膣で究極のオーガズムを味わって弛緩する

沢渡美冴緒が破廉恥な牝奴隷だなどと

もちろんクリトリスといぅとてつもなく気持ち良い女性の急所がこの辺りにあるはずだという知識はあったんですけど、男の人のおちんちんと同じで、女の人にも。皮かむ。があるんだって事は、えっちなメールをくれる男性から初めて教えてもらった事でした。その人はあんまり嫌らしい事ばかりメールして来るので、あんまりまともには取り合わず自然と関係が消滅しちゃつたんですけど、実は興味津々だった私はお風呂でドキドキしながら指でその辺りを探り、本当にあった皮をどけてからシャワーを当ててみたんです。その時の衝撃は一生忘れないと思ったほどでした。それまでのクリ弄りは全くの子供だましに過ぎず、シャワーの水流がムキ出しのクリちゃんに当たると強烈な快感が迸って頭の中が真っ白になったんです。
チンポをよく見てあげてよ

その時私は悟りました。主人との淡泊なセックスでもある時物凄く気持ち良くなってしまった事があるのですが、それはどうやら私のクリちゃんが興奮して包皮から少しだけ敏感な露頭をハミ出させていたのを、たまた。ま主人のゴワゴワの陰毛がズリッと当たって擦ってくれたからだったんです。でももうその頃は主人とのセックスは数ヶ月に一度あるかないか、と言うほどに頻度が減ってしまっていました。そんな数少ないセックスの機会に、又あのラッキーな快感が味わえるとはとても思えません。せっかくクリちゃんの本当の気持ち良さを知る事が出来たのに、私をめったに求めてくれない主人が恨めしく、しかたなく1人えっちで寂しさを紛らわすよりありませんでした。

奥さんの浮気アナルえっちで


奥さんの下着が見えた

クリちゃんをムキ出しにして触れるのは本当に強烈過ぎる刺激なので、ほとんどクライマックスに近付いておまんこがグジュグジュにとろけてから最後に直接触るんですが、それによってカラダがはじけアクメに達するのは、もう天にも昇る心地良さでした。ああ、こんな風にえっちなお豆ちゃんをムキムキにして、主人にナメナメしてもらったらどんなに気持ち良いことでしょう。性的に淡泊な彼はアソコを舐めてくれた事はないのですが、舌の繊細な感触は敏感過ぎるクリちゃんにピッタリだろうと想像されるのです。女性のお友達とえっちな話をしても、ほとんどの子がクン!って言うんですか、男の人にアソコを舐めてもらうのが一番気持ち良いと言ってましたから。でも主人はそれどころか、何ヶ月も私に触ってもくれないんです。
ピストンのように動かして口腔辱めるイラマチオを堪能しながら

ペニスを見せ付けられた私は必死で口走ります

こうして私は無意識に欲求不満を昂じさせて、ヒマつぶしで始めた。メールレディー。の、男性とのえっちなメールにどんどんはまってしまい、最も好意を抱いた。タクヤ様。のえっちなご命令を実行して報告する。性奴隷。に自ら身を持ち崩してしまったのでした。メールだけとは言え、タクヤ様。と私は完全に不倫を働いていると思います。もう私のはしたないカラダは彼のえっちなご命令に弄ばれる事を心待ちにしていて、四六時中淫らな行為が頭に浮かんで離れてくれないんです。タクヤ様。


美枝が悩ましい喘ぎ声を洩らしてのけぞる加納が乳房を攻めながら太腿で股間をこすって

いやらしくて素敵な写真を撮ろうね乳首を指で転がしながら

が現実に目の前に現れたなら私はアソコをキュンとさせて彼に夢中で抱きつき、手もなく主人を裏切ってしまう事でしょう。--タクヤ様。アイコは今からご命令どおりオナニーをしまくっちゃいます…ああ、あなた、ごめんなさい私はいよいよ股間のえっちな尖りに手を伸ばしながら、主人に心からわびていました。主人のいないこの時、正体も知らない。タクヤ様。のメールのご命令に従ってオナニーをしてしまうのは完全に主人に対する裏切り行為です。タクヤ様。に抱かれるのと心情的には同じ事ですから。
全身を飲み込むオーガズムの津波だが

