ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました

真っ白なザーメンが勢いよく飛びだしていく

セックスにはムードが大切なの
点のじゅぼじゅぼフェラを再開する

普段は指をくわえてみているしかない女たちを自由にできるのだ。待ちかねていることだろう。高い給料以上に、こういう役得が、犯罪まがいのことをしているとうすうす知っていても、高い忠誠心を発揮させる源となっているのを、家元はよく知っているのだ。ただし、それを率いる松本は少々おもしろくない。家元は、緒方を指定して残したのだ。最近、お気に入りが徐々に、緒方に移りつつある気がするのを敏感に感じ取っている。また、緒方自身も、それをそこはかとなく感じているのか折に触れて、この頃はそんな態度を出すようになっていた。

ペニスに手をところが美沙さんは動じず

自分の方が先輩だし、最も忠実な部下を自負する以上、自分が指名されるべきなのだ。しかし、一度命じられた以上、逆らうことなど思いも寄らなぃ。緒方の他に、離れに残ったのは、まだ深い秘密を知らずにいる男弟子が五人。家元の目を離れて、女達と自由にやることはできないが。新鮮な。人妻のおこぼれに預かるのを楽しみにしている。

乳輪も乳首も小さくて最高でした

今、視覚も聴覚も催眠で奪われた亜由美は、ただひたすら、闇の中で振るえている。その亜由美のなめらかな肌を撫でまわすのは緒方の役目だ。緒方の両手はオイルにまみれ、ヌルヌルとゆっくりと乳房をなで始める。深い催眠状態に入っている亜由美には、自分がどこにいるのかも理解できないし、緒方の手が這い回っていることも理解できない。ただ、そこにあるのは。と、肌から微妙に響いてくる快感だけだ。ペニスの根元に指を添え

射精されれば解毒されてしまう

ああ、いやあうなされたように、亜由美の口が拒否を口にするが、それは、自分の身に起きていることを知ってのことではない。心の底に残っている、快感への羞恥心が、本能のように与えられる快感を拒否しているのだ。いいんだよぉ。亜由美が素直に吐き出すから、ご褒美だ。恥ずかしいことを吐き出せばキモチ良くなるんだよ。さあ、ゆっくりと吐き出してご覧。このレベルまで催眠が入り込めば、もはや、アヘンは不用だった。

下着…ですかぁ
チンチンを入れてきました

尻の穴を自分から開いて見せるのは

乳首が硬くなるのが自分でもわかるしいや、誰にでもあるはず。心の闇。を引き出すためには邪魔ですらある。亜由美がやっと喋り始めていた。聖少女のように品行方正な亜由美にだって、の誰にでもある恥ずかしい体験を。いや、品行方正を誰もが認める亜由美だから、Jそ、誰にも喋れない秘密を持っているのだ。それを吐き出した瞬間から、少しずつ、コントロールを掛けられる。喋るほどに、快感を受け止め、快感を受け止めるほどに心の底を打ち明け、次第に、身も心も開くからだ。

オッパイ踏むわ

温めたオイルをゆっくりと伸ばしながら、緒方の手は、急がないが、止まらない。慎重に、乳首を避けるが、小振りだがしっかりと張りのある乳房をゆっくりと撫で上げては、また、脇の方から撫で上げる。かと思うと、今度は谷間から首の方に上がって、中央からゆっくりと乳房をもみ上げていく。繰り返し、繰り返し腰回りも、ヌラヌラとオイルを伸ばしながらなで続けている。ことに、足の付け根を慎重に撫で上げると、亜由美の反応は、すこぶる良い。

乳首をいじっていた沙貴が貢の顔と志摩子の顔を交互に見て

そして乳首をペロペロと舐めた

ただ、リキが密かに期待していた、助けを求める声も、悲鳴も聞こえては来なかった。ほの暗い通路に立って慎重に辺りを見回す。身体には自信があるとは言え、不意打ちは願い下げだ。なるほど、たいそうな地下室だねぇ。女は何も応えない。リキの後を静かに着いてくる気配だけがある。降りてみると、さして広くはない廊下にドアが三つ並んでいる。

