腰に絡め、両手を首にまわした。高坂は涼子を強く抱き締める。唇を重ね合わせ、舌を絡めあった。触れたところが自分のものなのか相手のものなのかわからなくなる。涼子の胸が高坂の胸で押し潰され、二人の性器が溶け合ってゆく。二人はひとつになった。四月だからだろうかさらに四か月が過ぎた。

  • フェラチオの間
  • 勃起して大変よ
  • クリトリスを指で潰します

お尻が顔の上に乗りました

お尻に入れらいちじく浣腸をされて

元々、骨格が細いしに、胸の隆起以外はあばらが浮いているほど痩せている加奈は、自分の話題になっても意に介すことなく、一心に夏美への奉仕を続けていた。夏美は二十四歳になったばかり、乃里子は十九歳。夏美の方は十歳上の加奈をすでに呼び捨てにして、自分の優位を保って。だから、加奈が手術したらものすごいスタイルになると思って楽しみにしていたのになぁ。そんなことを言いながらも、夏美はゆっくりと腰を前後させはじめた。

アソコにも
アソコにも
膣底や
膣底や


拘束されていました

尻穴にまで指を打ち込むと長い舌はクリトリスだけに固執していなかった実は加奈本人は覚悟が完全に出来ていたようで、中止が決まった時にはいささか拍子抜けしてしまった感じに米倉には見えた。あえて感想を口にさせたわけではないが、豊胸手術が嫌で前の調教から逃れたということに拘りもあって、今回はそれが奴隷としての自分に課せられている、避けては通れない道と思っていたのではないか。こだわもっともその代償として受けたのが、金串をその美乳に突き通されるという究極の乳責めであり、豊胸させないのも、本物の乳房に刺した方がいい、つまりまた同じ責めが行われるという宣告でもあったわけで、どちらが本人に対して厳しいかと言えば、むしろ手術を受けないことの方かもしれない。三田村の許可もあり米倉夫妻専属の奴隷になり、普段はこのマンションでふたりの奴隷としての生活をしているものの、ゴールド会員からの指名があれば断ることなく、差し出しているし、三田村はよりハードな責めを課すビデオを撮る計画も進めているようだ。あん、気持ちいい。でも、私一度男の人の役やってみたいの。

お尻に顔を埋めてきました

騎乗位でまたがりあそこのディルドつけて加奈に入れて責めてもいいですか、先生。夏美は、棚に並んだ疑似男根付きのベルトを指さした。万里子、あそこの黒いのと赤いの、ふたつ持ってこい。言われて乃里子が立ち上がる。黒い太い方を夏美に渡して、お前は赤いの腰に巻くんだ。あん、とさらに声を出して夏美はようやく加奈の口から離れて、乃里子の手を借りて立ち上がり、ベルトを受け取ると、そのペニスの形の部分をすかさず自分の口元に持っていった。いきり立った肉棒に押しつけたわー、おっきい。こんなの入るのかしら。私とても根元までは銜えられないかも。と、言いつつ口に含む。加奈、両手で足首持って、もっとよく見せてみろ。さすがにふたりの女の性器への長時間の奉仕で、息が切れているようで、という返事の声が少しかすれた。さっさと赤のベルトを腰に巻いた乃里子に続いて、夏美が巻いた黒い男性器部分はぬめぬめと彼女の唾液で光っていた。わあ、凄い格好。恥ずかしいでしょう、とっても。

美千子がペニスを手に亀頭に舌をからめてきた

もうこのまま入れちゃっていいですか、先生。根元まで入れたらすぐには動かずそこで止まれ。見ている前で夏美が膝をついて、右手で疑似男根の根元を持つと、加奈の性器にゆっくりとそれを没入させていき、ずぶずぶと根元まで納まる頃には、あーーつという声とともに、加奈は軽く絶頂したようだ。ワセリンのふたを開けて指で掬うように目米倉は乃里子を手招きして、で合図した。心得た乃里子はそれを自分の赤い疑似男根に塗り回し、夏美の背後に回。


出す時に触手にバイブレードが捕られてしまった

えっ、私なの。加奈に入れるんじゃないの。米倉がさらに合図を送ると、乃里子は夏美の双の尻たぼに手をかけて広狙った場所が性器ではなく肛門であったこともあり、さすがに慣れていない乃里子はなかなか入れることができなかったが、最後は夏美が自分から協力したのだろう。仰向けに寝た加奈の上に夏美、その後ろに乃里子と三人が連結された。動くのはひたすら夏美だ、自分から望んだんだからしっかりと動いて、出し入れして加奈を責めて見せろよ。すごぉい。お尻が一杯です。乃里ちゃんじっとしててね。夏美は米倉の言葉もあってそう乃里子に言ったが、乃里子が夏美の動きに合わせて動かない限り、最大限に突き込まれた加奈の性器からそれが抜かれるということは、自分の肛門にはより深く疑似男根が突き刺さってくるということだった。M字開脚