クリトリスにたまに手が当たるが


ピストン運動を始めると

それも何度も何度もイッテしまい、狂ったようにオナニーを続けてしまわねばならないのです。こんな事をしてしまったら、もう主人をこれまでと同じように愛する事は出来ないでしょう。貞淑な妻であり良き母であるという仮面をかぶり、偽りの人生を歩んで行く事になるのです。ああーっっっオナニーに慣れてすっかり剥私は全身をズウ後戻りは出来ません。とうとう股間にやった指がパンツ越しに、け易くなり勝手に剥けてしまったクリちゃんに触れると、と突き抜ける快感に絶叫しました。

  • 射精させるなどと言うはずはない
  • ショーツが尻たぶに喰い込みながら引き下ろされ
  • おまえのスケベマンコはおれの占有物だ

痴漢

が下半身から背筋に抜けていくのだ万寺林荘助は胸がつぶれるような興奮を覚えていた

俺は恭子さんが少し離れた場所に縄掛け何とも言えなぃ表情で正座したのを見届けると、されている久美の方へと向かった。恭子さん、あなたにはあんなアドバイスをしたけれど、聞き入れてくれない事はわかっていたわ。いいのよ、あなたには達也君と言う大切な旦那様がいらっしゃるんですもの。奥さん、婦長さんは立派な方やな。アンタがAVには出られへん事を予測して、代わりに出たる、言うて直談判に来られましてな。そんな!やめて下さい、どうして久本さんが元はと言えば私が悪いんだから。

絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
絶頂に達するとお尻をピクピクさせたアレックスのザーメンがダイアナの中の壁に当たっ
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう
やっぱり痴漢をしたのはお前だろう


オマンコをしてください一気に口にしてから急に恥ずかしさにまみれて

射精が近いのだとわかった調教を生業にして来た俺ですら見惚れてしまいあなたと達也君を無理矢理。今回の件、旅行に参加させた上に、あの時どんどんお酒をすすめて酔い潰れさせちゃったわ。だからこれは私の責任でもあるの。職場の上司と言う立場を利用して夫婦で一泊旅行に参加するよう圧力を掛けたのも、恭子さんの酒に薬物を入れたのも久美であり、彼女は本当の事を言ってるのだが、恭子さんにはとてもそのように聞こえないだろう。久美に対する申し訳なさでいぱいになり、彼女のありがたい申し出を受け入れる事が出来るわけがない。そんな事ありません!い、羽黒さんっし何で久本さんが…早く縄を解いてあげて下さでは奥さんがAVに出る、言わはるんやな?なら、話は早い。この縄を解いて、早速奥さんに掛けさせて貰うわ。

亀頭部は露出しています

次に膣口へとなぞっていくホンマ、あの男はせっかちでな、今日すぐ撮影を始めて証拠を持って来い、言うねん。もう覚悟。恭子さん、駄目よ!も出来てるし。私はいいの、独り身なんだから。そんな…久本さん、いけませんっ!もとより久美は俺が調教を手掛けて弟守男の愛人奴隷に仕立ててやった。マゾ女である。こんなシチュエーションで縛られるのも歓んでしまい、興奮して目を妖しく輝かせているくらいなのだが、何も知らない恭子さんにそんな事がわかる筈がない。シックな長いスカートの上半身が裸なのが強烈にエロティシズムを感じさせるその人妻のでは婦長さん。せっかく覚悟して頂いたのに申し訳ありまへんが、お縄はやはり奥さんの方に。駄目ですっ!なあ、ア。タは本来関係おまへん。山田の奥さんさえSMビデオに出て下されば、それでええんやで。そうです、成本さん。私、AVに出ます。久美は嫌がって見せるが、予定通り恭子さんは遂にSMアダルトビデオに出演する決心を固めてくれたようで、小声だがキッパリとした口調でそう言った。すると久美は縄拘束を外される前に条件を出す。本当にいいの、恭子さん。私達の不始末を、成本さんに尻拭いして頂くなんて出来ません。

オーガズムのケイレンを起こしてしまった

ですから。わかったわ。だったら、羽黒さん、約束して下さい。恭子さんは人妻なんですから、絶対にバレないよう顔を隠してあげて。ほうやな。必ず目隠しして撮影したるから、まず大丈夫やで。久美は恭子さんの救いとなるような条件を出しているようだが、守男の言いなりの彼女は俺との打ち合わせ通りにしゃべっているのであり、AV撮影を装った性奴隷調教として目隠しを義務付けるのは却って好都合なのだ。視界を奪われた女性は、全身に鳥肌が立つくらい敏感になってしまい恭子さんがどんなに夫に操を立てようと体を固くしても必ずや性の歓びに我を忘れてよがってしまう事になるだろう。それから、本番はいけません。そら、浮気になるからの。