亀頭を口に含む
亀頭を口に含む
真菜の乳首を摘んでいた
真菜の乳首を摘んでいた


肉棒の位置を見定めながら上に跨がった

お尻の穴を拡げて見せるなんて乳首をいじっていた沙貴が貢の顔と志摩子の顔を交互に見て確かに、空気は悪いな。クンクンと匂いを嗅ぐ仕草を見せたあと、様子になっていた。おかしい。身体が重い。女に笑って見せる。女は、なにやら落ち着かなぃ危険を感じるべきなのか?だが、横にいる女は、少しだけ落ち突かない様子だが、少なくとも危険を感じてる様子はな。ってことは、まだ、大丈夫なんだろうが…。なぜか、頭の奥がクラクラし始める。そのくせ、なぜか、身体の奥が、熱くなり始めている。信じがたいことだが、なぜか、男根に、力が集まりそうな気配に、リキは困惑していた。

セックスを押しつぶしているようないびつな快感があった

飲み込んだバイブを自分で出し入れしていると地下牢リキの本能が、警戒警報を鳴らしている。しかし、それを顔には出さない。でぇ、ここに、つ、掴まってる女はぁ、どこにいるんだ?語気は決して緩めてないはずだった。しかし、口が微妙にもつれている気がする。頭の奥が重い。そんなことは、けっして!女は頭を振った後、チラリとリキを見上げる。なんだ、この顔?リキは、女の顔に、淫気を見たのだ。苦笑するしかない。本当にこのまま先生とエッチしてもいいのひょっとして、ほの暗い、この場所の男と二人きりでいることを意識したのかもしれない。ズアサンが。いったい、何を血迷ってる。この女は、年齢なりに美しい部類に入るのだろうが、リキが、こんな時にその気になるわけカ有しだが、そのくせ、自分の身体の芯の部分に、熱いモノがみなぎりそうな気配を、感じてしまうのが、妙だ。頭から馬鹿にしてかかったはずの女の首筋の白さが、なぜか急に目についてしまう。バカな。ソンなことを気にしてる場合か。自分をしかりつけるリキだ。だが、一度、相手に妙な。オンナ。を感じてしまうと、薄暗い地下に、二人きりになっているオンナの匂いが、すぐそばに感じてしまうのだ。

巨乳を揉んでいても

慌てて、しかし、さりげなく、オンナから距離を取る。ふん、ずいぶん厳重だな。まるで、ムショだ。意志の力で女を無視して、狭い地下を見回すと、短い廊下に並んだ頑丈そうなドアには、鉄格子の窓。まるで、地下刑務所と言ったところだ。不意に、小部屋の奥が明るくなる。思わず、鉄格子越しに覗きこむリキ。うん?インチはあろうかという巨大なモニタが壁に埋め込まれていた。


ロリータ趣味ではない筈の私だが

おもしろい趣味だな。倉庫でビデオ鑑賞か?皮肉を含んだリキの声に、オンナは何も答えない。モニタには、美しい花から花へと蝶が飛び回るイメージビデオが流れている。しばしそれを見つめてしまうリキ押すともなく、いつの間にか身体が触れたのだろう。ドアが開くままに、リキの足は、自然にその中に入っていた。一歩踏み込んだ瞬間、反射的に、扉を閉ざされる危険を感じたが、オンナも、リキに続いて、スルリと入ってきた。高見は綾の下着の中に手を差し入れた

股間に手を差し入れて

オナニーしながらご奉仕させて下さい

ああ、もう駄㎡おトイレ行かせて。後でどんなことでもしますから。うんち出してから、たっぷり痛めつけられてもいいわ。おまんこもお尻の穴も自由にしていいから、お願い。女優はいよいよ本当に限界らしく、額に脂汗を浮かべ、心なしか元々白い美しい顔が青ざめているようにも見える。全員がおまんこ見ていただくのが終わったら、タライ持ってきてあげるから、もうちょっと我慢なさい。