膣襞で擦られた

わてのポコチンを奥さんのまんこにぶち込むようなマネは絶対せえへんわ。約束するで。普段は間違っても。などと口にしそうにない久美と俺のやり取りを、恭子さんはどんな気持ちで聞いているだろう。Av出演を承諾した彼女により一層覚悟を促すつもりで、俺は敢えて野卑な言葉を使う。そして久美の縄に手を掛けながら、恭子さんに服を脱ぐよう言った。奥さん、これから早速第一回の撮影をしてあの男に報告せなアカンのや。”しごろ“の熟女だからな

騎乗位で

彼女ももう34歳になる人妻なのだから

手にしたペニスを振って催促する
奴隷としての訓練をしてもディープスロートができるまでには時間がかかるし

皆様、アイドル朝比奈梨乃いえAV女優やまざわみおとその母親のおっぱい如何ですか。若さではちきれんばかりの梨乃のこのお乳と、熟した果実ですが子供を二人も産んでるとは思えない梨乃ママの大きなこのおっぱい。こうして並べてみると、なかなか甲乙つけがたいです。司会の女が囃し立てる。有香は実際には紫織ひとりしか産んでいないが、梨乃の妹の存在というものが既に世間に認司会の女は子供がふたりと言った。知されていることなのか、キス、シロ。言われて髪の毛を掴まれて顔を右に向かされると、た。

子宮のしを狙ってロウを滴らせました

息遣いから梨乃の口唇だとわかる。すぐに柔らかなものが口元に近付いて来梨乃もいきなり黒人にキスされるかと思ったので、すぐに応えてきた。ホッとして積極的に口を吸ってやると、自分は一体何をしているのだろう。これはきっと、ことに違いない、そう思うと胸がチクリと傷んだ。ッタ、カラマセテ、ディープキス!何ヶ月か先に本当に実の娘にさせられる。正面からはビデオカメラが回っていること命じられれば、だろう。

バイブをくわえた口から唾液が溢れて頬を伝い絶えず送りこまれる刺激に

あん、ママ…。それをして見せるしかなかった。梨乃が喘ぎ声の果てに、そう言ったので、有香は一瞬ドキリキスの動きを小休止した時に、とした。大丈夫、そんな筈はないのだ。紫織である筈がない。だろうし、ここで登場して来ることはないだろう。もっと、して!紫織はまだ処女で居なければならない初めて黒人男性と性交をさせられる恐怖と戦っているのかもしれない。本来は排泄器官にすぎない肛門を性的な道具にしようと芙蓉子の肛門にも性感帯が集中し

奴隷に堕ちとる

梨乃は、有香にだけ聞こえる声でそう言ったが。モウ、イイ。オマエハ、コッチニ、コイ。と、言われてその瞬間に引き離されてしまった。い、いやこんな格好。やや間があって、また梨乃が叫んだ。客席の皆様。ご覧いただけていますか。これがやまざわみぉこと朝比奈梨乃のナマおまんこです。既に十万本売ったデビュー作で初めておっぱいもおまんこもお尻の穴もビデオカメラを通して大勢の人に晒した梨乃ちゃんですが、おっぱいとお尻の穴は本当に丸見えでしたけど、ココだけこのメスの穴だけは、モザイクがかかっていました。

熟れた人妻たちのように使い古された性器ではない
乳房の重量のわりには小さな乳首だ

奴隷として引き渡すなんてまだ時間はある

乳首が当たる柔らかい感触を受けたなので皆様が朝比奈梨乃の生の性器を見る初めての男性、あ、女性のお客様もいらっしゃいましたね、とまあそうなります。是非じっくり見てあげてください。ボブ、客席に見せて回って。い、いや11。いくら赤ちゃんのおしっこポーズだって、客席のお客様にかけちゃダメよ。いや見せないでー、見ないでー。見ないでじゃなくて、見てくださいでしょ。一人ずつにその都度、その遊んでる両手でおまんさらこ拡げて子宮まで見てもらうのよ。

ペニスは根元まで

有香の方は、シャブレ-無言で上から頭を押さえつけられて、跪かされた。先ほどまで命令を発していたのと、別の声が有香に命じ、鼻先にそれが差し出された。興奮しているのだろう、既に隆々と勃起している。むっとした匂いとともに、その先端が有香の口唇をこじ開けようとする。目隠しの中で、さらにぐっと目を閉じて口を開くと、容赦なく喉奥までねじ込まれた。

股間に触れられたらいきなり出してしまいそうな

フェラをしているクセに

だが、今のところは、立場上、表から応援できないが、個人的に応援させてもらうよ。ソファから立ち上がると、デスクから茶封筒を取り出しかけてから、一度丁寧に元の通りに戻す。それから、クルリと振り返って、後ろにかけてある財布を取り出してきた。肥満した身体が、せかせかと動く姿は、見る者に一種の珍妙さを感じさせずにはいられないだろう。ニコリともせずに見つめるリキの前に、山鹿は、いかにも機嫌を伺うように覗き込んでから、机に滑らせるようにして、数枚の札を差し出した。剥き出しですまないが、まさか、公金を使うわけにもいかないからね。

尻を叩いた
尻を叩いた
両尻を
両尻を


尻肉と腰肉と陰茎の肉が蕩けてくる

人妻のお腹に堂々と触れるのだから下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり個人的に応援させてもらうよ。その代わり、くれぐれも、何かわかったら、私に教えて欲しい。状況次第では、いろいろと協力できることもあるかもしれない。と呼ばれる物だろう。協力者にカネを渡す場面があるのだ。捜査のためにで、最初に出そうとした封筒は、協力費。警察は、いろいろなところで、使途をいちいち説明できないことの方が多い。

チンポが奥にぶち当たって…た

亀頭で子宮口を圧迫したりするとリキ自身だって、チンピラにカネを握らせるなんてことはしょっちゅうだ。厳密に言えば、服務規程違反だが、そんなことを杓子定規にしていては、捕まえられるヤツも捕まえられなくなる。それを引っ込めて差し出したのは、本部長の財布からだった。あくまでも警察の本来とは関係ないという姿勢を貫きたいらしい。出世競争に敗れたとはいえ、いかにもキャリアらしい発想だった。アナルを出入りする度に異次元のアブナイ快感が突き抜けてキャリアは、何よりも、減点を嫌うのだ。警察官と言うより小役人、それが、リキが見てきたキャリア警察官の実態だった。今回も、ヘタに公金を与えれば、リキが何か問題を起こした時に、火の粉が降りかかるかもしれないと読んだのだろう。その点、目の前でポケットから金を出してみせたのだから。本部長。の職とは一切関係がないと言い切るに違いない。しかし、本部長クラスの。雲上人。に、話ができるチャンスは貴重だ。

ジンジンと子宮が疼いてしかたありませんああ

もし、リキが証拠をつかめば、一気に事態が動くということだ。しかも、それは所轄ではなく、機動力のある本庁が動くことを意味した。雲上人の気まぐれな情け心というヤツだ。たまには。人情派。を演じたい時もあるのだろう。あるいは、キャリア独特の嗅覚で、上手くいけばと、旨味を嗅ぎ取ったのかもしれない。どちらにしろ、怒りを買うよりも、ここは黙って引き下がるべきだった。


調教はしていないんだよ

ありがとうございます。巨体を縮こまらせるフリをして、頭を下げると、隠そうともしなくなる。亜由美を、そこらのバカ妻と一緒にしやがって。山鹿は、満足そうに頷いて、尊大な態度を本当は、その場で、にゃつくアブラ顔をぶん殴って、叫んでしまいそうだった。もちろん、そんなことをおくびにも出さない。出世とは無縁のリキではあるが。をぐっと飲み込む程度の。くらいは持ち合わせているのだ。メス奴隷にお情けをちょうだい下ました

奴隷なのですから

調教師はポケットからライターを取り出し

騎手の人気って、スリムでプロポーションがいいこともあるけど、ファッショナブルなのね。それは女性の見方ですよ。やっぱり危険が多い、スポーツという感じだな。武井くんは、体重はどれくらい?ふだんは53キロ。レースの前に、51キロに落とします。あたし、騎手の使う小道具にも興味があるの。ムチとか拍車、ゴーグル、長靴…。と、里絵が言った。
オマンコに黒電マを押し当てられて

ぼくの、見せてあげましょうか?きヤツ、見たアい。部屋においてあるから、とってきてくれる?武井が里絵に、自室のルームキーを渡した。いいの?武井さんの部屋に入っても。なにも変なものはおいてないよ。あたし電話借りてもいいかしら?東京の母に旅行の途中経過を報告しないと心配してると思うの。どうぞ。ぼくの部屋で、ゆっくり喋っておいで。