奴隷になったんだから…
奴隷になったんだから…
膣穴と顔を交互に見比べて息を呑んでいた
膣穴と顔を交互に見比べて息を呑んでいた


クリトリスを弄りながらも

あらわになった人妻の秘裂の卑猥さしかしチンポをよく見てあげてよリサが冷たく言い放つ。今度は向かつて右側の女ロシア娘のソフィアから、ステージ袖から再び現れた大男に抱きかかえられ、既に女優がその中央で肛門に擬似男根を自らねじ込んで、排便の我慢に脂汗をたらしながら腰を蠢かせている大テーブルに乗せられる。乗ったらすぐお尻ついて、膝立ててテーブルの端ギリギリまで腰を突き出しておまんこ見ていただくのよ。うごめ言葉が全部はわからぬかもしれぬソフィアには、を男が力づくでとらせる。その言葉通りのポーズ金髪の陰毛の下、色素の薄目の性器の見た目とは裏腹に、手を添えさせられ自らの手で。させられた内部は充血して、異国のホテルの中にある特異な空間でこんなことをさせられている少女の想像以上の興奮が見てとれる。前方の三人からまた拍手がおきた。続いて村上友紀がテーブルに乗せられる。

男根ではる

巨乳ではないかもしれないけど……先に乗せられて性器見せのポーズを取らされているソフィアと肩を寄せ合うような距離で、数ヶ月に及ぶレッスンで幾度となく取らされたであろうしやがんだ開脚ボーズで、さらに自らの指先で小陰唇を左右に拡げて性器内部を晒す。もう声も上げることすら出来中央の角川ともみは、さらに切羽詰まり、ない状況まで来ているようだ。テーブルのほぼど真ん中に位置している擬似男根に肛門を串刺しにされているともみより、女達は1メートル程前に並ばされていく。シンクロナイズドスイミング選手だったというショートヘアの水川明日香は、黒々とした陰毛を女の土手の部分には残していた。最後の安田舞衣は少々手こずらせた。レオタードを身につけていた時には、性器が透けて見えているのも厭わず命じられるままに片足を高く上げるポーズを取ったものの、テーブルで自らの手でそこを拡げるということがなかなか出来なかった。股間に移動したひ…酷いです。貴女もおんなじ女なら、生理の時に自分で拡げるなどという惨いことをどうして…ひどリサに抗議をする。M字に拡げた股間からは、そう言っている矢先にも赤い血がぽたりとひしずくと滴テーブルに落ちた。いいから早くしないと、ほら、後ろの女優さん見てごらん。びっしょり脂汗かいて、もう口も聞けないくらいなのよ。貴女も同じ目にあってみたい。浣腸されて。リサの脅し文句は、単なる脅しではないであろうことは、た瑞花の厳しさで思い知っているのだろう。

アナルも感じるようになったね

自分を調教し懸命に首を横にふって、それだけは許してほしいと哀願しつつ、く両手を自らの性器へと持っていった。ようや一眼レフのカメラを持った女がふたり出てきて、女達のそんな様子をカシャカシャとシャッター音をたてて無造作に撮影していく。こちら側からの視線を遮ることを気にするように、動きは素早かった。そのうちの一人がカメラを置くと、五人の女が乗っているテーブルの下に潜り込んで行った。さあ、よくおまんこの奥まで見て頂いたら、全員女優さんの位置まで下がって、それぞれの擬似おちんぽを今自分が見せていたところに、根元までずっぽり入れるのよ。


バイブを使ってイキ続けていた私は

全員この訓練はたっぷりさせられていると思うけど、入れたらいつもの様にゆっくり出し入れして腰使いの訓練成果をお見せしなさい。それぞれのおまんこのサイズに合わせたちんぽをセットしてあるからね。気持ちよかったら遠慮無く声あげていいわよ。命じられて、それぞれが後ろ向きに這って、女優の位置に残り四本サの言うとおりそのサイズ様々にテーブルからにょきりと生えてるかに見える、張り形のところまで行って、こちらに背を向けたまま、尻を見せて太丂、0°さまざまそれぞれ腰を持ちあげて、ころまでが丸見えになった。それが性器に刺さる瞬間に、尻穴が膨らむとあくまで男根を自分の性器を使って楽しんでもらうためのるから、膝をつけずしゃがんで出し入れをさせるのだ。であ隼人が11年行っていた、ドバイの調教施設でもこれと同様に、十数人ずつの女が向き合って床から生えた擬似男根に騎乗位奉仕を行うレッスンを日夜やっていたが、やはり膝はつかせてもらえていなかった。ハプニングバーで知り合った人妻たちに