乳首をむさぼっている


引き抜く動作をする数度のオーガズムでビショビショの秘唇から

里絵は武井に小さくウインクすると、スイートルームを出て行った。武井は里絵に、口実を設けるから、部屋で待っていて。と言った。里絵は、武井がそうしてくれたと思っている。思いがけず、二人っきりになれたね。バスルームに梶山がいるが、老人だから長風呂のはず。麻衣もソファの上に、武井と二人だけでいるのを意識して、身体を硬くした。
ザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ

股間から取り出した桜木は

武井くんて、競馬ギャルの誘惑が多いでしょ。プレゼントは多いけど、ぼくらは隔離されとるから。直接アタックはないの?そりゃ、女のいない国に暮らしてるわけじゃないから。でも、ぼくにも好みってものがあるよ。あたし…武井くんのタイプ?麻衣は、思いきって聞く。すてきな人だと思うよ。もっとよく知りたい。


バイブを入れたままのドライブも楽しいだろ

ドラのお尻を平手できつく打った

武井が麻衣の、ノースリーブからはみ出た、なめらかな肩に手をまわしてきた。麻衣は身体を硬くして、眸をとじた。こんなことが、現実におこるなんて部屋には憧れの武井豊-騎手と、二人っきり。いや、梶山会長がバスルームにいるが、しばらくは出てこない。麻衣は武井と梶山が、阿吽の呼吸で行動しているのは知らない。麻衣と里絵を愉しませるために、男たちはハラを合わせている。
奴隷なのですから

涙ぐみながら射精した


下着を付けた猥褻ボディと

武井の手が、ノースリーブのワンピースからはみでた、肌理のこまかい、麻衣の肩をなでている。競馬界のプリンスの武井だが指には力があり手のひらも硬い。サラブレッドの手綱をとる腕力は思いの外強いのであろう。麻衣はワンピースの下は、どんな下着だったかしらと考えた。パンティーは、腰のところが紐状になったフンドシスタイル。

  • 女たちは下着一枚でベッドに四肢をくくりつけられている年下の男を
  • 男根の抽送を開始した
  • 膣内で生島のたくましいものがねじれ

挿入をおねだりしてしまったのだ

美冴緒のフェラチオ奉仕を受けながら村上も笑う

それは今も変わらない。泉美がイメージする男の汚い部分を寄せ集めた柳沢先生が、あこがれの年上の女性の具現である白木先生を辱めている。それなのに白木先生の声は、苦痛を表していない。はじめて聞く声の音色でも、その意味を本能が聞き分けた。白木先生は気持ちよがっている!両手を縛られて、無理やりに胸を汚されているのに、気持ちよくなっているんだわ!でも、どうして、そんなことがありえるの。生徒の驚愕の視線を浴びながら、理紗は身悶えつづける。
尻穴が膨らむとあくまで

  • お尻の中央の溝に埋まっていっているのだが
  • すごいタイミングもばっちりだこれが爛熟を迎えた女のセックスなのか
  • 右手を肉棒に添え

勃起させて面白がろうとしてますその背後から、喜四郎の声が出た。展美くんにも、理紗先生が胸を愛撫されて、快感によがっているのがわかるんだな。理紗先生の名誉のために言っておくけど、理紗先生は、ぼくに身体を触られることを喜んではいないぞ。それどころか、悔しくて、情けなくて、怒りで頭が沸騰しているはずさ。このうえ自分が担当する生徒の前で、淫らなおっぱいをさらけ出されたら、もっとつらくてたまらないだ。ろうな喜四郎が自分のスーツのポケットから鋏を出し、ジャーのカップの中心を切った。

 

後背位で行為しながら亀井がアナルに指を挿して嬲っていると

すばやく理紗のブラ泉美は大きく口を開けたが、言葉を紡げず、硬直してしまう。この異常な状況で、担任教師の胸を目にするのは、恐ろしく罪深い気がする。それなのに、あらわになった豊乳から目を離すことができない。白木先生の胸、大きくて、色白で、とてもきれいだわ。ああ、でも乳首少女らしい美しいものへの強いあこがれと同時に、担任教師の乳首がしこり立っているのを見つけてショックを受ける。
ファックで女の部分を犯される以上に感じてしまうはしたない体にされていました
ヒロ君のオチンチン
フェラというと
未経験の泉美も、乳首が勃起する意味は知っていた。さらに喜四郎の両手の指が、左右の勃起肉筒を強くひねりあげる。あつひぃぃっ!い、いやあ、やめて、はあううう頭をのけぞらせて叫ぶ理紗の声を聞いて、泉美は困惑するしかない。悔しいのなら、なぜ、白木先生はそんな声を上げているの?それに、あんなに乳首をねじられて、痛くはないのかしら?理紗先生は頭でぼくを憎んでいる。でも理紗先生の身体は、ぼくの愛撫のテクニックを悦んでいるんだ。

 

チンポが刺さっている様子を黙って見つめていた

ひどいことをされるほど、身体が快楽を感じるように、ぼくが調教したからな。うそだわ!わたしは調教など、されていないわ·はぁっ、あっん理紗の抵抗の言葉は、すぐに喜四郎が乳首から掘り起こす悦楽に、いにかき消されてしまう。きれおぞましい男性教師の手で、美しい胸の形が激しく歪められる光景を、泉美は目を丸くして凝視しつづけた。調教って、どういう意味なの?なにをされたら、つらいことが気持ちよくなるというの?展美くん、よく見ているんだ。理紗先生が、憎んでいるぼくの手で、イッてしまう姿を見ろ!理紗のウエストから、スカートが引きずり下ろされた。
グロ画像~下着なため綺麗なカラダのラインが強調され何ともエロい~

大陰唇には濡れた恥毛が貼り付いている

ンティも、容赦なく足から抜かれる。ひいっ…。現れた純白のパ理紗と泉美は同時に短い悲鳴を上げ、同時に声を失った。羞恥心に貫かれて硬直する理紗の恥丘に、背後からまわった喜四郎の指がとりつき、秘唇を左右に広げられる。見ないで、桐野さん!理紗の悲痛な叫びが、泉美の鼓膜を打った。いけないと思っても、泉美は開かれた女教師の秘密の部分に目を奪われる。いや、魂を奪われている。きれい!白木先生、とてもきれいだわ。

今宵の夫婦エッチは

夫とのセックスは

おまけに、護送車の手配は村上が手際よくやってくれていた。現代の大名行列よろしく、護送車を中心とした車列に、田舎道にいる人々は、皆が、振り返る。大名行列の主たる石松は、携帯に表示された名前を見てから、ゆっくりととった。村上の申し訳なさそうな声が聞こえる。すみません。とりつく島もなかった。すごい勢いで、そっちに飛んできました。本当に申し訳ない。
膣に

  • 肛門への
  • 射精させる瞬間からその終わりまでも絶妙だった
  • 乳首が引っ張られる…

まつわりつく膣肉をエラで掘り起こしたそれにしても、あの血相の変え方はただ事ではなかったけど。それで、か。さっきから、無線がピーピーうるさい。情報封鎖、ということで、あらかじめ無線を取るな、と言ってあるけどね。あの勢いだと、たぶん、石さんの抗弁なんて聞きやしないと思うけど。大丈夫だ。運転するのは、秘書課の春日部と、相場は決まってるからな。

 

セックスはお好きかな

というと。なに、やっこさんが使うのは、本部長専用車。使う車と運転する人間がわかってるんでね。少なくとも、あと1時間は着かないだろうよ。石松は春日部にあらかじめ頭を下げている。遙か彼方の先輩が、頭を下げられれば、元々が石松を崇拝している春日部だ。後の現実の算段は、任せておけばいい。つまり、専用車のフューエルタンクのガソリンは、ガス欠寸前まで減らし、その上。近道します。と言って入った道は、勘違い。で遠回りになる。
腸の粘膜がいっそうペニスに絡みついていった
下着の下のぷるんとしたおっぱいも
それかすでに臨戦態勢に入った勃起にねっとりと舌を這わせてくる
どうせ、こいつ、道なんて知りませんよ。親指を立てて見せた春日部だった。着任以来、仕事でもプライベートでも、ことごとく呼びつけられて運転している。自分で運転したこともない山鹿に、道など分かるはずがないと断言してくれた。どれほど苛ついても、怒鳴り散らすだけしかできないはずだった。石松は、そんな裏話は喋らなかったが、村上には、うすうす、事情がわかった。

 

セックスにすっかり燃え上がり

さっすが。とりあえず、ここから、そっちへ行きます。いや、それよりやって欲しいことがある。さりげなく周りを見ると、指揮車の面々は、石松を露骨に見ることはしないが、もちろん、耳はきっちりこっちを向いている。他所の課の係長クラス。もし、石松の言葉を聞いてしまったら、後で、彼らに難が及ぶかもしれない。今、メールを送る。損な役回りばかりで済まない。何いってるんっすか。じゃ、メール待ってます。あ、顔文字ってヤツは苦手なんで、それ以外なら、なんでもどうぞ!石松が女子高生のごとく、顔文字など使うはずもない。
セックスではイケない