年下の男二人から舌で愛撫されることに同意した

調教では

今回も、昨夜のうちに喜四郎から電話がかかってきて、また西岡駅に集合した。電車を何度も乗り継いで、この半河駅に到着したのだ。理紗は、また喜四郎の注文通りに、いつもの女教師スタイルだ。今日のスーツとスカートはライトグレイ。一見すると、鼠色のスーツとズボンできめる喜四郎とおそろいだと思われてしまいそうだ。今日も樫山学園の制服で来させられた。理紗と手をつなぐ泉美は、そろそろだな腕時計を見る喜四郎の言葉が、海風に飛ばされた。

ファックスなどを利用した身分証明書の確認をとらなければならない
ファックスなどを利用した身分証明書の確認をとらなければならない
また違った快感が引き起こ挿入が浅くなったり
また違った快感が引き起こ挿入が浅くなったり


ちょっと待っていてくれ美穂子の服と下着を脱がせ

セックスだ擬似下着はスケスケだよくあつー高校時代なら鼻血を出していたかも知れない列車が来るぞ。時間表では、上下ともにあと11時間は電車は来ないはずだわ。理紗の疑問に、喜四郎がまるで自分の手柄といわんばかりの口ぶりで応じる。それが来るんだな。ぼくたちのための特別専用列車が列車は本当に来た。さびれたローカル線にふさわしい11両編成の小豆色の車両が、どこかゆったりとした雰囲気をまとって、ホームの下り線側に停まった。車両そのものに、とくにおかしなところはない。

ローションを追加しながらゆっくりと拳を進めていました

股間に持っていき鉄道ファンではない理紗には、他の路線で目にするものと区別がつかなかった。しかし、理紗の脳裏に、不吉な直感が閃いた。危険だわ。この電車に乗れば、もとにはもどれなくなるかもしれない!泉美も、顔にありありと不安を浮かべている。なにかが今までと違っていると、二人は肌で感じ取った。パイパンだぜしかし扉が開いやおうなしに理紗と泉美は1両目に乗くと、喜四郎に背中を押されて、車させられた。列車の中も、きわめて普通だった。があるタイプだ。以前に喜四郎から、れていた。車両の左右の壁に、ベンチ型の座席ロングシートという名称だと教えら座席には二十人の男たちが腰かけている。彼らは、車内に分散することなく、理紗と泉美が入った乗降口のまわりの座席に固まっていた。その様子から見て、なにかの集団らしいが、年齢も外見もバラバラだ。

尻丘の重味をグッと私の顎に掛けまし呼吸は楽になりましたが

初夏らしいラフなシャツにジーンズを着た二十代の若者もいれば、おしゃれなスーツを着こなす熟年紳士もいる。理紗は気づいた。自分と泉美を見つめる男たちの目が、すべて値踏みをする目つきなのだ。喜四郎が女生徒たちから非難される理由である、女の顔や身体に点数をつけて、勝手に合否判定をする視線を、二人は全身に感じた。泉美は不安に駆られ、居心地悪そうに身体を硬くするだけだが、理紗はあっ、と声を出した。自分を凝視する顔のなかに、いくつも見覚えがある。


射精なんて…貢は志摩子のあからさまな言葉で宙に舞い上がりそうになる

泉美さん、逃げるのよ!理紗は片手で泉美の上半身を抱き、背後の乗降口をふりかえった。普通の電車の停車時間を無視して、すでに扉は閉まり、列車がホームから離れている。理紗は扉に背中を押しつけて、気丈に声を出した。あなたたちは、あのときの満員電車で、わたしのまわりに壁を作っていた。連中だわ!御明察だよ、先生。座席から、ひとりの男が立ち上がった。いよいよ真菜の処女地に挿入する緊張に震える真菜の長い脚は