チンポを押しつけてきました

もちろん、村上は。どんな用件でも、何でも聞きます。と、言葉を換えて申し出てくれているのだ。だが、もちろん、頼むべき用件などない。ただでさえ、ペテンの一部に加担してくれている以上、現場に来れば、結果がどうなろうと、言い訳のしようがない。これ以上の累が及ばぬようにしなければならなかった。あいつんとこ、来年小学生だったな。すまない。

下着をはいていないのでペニスの先が柔肌に当たり

挿入するなんて

なんだか体が熱く火照っているし、いる気がする。花蜜を滲ませる秘孔にはあの雄大な男根の感触が残ってでも、まさかね。美穂は口に出してそう言うと、改札へと向かう階段を駆け上がった。改札口を出た美穂は、夢の中とは違う街の様子になんとなくほっとした。してはいたが、夢の中ほど人通りが少なくはなかった。

お尻は許して
お尻は許して
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと
バイブレータがポトリと抜け落ちたかと思うと


股間にやろうとしていた私の手も制して

締まった大きなホーデンを愛撫し続けました尻を上下左右に振りたてることでしか確かに街は閑散と。まあそうよね、夢の中と同じってことは無いわよね。美穂は独り言を呟くと、通りに沿って真っ直ぐ伸びる歩道を歩き始めた。美穂が立ち去った後、駅前の電話ボックスの扉が開いた。中からゆっくりと一人の男が出てくる。男はまだ九月だというのに黒いコートに身を包んでいた。男は歩み去る美穂の後姿を見つめると。お嬢さん、こんな夜更けに一人で歩いてちゃ危ないよ。

乳首を思い切り捻りあげられてついに屈服の声をあげてイッてしまう

バイブしながらクネクネと首を振りグルグル胴体が回転しました普通の未婚。しだが、ふとしたきっかけでSMの世界を覗いてしまった裕美。生まれて初めての鞭や蝋燭の熱さは辛いものでもあったのだが、どこか別世界へいざなってくれるような開放感に似たものがあり、気がした。終わった後には身体中の毒気が抜ける。SMプレイには、ノーマルなSEXにはない、なんともいえない不思議な魅力がぁ身体を拘束されること痛みや熱さを与えられること自由を奪われ無理やり与えられる強烈な快感。怖くもあるが、まるで麻薬のように身体の奥底から沸々と湧いてくるような欲求が裕美を苦しめた。こんな想いを解放してくれる人がほしい。誰でもいいわけではない。そこからいきり立った肉棒をひっぱりだした御主人様がほしいMに目覚めてしまった自分を丸ごと理解し、導いてくれる人が欲しかった。主人様を得るために、まず裕美はネットで出会い系SMサイトを探した。思った。よりもたくさんあった。会員制のサイトも多かったが、男性も女性も無料で利用できる。掲示板のあるサイトを選び登録してみた。し三六歳、東京都在住。経験浅く、まだMとしては未熟ですが、の世界を知りたいと思います。

エレクトしているペニスを取り出した

よろしくお願いします。もっとSMと自己紹介文を掲載した。ハンドルネームは。とした。それを見た。男性がメッセージを書くと、登録しておいたメールボックスに届くシステムになっている。翌朝メールボックスにアクセスしてみると、なんと六二通ものメールが届いていた。ことに驚いた。ひとり暮らしの裕美は帰宅してすぐにパソコンを開きサイトをチェックしてみるとさらに十人から届いていた。メッセージをチェックしたが、どれも似たり寄ったりで、これはと思う惹かれる文章はなかった。


ローションを塗った先生の持つ剃刀が当てがわれると怖くて身じろぎも出来ず

どうやって選んだらいいのかも解らないのでとりあえず遠方の人は除外し、年齢も極端に年上や年下の男性も除外し、十人ほどに絞った。その一人一人に丁寧にメッセージのお礼と少し詳しいプロフィールを添え、SMに対する考えなどを書いて送った。早い人はその日のうち、遅い人でも翌々日には全員からの返信があった。S男性って熱心なのね、一人に絞るまで大変な作業だ。わと溜息をつきながらも裕美は新たな出会いに想いを馳せた。丸みを帯びたラインはこの下着姿を誰かに披露するわけではないのだから

チンポ男が彩子の蜜壷からベトベトになった指を離し

彼の痩せた尻が

はぁういやあぬるっという下着の滑る感触を残して
子宮のあたりで感じることがあると聞いたことはありますが

だ、抱いてっ!抱いてくれなきゃ、イヤツツー!仕方ないマドンナですなあ…自分でも信じられないような言葉を叫んでしまった私に、お2人はいかがわしいお道具を見せて下さいました。それは細長い3本のチェーンとそれに付着した2つの淫らな形のモノ。私が欲しくて欲しくて気が触れそうになっている、男性自身ソックリのおぞましい代物でした。これは股鎖と言う面白いオモチャですぞ。いつもえっちをしていたい、ど淫乱な吉野先生のオマタに着けて差し上げましょう。

梨沙子は桃井の股間に顔を埋めた

このような卑猥なモノを入れさせて頂いてもよろしいでしょうか、先生吉野教頭先生がニヤニヤと下卑た笑いを浮かべながら、大小2本の男根型を私の目の前に突き付けて来られると、私は条件反射のように思わず口を開けてしまい、真っ赤になりました。そしてゴクリと大きく唾を飲み込むと大きくうなずきお願いしてしまいます。入れて下さい!は、早くうつつ!!では、こうおっしゃいなさい。校長先生が嫌らしく耳元で囁かれる言葉を、慄える口調でゆっくりと復唱した私は、又1つ淫らなセックス奴隷へと転落していく気がしました。え、えりかの、はじしらずな、お、おまんこと、おけつの、あなに、お、おちんぽを、ぶちこんで…。

孝治のペニスが入ってくると

初めて。エリカ。と自分のファーストネームを口にすることで、私はますますお2人にセックス奴隷としてお従いする意識が強化される気がしました。そして淫らな口上をしゃべり終えた私の口ングスカートをまくり上げ露出した股間に、校長先生は大きい方、教頭先生は小さい方の。おちんばを。ぶち込んで下さいました。それから2本の男根型が抜けないよう押さえ付ける形で。がキリキリと股間を締め上げ、前は1本、後は左右2本に別れたチェーンがちょうど淫蝶を溶接したリ、の所で合流するようにガッチリと繋がれてしまったのです。さあ、準備完了ですよ。少し歩いてご覧なさい。あくっつー!の装着を終えた校長先生にお尻をポンと叩かれ、恐る恐る歩を踏悲鳴を上げてしゃがみ込んでしみ出した私は途端に強烈な感覚に貫かれ、まいました。バイブレーションが始まって

オナニーする淫乱オンナなんだよ

、これは…だ、ダメです、とても歩けません。2本の卑猥な形の筒具が薄い粘膜を隔ててズリズリと擦れ合う感触は凄まじく、淫蝶の蠢きと合わさると歩くだけで恥を晒してしまいそうでした。何をおっしゃいますか。入れてくれとおねだりしたのは、あなたです。だって…ああ、おかしくなりそう…しゃがみ込んで動きを止めても、淫蝶のくすぐりは止まりませんし、股。間の前後を占拠された充実感は格別で、がってしまいました。私はの恐ろしさに慄。ソイツを着けていれば、吉野先生の大好きなサンドイッチファックを四六時中味わうことが出来るのですよ。気持ち良さそうですから、あなたにはこれからずっと着けておいて頂くことと致しましょう。

股間のドリルを
バイブを精一杯締め上げて痒みを癒そうと試みましたが

ペニスで膣を責めつづけた

第12話酉川光太郎の憂鬱ついさっきまでの激しいフェラシーンは嫌ですっ!ああ、許して…。全然小っちゃなチンポではありませんか。ああんっっ!教頭先生が一緒にしゃがみ込みお尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て、嫌になるほどえっちな声が出てしまいました。プ、ドイッチファック。はやはり女性にとって最高の感激で、さほど大きくないツルッとした形の。ペニス。でも前後に入れられる。と通常の何倍にも感覚が研ぎ澄まされてしまうようでした。蝶と同じですよ、吉野先生。初めは辛くても、じきに慣れます。

子宮だけが

校長先生はしゃがみ込んで動けない私に首輪を嵌めながらおっしゃいました。物足らなくなったら、だんだん太くしたり、イボイボや刻みやねじりを入れた素敵なデザイ。に取り替えてあげましょう。じっくり時間を掛けて、あなたが最もお好みで良く感じるチンポにカスタマイズするのです。あまり太いイボイボに慣れてもらっては我々の立場がなくなり校長先生。しかし、ますよ、そりゃそうだ、11和今私の股間の前後を埋めているのは、はははは…私の体、どうなってしまうの。